医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

がん教育の発展による日本のがん対策のための、20/20geneSystems Japan株式会社の外部講師やセミナー活動

20/20 GeneSystems Japan 株式会社
がん教育の促進を図り、がんという病を知ることの意味と重要性。がんを知り、適切な行動を選択できる社会を目指す。

 20/20GeneSystems Japan株式会社は、学校教育活動全体で健康教育の一環としてがん教育を推進することに賛同しております。大人も含め、多くの人が正しい知識を得る機会を作る活動を行っております。愛知県の私立高校400人の学生にがんの実状と最先端の検査についてお話をしてまいりました。  生涯のうち2人に1人が、何らかのがんにかかると推計されており、重要な健康課題の一つであります。さらにがん罹患者数は20年前の2倍以上に増え、1981年から日本人の死因の第一位であり続けています。がんは命に関わる病気ですが、医学の急速な進歩により早期発見し適切な処置をすれば、9割以上の人が治ると言われております。   ただ、がん検診の受診率が上がらないことや、がんは未だ不治の病などといったがんに関する誤った認識が根強く、必要以上に不安や恐怖を感じたり、がんに対する偏見につながったりしています。  学校教育での健康教育の一環としてがん教育を推進することは、生徒が生涯を通じて自らの健康を適切に管理し改善していく資質や能力を育成し、さらにはその先の新しい社会を築くための一歩となると考えております。






●がん教育

文部科学省は、 「がん教育」の在り方に関する検討会においてがん教育の在り方を整理 、新学習指導要領(中学校及び高等学校の保健体育科)に「がん教育」を明記しました。

そして、中学校は2021年度全面実施、高等学校は2022年度入学生より年次進行で実施が始まりました。

がん教育推進のための教材等の作成・周知 、地域の実情に応じたがん教育の取組を支援 、全国でのがん教育の実施状況を調査 、がん教育研修会及びシンポジウムの実施など、学校におけるがん教育の一層の推進を促すことを明確に示し、活動がうまく進むために調査などが実施されております。

まだ始まったばかりですが、これらの取り組みにより文部科学省ががん教育の実状の進捗を把握し、この先教育の在り方をより最善なものへとアップデートされていくと思われます。

さらにはがんやその他の疾病に対する正確な知識を身に着け理解することにより、適切な行動をとることができる個人を育み、豊かな社会となると考えられています。

●がん教育の必要性

学校における健康教育は、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育成することを目指しています。

特に、日本人の死亡原因として最も多いがんについては、がんそのものの理解やがん患者に対する正しい認識を深める教育が、不十分であることが指摘されております。まだ年齢が若いときから学校教育を通じてがんについて学ぶことにより、健康に対する関心を持ち、正しく理解し適切な態度や行動をとることが求められています。

学校におけるがん教育については、がんをほかの疾病等と区別して特別に扱うことが目的ではなく、がんを扱うことを通じて、ほかの様々な疾病の予防や望ましい生活習慣の確立を含めた健康教育の充実を図るものとなり得ます。

現在日本では、年間に100万人を超えるがん罹患者がいます。この20年間で2倍以上に増加しています。先進国では日本だけの現象です。高齢化が進む中、がんに罹患する確率は自ずと高まります。日本は高齢化先進国であるがため、がん対策は最重要項目です。

●20/20GeneSystems Japan株式会社のがん教育活動

 20/20GeneSystems Japan株式会社はがん教育を発展させるために、学校に出向く外部講師活動や規模の大小は問わずセミナーの開催などを行っています。
 20/20GeneSystems Japan株式会社は、スタッフはじめ医師や看護師、がんサバイバーの方々、さらには企業や大学生などの参画により、がん教育の発展を促すために今必要な活動として、可能な限り多くの方々にがんのことをより詳しく認知する機会が必要と考えております。
 具体的な取り組みでは、愛知県の私立の高校生400人に最新がん検診の現場からと題し、外部の講師としてお話をしてきました。
 この活動により、愛知県内の高校よりいくつか問い合わせをいただいたりし、がん教育についての話の必要性を感じることができました。
 現在は京都で教育者や学生、もちろん一般の方々にも参加していただき、がんに対する正しい知識を持つことで適切な行動を起こすことができるようになるためにはなどを考えるセミナーも企画中です。

がんはもう不治の病ではありません。検診による早期発見・適切な治療、また生活習慣を整えるなどの予防の考えを知ることにより、適切な行動を選択することができるようになると考えております。

子どものころからがんについての正しい知識を伝えることが大切だと考え、中学校や高等学校での出張授業や教材作りなどを行い、がん教育の促進活動を行っております。

もちろん子供だけではなく、大人にも正しい知識を知る機会を作ることに努めております。

●新しい技術の開発により、新しい社会へ

20/20GeneSystems Japan株式会社の提案するOneKENSAは、1年以内にがんが発症するリスクを算出します。そのリスクを知ることにより、健康についてよりリアルに考えるきっかけを作る検査とも言えます。

OneKENSAは教師あり機械学習アルゴリズムの力を使います。教師あり機械学習アルゴリズムは、既知のクラスラベルを持つトレーニングサンプルのセットから分類モデルを生成することにより、未知のケースのクラスを予測することができます。

OneKENSA(教師あり機械学習アルゴリズム)の力によって1年以内にがんが発症するリスクを知り、対応するための指針を示すことができます。それにより適切な行動を選択することができるようになり、がんに対する備えや生活習慣を改善するきっかけとすることができるのです。




●がんが発症する確率は誰にでもある

がんは多細胞生物が生き続ける限り、なくなることはないと言われております。

がん遺伝子は正常なうちは多細胞生物が生きていく上で、欠かすことができない働きをしています。その重要な遺伝子の変異の積み重ねにより、細胞のがん化が始まります。



(国立研究開発法人国立がん研究センターより)

この変異はランダムな確率で起こります。清く正しく生きていてもこの変異は起こります。変異が起こる限りは、がんに罹患する確率は誰にでもあるということなのです。

その変異を誘発する原因が生活習慣の乱れや感染症、放射線、空気、薬剤などの環境的要因やがんになりやすい体質の遺伝的要因です。


●正しい知識を持つことの重要性。

がんを完全になくすことは、現状の技術では不可能といわれております。

誰にでもがんになる可能性があるのです。「自分ががんになるとは思いもしなかった。」とよく聞きます。これは思い過ごしであり、ランダムな確率で変異が起きるのと同様に、がんに罹患する確率もランダムな確率なのです。

ここまでわかっているのなら、OneKENSAのような医学的なデータに基づく統計学的な予測という手段は、効果が高いことがわかります。

がんのことを詳しく学ぶことで、適切な行動を選択できるということは、この先に求める世界の姿だと思っております。

このような世界へのチャレンジのひとつとしての、がん教育はとても重要なこととなると考えております。

20/20GeneSystems Japan株式会社は、がん教育という大切な取り組みに貢献してまいります。


OneKENSAについての論文

●Cancer screening through a multi-analyte serum biomarker panel during health check-up examinations: Results from a 12-year experience

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0009898115004131?via%3Dihub


●Cancers Screening in an Asymptomatic Population by Using Multiple Tumour Markers

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0158285


●Improving Multi-Tumor Biomarker Health Check-Up Tests with Machine Learning Algorithms

https://www.mdpi.com/2072-6694/12/6/1442

*OneKENSAは日本のみの表記の仕方です。論文中にはOneTESTと記されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)