ビジネス・コンサルティング 美容・健康

東京大学大学院医学系研究科における社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」への参画のお知らせ

株式会社セーフティネット
~2022年6月からデジタルメンタルヘルスに関する研究講座を開始~

株式会社セーフティネットは、東京大学大学院医学系研究科と他社14社と共に、共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」設置に参画しました。


■はじめに
株式会社セーフティネットは、東京大学大学院医学系研究科と他社14社と共に、共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」設置に参画しました。設置期間は2022年6月1日~2025年5月31日(3年間)です。本講座は東京大学大学院医学系研究科に設置され、川上憲人特任教授、今村幸太郎特任准教授を含む3名体制で実施されます。

■「デジタルメンタルヘルス講座」の取り組みについて
昨今、IT技術の進歩に伴い、アプリを含め多数のデジタルメンタルヘルスサービスが提供されていますが、基礎となる科学的データが欠けていたり、効果評価研究がなされていなかったり、有効性については不明なものがあります。デジタルメンタルヘルスを人々の心の健康に役立つものにするために、これに関する科学的研究を行ってデジタルメンタルヘルスサービスを開発し、普及することが重要です。

このような中、本講座では、インターネットなどのデジタル技術を応用して精神健康を測定し、その保持・増進を支援する介入プログラムを提供する「デジタルメンタルヘルス」技術とこれを用いたサービスについて基礎および応用研究を実施し、人々の精神健康の向上に役立つ研究成果を発信することを通じて社会に貢献します。また研究成果をもとに、医学教育にも貢献します。

本社会連携講座では特に職場のメンタルヘルス対策や健康経営における心の健康づくりにデジタル技術を応用するための研究を行います。労働者の心の健康に関して デジタルメンタルヘルスを専門に研究する大学内の研究室の設置は世界ではじめてです。

■協力参画に向けて
株式会社セーフティネットは、本講座の研究への協力参画を通じて、最新の技術を人々の心の健康問題の予防や改善につながるデジタルプラットフォームの構築に貢献し、多様なツールを活用したカウンセリングの利用促進を図り、引き続き、職場の皆様が抱える様々な問題を解決支援することによってメンタルヘルス不調を予防し、仕事に集中できる環境づくりを支援して参ります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)