企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

コントレア株式会社、国際規格に基づくISMS認証を取得しセキュリティを強化

Contrea株式会社
~ 患者様と医療機関の皆様に安心してご利用いただける情報セキュリティ管理体制を構築 ~

動画を活用したインフォームド・コンセント支援システム『MediOS(メディオス)』を提供するコントレア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川端一広)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS:Information Security Management System)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」の認証を2022年4月28日付で取得いたしました。





ISMS取得の背景


 ISMS(Information Security Management System)認証とは、情報セキュリティ管理体制が国際規格である「ISO/IEC 27001」に適合していることを第三者認証機関が認証する制度です。

 当社は、インフォームド・コンセント支援システム「MediOS」を医療機関向けに提供しており、導入に際してネットワークセキュリティ、取得情報の取り扱い、社内管理体制に関するお問合せを多くいただきます。
 このようなご要望を踏まえ、医療機関の皆様が安心してご導入いただけるように情報を安全に取り扱う体制を構築することが必須と考え、情報セキュリティの管理・運用体制を国際規格で評価する本認証を取得いたしました。

今後も、情報セキュリティ管理体制の継続的な改善に取り組み、医療機関の皆様・患者様に信頼されるサービスの開発・提供を進めて参ります。



ISMS認証取得の概要






インフォームド・コンセント支援システム『MediOS』とは




 インフォームド・コンセントには多くの時間がかかりますが、その内容を紐解くと病気の概要や治療方法、合併症など定型的な内容が多くを占めています。
 そこで、MediOSは定型的な内容をアニメーション動画にし、事前に患者様が説明を受ける機会を提供します。

 医師は患者様の病状や治療法に応じて動画を組み合わせることで、患者様ごとにカスタムされた動画を発行することができます。また、システム内で事前に患者理解度や質問を取得することが可能であり、クラークの役目を担うこともできます。患者様は医師から発行された動画を自宅や病院内の待ち時間など好きな場所・時間から何度でも繰り返し視聴できます。

 本システムの利用により患者理解度が高まった状態で医師との対面の説明に臨むことで、業務効率化はもちろん、より本質的な「対話」に注力することができ、信頼関係の強化にも繋がります。
 今まで人力に頼っていた領域にデジタルのエッセンスを加えることで、医療現場の効率化と患者エンゲージメント向上を両立できるプロダクトです。
 「ご希望のコンテンツや疾患、治療がある」「すでにお持ちの動画を活用したい」などございましたらお気軽にお問合せください。



Contrea株式会社について


「医療に関わる全ての人に安心を」をミッションに掲げ、インフォームド・コンセント支援システム「MediOS」の開発・運営を行っております。

会社名:Contrea株式会社
代表者:代表取締役CEO 川端一広
所在地:東京都渋谷区代々木1丁目30-14 代々木ANNEX 014
設立:2020年1月23日
事業内容:病院向けインフォームド・コンセント支援サービス『MediOS』の開発・運営・提供

会社HP:https://www.contrea.jp/product

■ このプレスリリースに関するお問合せ先
お問合せフォーム:https://www.contrea.jp/contact
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)