美容・健康 自然・環境

「気象病」になったことがある方で、症状が出たときに「病院に行った」方は7.5%

株式会社NEXER
ボイスノート・気象病についての調査

アンケートサイト「ボイスノート」(運営会社:株式会社NEXER)は、気象病についての調査を実施し、その結果を姉妹サイト「ボイスノートマガジン」にて公開いたしました。



■気候や天気の変化が原因で起こる体の不調、「気象病」を知っていますか?
季節の変わり目や雨の日になると、何となく調子が悪いという方もいるのではないでしょうか。

以前は、気候や天気が原因で起こる体の不調については「気のせい」や「怠け」と言われることもありましたが、近年、これらの不調は「気象病」や「天気病」と呼ばれる一つの病気だと言われています。

「気象病」の原因については、何らかの原因で内耳の気圧変化を感知するセンサーが敏感になっているのではないかと考えられていて、天気が悪くなる時に症状が出る方も多いようです。

今回は、全国の男女計960名を対象に「気象病に関するアンケート」を実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ボイスノートによる調査」である旨の記載
・「ボイスノートマガジン」の該当記事(https://magazine.voicenote.jp/127872/)のリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「気象病に関するアンケート」調査概要
対象条件:全国のボイスノート会員
質問内容:
質問1:「気象病」という言葉を知っていましたか?
質問2:これまでに「気象病」になったことはありますか?
質問3:「気象病」になったときに、どのような症状がありましたか?[複数回答可]
質問4:具体的にどのような症状ですか?
質問5:「気象病」になったときに、どのような対応をしましたか?[複数回答可]
質問6: 具体的にどのような対応をしましたか?
質問7:「気象病」を防ぐために気を付けていることはありますか?
質問8:具体的に気を付けていることを教えてください。
質問9:どのようなときに、「気象病」が起こりやすいですか?[複数回答可]
質問10:具体的にどのようなときですか?
集計対象人数:960名(20代以下・30代・40代・50代・60代・70代以上 男女各80名)

調査期間:2022年5月21日~5月30日
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■どのようなときに「気象病」が起きやすいですか?
初めに、「気象病」という言葉を知っていたか聞きました。

47.1%の方が、気象病という言葉を「知っていた」ようです。

続いて、これまでに「気象病」になったことがあるか聞きました。


「なったことがある(病院等で診断された)」方は2.2%、「なったことがある(自己判断)」方は35.4%でした。

男女別に集計するとこのようになりました。

女性のほうが男性よりも気象病に「なったことがある(病院等で診察された・自己判断)」方が多いようです。

気象病に「なったことがある(病院等で診察された・自己判断)」と回答した361名の方に、どのようなときに「気象病」が起こりやすいのか複数回答可で聞きました。



半数以上の方が「雨が降りそうなとき」に起きやすいようです。

「その他」と回答した方に、どのようなときに気象病が起きやすいのか聞いたので、回答の一部を紹介します。

「その他の気象病が起きやすいとき」回答


気圧が下がるとき。(20代・女性)
季節の変わり目。(40代・男性)
天候が不安定なとき。(60代・女性)
寒暖差が激しいとき。(20代・女性)
急な気候の変化。雨天の日が続いたあと、次の日に晴れたとき。(60代・女性)
気圧が1010から1020hPaのとき。(50代・女性)


「気象病」になったときに、どのような症状があったのか複数回答可で聞きました。

「頭痛・頭重感」と回答した方が最も多く、77.6%でした。

「その他」と回答した方に、どのような症状があったのか聞いたので、回答の一部を紹介します。

「その他の症状」回答


腰痛。(60代・男性)
古傷がうずく。(50代・女性)
鼻づまり、鼻水が止まらない。(60代・男性)
手湿疹。(40代・女性)
歯茎が痛い。(70代・女性)


「気象病」になったときの対応や、「気象病」を防ぐための対策は?

気象病に「なったことがある(病院等で診察された・自己判断)」と回答した361名の方に、「気象病」になったときの対応について聞きました。

47.4%の方は「何もしなかった」ようです。
「市販の薬(頭痛薬・胃薬など)を飲んだ」という方は41.0%で、「病院に行った」と回答した方は7.5%でした。

「その他」と回答した方に、どのような対応をしたのか聞いたので、回答の一部を紹介します。

「その他の対応」回答


睡眠をとる。(40代・男性)
出歩かず安静にした。(60代・女性)
湿布を貼る。(50代・女性)
ホットアイマスクをしてみたり冷えピタを貼ってみたりした。(20代・女性)
自宅でマッサージ(椅子タイプ)をしたり、マグネループを利用した。(60代・女性)


最後に、気象病を防ぐために気を付けていることを聞いたので、回答の一部を紹介します。

「気象病を防ぐために気を付けていること」回答


なるべく休む。天気が悪い日は出かけない。(50代・女性)
天気が悪そうな日の前日は早めに寝て睡眠をしっかりとる。水分を多く摂取する。(20代・女性)
規則正しい生活と睡眠。(70代・女性)
運動や深呼吸をする。(50代・男性)
お風呂にゆっくりつかる。(50代・女性)
天気予報をまめに確認して崩れそうなら早めに薬を飲む。(20代・男性)
湿度が高すぎる日や気圧が低いときは外出を控える。(60代・男性)
頭痛ーる(気圧予想アプリ)をつかって低気圧を予測する。(30代・女性)
低気圧が近づく天気予報があったときは、肩を冷やさないようにしている。(70代・男性)
天気予報を見て、ストレッチなどをしてから外出をする。(50代・男性)
外に出ず、横になった状態で過ごします。(40代・男性)
季節の変わりめに、寒気がして偏頭痛になるので、白湯を飲んで身体内を温めます。(80代・女性)
なるべく明るい音楽を聴くなど気分の落ち込みを防ぐ。(40代・女性)
あまり気にせず、体を冷やさず、温かい飲み物などで気分を落ち着かせる。(40代・女性)
烏龍茶やコーヒーを飲む。(30代・男性)
プロテイン、ビタミン、ミネラルをとる。(60代・女性)


■まとめ
今回は、気象病についてアンケートをおこないました。

気象病に「なったことがある」方に、どのようなときに気象病が起こりやすいのか聞いたところ、58.4%の方が「雨が降りそうなとき」と回答しました。
症状では、「頭痛・頭重感」があった方が最も多いようです。

気象病の症状が出たときの対応について、47.4%の方は「何もしなかった」ようです。
「病院に行った」と回答した方は7.5%でした。

最近では、気象病外来や天気痛外来も増えてきました。
気象病だと思っていたら、実は別の病気が隠れていたということもあるので、気になる症状がある方は医療機関に相談しましょう。


本記事の内容は、弊社運営サイト「ボイスノートマガジン」にて公開しております。
https://magazine.voicenote.jp/127872/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ボイスノートによる調査」である旨の記載
・「ボイスノートマガジン」の該当記事(https://magazine.voicenote.jp/127872/)のリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【ボイスノートマガジンについて】
「ボイスノートマガジン」は、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、アンケート結果×お役立ち情報をお届けする「リサーチマガジン」です。

オススメの脱毛サロンからちょっとした生活の知恵まで、編集部スタッフたちが、インターネットリサーチを通じてあなたの欲しいモノやサービス、情報を見つけるお手伝いをします!

URL:https://magazine.voicenote.jp

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル11F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)