医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

株式会社メディベース、国際規格に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証を取得

株式会社メディベース
ー 国際水準の高レベルな情報管理体制の維持・改善により、セキュリティ対策を継続的に強化 ー

自由診療に特化したクラウド型の電子カルテサービスMEDIBASEを運営する株式会社メディベース(代表取締役:山路規矢)は、セキュリティ対策強化の一環として、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」に基づくISMS認証を取得しました。



ISMSついて

ISMSとは、情報セキュリティを管理する仕組みのことで、「Information Security Management System」の頭文字を使った略称です。
ISO/IEC 27001認証とは、構築されたISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)が国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」に適合していることを、第三者が評価し認定する制度のことです。




ISMS認証取得の背景

株式会社メディベースは創業以来、情報管理・セキュリティ対策に取り組んでまいりました。この度、弊社サービスを提供する医療機関の皆様に、より安心してサービスをご利用いただくため、ISO/IEC 27001の認証を取得いたしました。
本認証により、国際水準の高レベルな情報管理体制の維持・改善を行い、セキュリティ対策をさらに強固なものとし、今後も安心してご利用いただけるサービス提供に努めてまいります。


ISMS認証取得の概要






株式会社メディベースについて

医療×ITを事業ドメインとしています。現在は、全国の自由診療クリニック250院以上(自由診療・クラウド型電子カルテシェアNo.1)の実績をもつ、自由診療に特化したクラウド型電子カルテMEDIBASEを提供しております。


本件・サービス内容・弊社に関するお問合せ先

株式会社メディベース
電話:050-3503-4123
問い合わせフォーム:https://medibase.cloud/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)