企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

訪問診療専用スケジュール管理ソフト『CrossLog(クロスログ)』が経済産業省「IT導入補助金2022」の支援事業者に認定

クロスログ株式会社
クロスログ株式会社(代表取締役CEO:宮原智新、以下「クロスログ」)は、このたび経済産業省・中小企業庁が推進する「IT導入補助金2022」の支援者として認定を受けたことをお知らせいたします。これにより、訪問診療専用スケジュール管理ソフト『CrossLog』を新規導入する医療機関に対し、導入等にかかる費用の1/2(30万円~150万円未満)を補助金として受け取ることができます。






IT導入補助金支援制度について

「サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。経営課題や需要に合ったITツールを導入し、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を目的としています。
公式サイト:https://www.it-hojo.jp/


補助費用について

今回「訪問診療専用スケジュール管理ソフトCrossLog」は、通常枠(A類型)としてIT導入補助金の対象ツールに認定されました。
これによりIT導入補助金を申請し、採択されると、導入時にかかる費用の1/2以内(30万円~150万円未満)を補助金として受け取ることができます。補助対象は、初期費用およびクラウド月額利用料1年分を含みます。


サービス概要

訪問医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」について
CrossLogは、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務効率化を実現するソフトです。
医療の現場を「デジタル化」して事務作業を限りなく減らすことで、医療に専念できる環境を作り、医療の質の向上や患者満足度を高めることを目的としています。在宅医療で主要な電子カルテと連携するなど、業務に特化したポイントを数多く機能提供しており、かゆいところに手が届くサービスとなっています。
サービスサイト:https://crosslog.life


会社概要

クロスログ株式会社
「在宅医療を当たり前にする」をミッションとして、訪問医療専用スケジュールソフト CrossLog(クロスログ) の企画・開発・運営をしています。医療従事者の方々を全力でサポートする企業です。
・代表者  :代表取締役CEO 宮原 智新
・設立   :2020年12月
・所在地  :福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F
・企業サイト:https://corp.crosslog.life/

<本件に関する問い合わせ先>
クロスログ株式会社:宮原
メール:contact@crosslog.life
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)