医療・医薬・福祉 その他

全国初! 腸内フローラ検査サービス「Flora Scan」が大阪府枚方市のふるさと納税返礼品に採用

株式会社プリメディカ
腸内フローラ検査をもっと身近に

予防医療領域における検査サービスを展開している株式会社プリメディカ(所在地:東京都港区芝公園、代表取締役社長:富永朋、以下「当社」)が提供する腸内フローラ検査サービス「Flora Scan(フローラスキャン)」(以下、「本検査」)が大阪府枚方市のふるさと納税返礼品に採用されました。腸内フローラ検査サービスのふるさと納税返礼品採用は全国初※1となります。 https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1302436 https://www.furusato-tax.jp/product/detail/27210/5442549




「Flora Scan」(フローラスキャン)とは
本検査は、京都府立医科大学、摂南大学、株式会社プリメディカの三者共同研究によって得られた国内有数規模の日本人腸内細菌叢データベースを用いた検査サービスです。

従来の腸内フローラ検査においては、欧米の食生活とは異なる日本人に対して、欧米と同様の指標で日本人の腸内環境を評価している部分がありました。本検査では、共同研究によって得られた日本人1,800名分の腸内フローラデータを解析した結果を用いております。

本検査は、大阪府枚方市に在ります摂南大学発ベンチャーである株式会社フローラディスカバリーにて測定を行っております。
Flora Scan検査キット

◆摂南大学農学部 応用生物科学科 動物機能科学研究室 井上亮 教授のコメント
「近年の国内外での活発な研究により、腸内フローラが食生活や運動習慣などの日々の生活習慣と密接に関わっていることがわかってきました。自身の食生活や運動習慣に“このままで良いのかな?”という疑問を持ちながら生活している方、今の生活習慣は良くないとわかっていて改善するためのきっかけを探している方、こういった方々に是非「Flora Scan」を受検して頂ければと思います。自身の腸内フローラを知ることで、生活習慣を見直したり、今の生活習慣を続けるモチベーションにしたりと、健康管理に役立てて下さい。」


◆今後の展望
Flora Scanは産学連携による共同研究成果を社会実装したサービスです。引き続き研究を行うことで、本検査が腸内環境を改善する最適な食生活を提示するための評価指標として応用されることを目指します。

今後も当社は、腸内フローラ検査サービス「Flora Scan」がより身近な存在となれるよう、研究機関、医療機関、自治体等との連携を深めてまいります。


【枚方市】
枚方市は、大阪府の北河内地域にあり、京都府との間に位置する中心的な衛星都市であり、中核市にも指定されています。枚方市では、すべての市民が健康で安心していきいきと暮らすことができるまちの実現を目指しています。
https://www.city.hirakata.osaka.jp/

【摂南大学】
文・理あわせて 8 学部 17 学科の総合大学の強みを生かした幅広い教育・研究活動を展開 しています。2021年6月に農学部 井上亮教授が考案した腸内細菌叢測定ノウハウを移転した、摂南大学初となる大学発ベンチャー「株式会社フローラディスカバリー」を設立しました。
https://www.setsunan.ac.jp/

【株式会社プリメディカ】
重大疾患の発症リスクを早期に判定する検査の研究開発/マーケティング/販売など予防医療に特化した事業を展開しています。脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査「LOX-index(R)」をはじめとする疾患リスク検査サービスを全国3,000施設以上の医療機関を通じて提供しております。
https://www.premedica.co.jp/

※1 「腸内フローラ検査」単体サービスでの返礼品において。調査サイト:楽天ふるさと納税、ふるなび、ふるさとチョイス、さとふる(2022年5月現在、自社調べ)

■会社概要
会社名:株式会社プリメディカ
代表者:代表取締役社長 富永 朋
本社所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園2丁目3-3  寺田ビル 5階
設立:2010年7月
事業内容:・予防医療事業・最先端医療技術の研究開発事業
URL:https://www.premedica.co.jp/

■本件に対するお問い合わせ
株式会社プリメディカ
事業企画部
小川 健太
Tel:03-5776-1105
Email:mar@premedica.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)