医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

介護リハビリテックのRehab、介護福祉施設向けに「スマート介護」を提供するプラス株式会社と「リハプラン」の販売パートナー契約を締結

株式会社Rehab for JAPAN
両社のシナジーを活かし、介護事業所の書類業務効率化と利用者の生活機能向上を支援

デイサービス向けリハビリ支援ソフト「リハプラン」を運営する株式会社Rehab for JAPAN(本社:東京都千代田区、代表取締役 大久保 亮)は、プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉 忠久)と「リハプラン」の販売パートナー契約を締結いたしました。このパートナー契約締結により、プラスが運営する介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」(https://www.smartkaigo.jp/)の全国37,000以上の会員施設向けに、「リハプラン」の提供が可能になります。




全国に約44,000事業所、要介護者200万人が利用するデイサービスでは、約90%の事業所において、リハビリ専門職が勤務しておらず、看護師が看護業務などと兼務しながらリハビリを提供しています。そのため、計画策定から日々の記録、評価に至るまでの「スタッフの業務負担」と「効果的なリハビリ提供」が課題となっています。
介護ヘルスケア業界における自立支援・重度化防止の取組はさらに進んでいく中、「現場の業務負担を軽減し、効率的・効果的なリハビリを実現できるソフト」の必要性はさらに増加しております。

2018年3月のサービス開始以来、「リハプラン」は、機能訓練業務を誰でも簡単・安心・効果的に行える「デイサービス向けリハビリ支援ソフト」として、職員の書類業務負担を軽減、介護事業所の差別化・売上アップを支援してまいりました。また「スマート介護」は「笑顔の介護をお手伝い」をコンセプトに、全国の介護・福祉施設を対象とした営業サポート付きデリバリーサービスを提供されており、すでに37,000以上の会員施設様に採用されております。
これまで「スマート介護」において提供していたレク素材などに加えて、デイサービスの機能訓練(介護リハビリ)業務をより効率的・効果的に行える「リハプラン」の販売サポートを通じて、さらに介護事業所のスタッフの皆様が、ケアやコミュニケーションなどの高齢者と向き合う本来の業務に集中できることを目指し、今回の販売パートナー契約に至りました。

また2022年6月3日以降、「スマート介護」を通じて「リハプラン」の導入に至った介護事業所・法人様には、「スマート介護」サイト内で活用できるポイント6000ポイントをプレゼントいたします。
プラスと当社は、両社協働で介護事業所の書類業務効率化と利用者の生活機能向上の支援を強化してまいります。

スマート介護「リハプラン」ウェブサイト:
https://www.smartkaigo.jp/contents/rehaplan/index.php




リハプランとは

リハプランは、機能訓練業務を誰でも簡単・安心・効果的に行える「デイサービス向けリハビリ支援ソフト」です。最新の高齢者データベースをもとに2,200種類、目標・運動プログラムから最適な計画・訓練を自動で提案。リハビリ業務に必要なすべての機能があり、職員の書類業務負担を軽減、介護事業所の差別化・売上アップを支援します。2022年5月現在、以下のLIFE関連加算に対応しております。(個別機能訓練加算、科学的介護推進体制加算、入浴介助加算、運動器機能向上加算、ADL維持等加算、口腔機能向上加算)


「スマート介護」とは

公式サイト:https://www.smartkaigo.jp/
「スマート介護」は、プラス・ジョインテックスカンパニーが運営する、全国の介護・福祉施設を対象とした営業サポート付きデリバリーサービスです。オフィス向けや文教市場向けデリバリーサービスで培った実績、ノウハウを生かして2014年5月にスタート。提携する文具事務用品店と協働して、忙しい介護・福祉施設の職員の方々の労力を軽減して経営効率を高め、本来業務であるケアやコミュニケーションに集中できるよう、施設運営のバックヤードを多角的に支えていくサービス特性が高く評価されて、採用数は36,000施設以上に拡大しています。

<プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー http://www.jointex.co.jp 概要>
文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売事業を展開。カタログ通販に専任営業サポートが付いたデリバリーサービス「スマートオフィス」、文教市場向け「スマートスクール」を中心に、介護・福祉市場向け「スマート介護」、地方公共団体のさまざまな調達業務効率化をお手伝いする「スマートガバメント」、購買コストダウンや環境購買への提案を行う「JeSS」等、生産性向上に役立つ独自サービスを展開しています。
・カンパニー代表者 カンパニープレジデント 北川 一也(プラス株式会社 取締役)
・本部所在地 東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー13階
・主要営業拠点  札幌、仙台、群馬、埼玉、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡


株式会社Rehab for JAPANについて

当社は「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、より多くの高齢者が健康的に長生きすることで幸せに長く暮らせる世界(健康寿命の延伸)に向けて、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指すスタートアップ企業です。介護現場のリアルデータを収集し、高齢者が元気になることを科学していきます。

・称号 :株式会社Rehab for JAPAN(リハブフォージャパン)
・創立 :2016年6月10日
・代表者:大久保亮
・所在地:東京都千代田区飯田橋4丁目2-1岩見ビル2階
・資本金:618百万円(資本準備金含む)
・URL
-コーポレートサイト:https://rehabforjapan.com/
-リハプラン:https://rehaplan.jp/training/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)