美容・健康 アパレル・ファッション

J2リーグで活躍するサッカークラブ「ザスパクサツ群馬」とオフィシャルクラブサプライヤー契約を締結

株式会社ベネクス
所属選手への「リカバリーウェア」提供で“休養”をサポート

休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、「ザスパクサツ群馬」(拠点:群馬県全地域、代表取締役社長:石井 宏司氏)と2022年6月1日(水)付けでオフィシャルクラブサプライヤー契約を締結しました。






契約の概要と背景

「ザスパクサツ群馬」は、草津町と前橋市を中心とする群馬県全県をホームタウンとし、J2リーグで活躍するサッカークラブです。また、競技だけでなく、高齢者を対象に日々の生活に取り入れられる運動・栄養・休養についての講座や指導をする健康づくり教室を開催したり、イベントやお祭りへの参加、また、子どもたちの「夢」と「活力」のために小学校訪問をして交流を大切にするなど、地域に密着した「ホームタウン活動」も積極的に行っています。
当社は、このような「ザスパクサツ群馬」の健康に対する考え方や、その重要性を発信される姿勢に共感し、ご縁があってこのたびの契約に至りました。これを機に、「リカバリーウェア」の提供を通じて選手が最大限パフォーマンスを発揮できるよう「休養」の面からサポートし、チームの更なる活躍を応援します。


株式会社ザスパ 代表取締役社長:石井 宏司 様 コメント

現代サッカーは攻守にわたって非常にハードワークが求められる環境になってきています。特にJ2は公式戦数が多く、北は東北から、南は沖縄まで遠征に行って戦わなければなりません。スケジュールが詰まっている時には中2日、中3日の間隔で5連戦が続く時があります。各チームの個性、戦術もバラバラであり、練習内容もそれに合わせて準備しなければなりません。選手たちにとっては非常に過酷な環境の中で戦い続ける中で、これまでに増してリカバリー、レスト、コンディショニングの重要性が高まっています。
今回ベネクス様とパートナーシップを組ませていただき、より選手たちのリカバリーが進み、少しでも勝利の可能性が高まればと思っております。


「ザスパクサツ群馬」 トップチームコーチ:小林 亮 様 コメント

私は以前在籍していたチームでベネクス様よりリカバリーウェアを提供して頂いたのがきっかけで、群馬でも愛用させて頂いております。
家で過ごす多くの時間で着用させてもらっていますが、私自身が一番感じているのは身体を締め付けない着心地の良さによって得られるリラックス効果です。プロサッカー選手はJリーグの公式戦はもちろんの事、常日頃から最高のパフォーマンスを出せるようにトレーニングにおいても心身ともに、常に緊張した状態が続きます。だからこそ家で過ごす時間、試合前のホテルで過ごす時間の中で、リラックスして休養・休息できる環境作りがとても重要になります。ベネクス様のリカバリーウェアは、ザスパクサツ群馬の選手に心身ともにより良い状態を作り出し、パフォーマンス向上につなげる大きな手助けになるものだと確信しています。


株式会社ベネクス 取締役副社長:星 繁信 コメント

このたび、「ザスパクサツ群馬」様と「オフィシャルクラブサプライヤー」契約を締結させていただくことになりました。「ザスパクサツ群馬」選手の皆様の「休養」をサポートさせていただけるということ、心より光栄に思っております。
このたびの契約の窓口となった藤田様とお話しをするなかで、チームとして「休養の必要性」を重視されていることがとても伝わり、そして、弊社の考えと共通する部分も大変多く感じました。「ザスパクサツ群馬」様を全面的に支援するとともに、このたびの契約が、より多くの選手の皆様に「休養の必要性」が伝わるきっかけになれることを祈っております。
「ザスパクサツ群馬」様のこれからの飛躍、そして選手の皆様の更なるご活躍を、弊社社員一同、祈念申し上げます。このたびは、ありがとうございます。


【ザスパクサツ群馬について】 https://www.thespa.co.jp/

「ザスパクサツ群馬」は、2002年4月群馬県吾妻郡草津町にある名湯の草津温泉で生まれたサッカークラブです。草津町と前橋市を中心とする群馬県全県をホームタウンとし、現在J2リーグで活躍しています。日頃より地域の皆様に支えられ、地域の人達と共に歩むクラブであるという意識を大切にされ、高齢者に向けて健康づくり教室の開催や、子どもたちに「夢」と「活力」を与えるために小学校を訪問するなど、地域に密着した活動を積極的に行っています。
クラブ創立20年を迎えた2022シーズンは「Beyond THESPA~ザスパを超えろ!!~」をスローガンに掲げ、一つ上のステージを目指し、日々努力を重ねています。



【ベネクスについて】

健康のための3大要素「運動」「栄養」「休養」の中で、パフォーマンスを向上させるために必要な「休養」に着目。休養時専用の「リカバリーウェア」の開発、製造、販売を行っています。創業は「床ずれ予防マットレス」を開発、販売する介護用品メーカーとしてスタート。現在は、ケアという発想に基づいたリカバリーに関わる商品開発を行っています。
「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトに、東海大学、神奈川県、当社との産学公連携事業により誕生した「リカバリーウェア」は、エビデンス(科学的根拠)の取得や安全性を重視した開発を行い、「休養時専用ウェア」として2010年2月の発売以降、疲労回復や安眠のサポートを目的として日本代表選手らスポーツ関係者はじめ多くの方に愛用されています。現在は、豊富な商品展開を行い、全国の主要百貨店やオンラインショップで販売。これまでにシリーズ累計135万着(2022年1月末時点)の販売実績を記録するヒット商品となっています。
「ベネクスリカバリーウェア」は、2013年にドイツで行われた世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で日本企業初の金賞を受賞。また、2018年9月には、「休養時専用ウェア」として、県民の未病改善の促進及び未病産業の市場拡大に向け、未病の見える化や未病の改善に貢献できる信頼性のある優れた商品・サービスを認定する神奈川県の「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」にも認定されました。その翌年2019年には、日本健康医療学会から健康医療に役立っている製品を開発、生産、販売する会社、団体等に向けて贈られる「第7回 健康医療アワード」を受賞しています。

〈「ベネクスリカバリーウェア」の評価〉
スポーツ:2013年「ISPO」金賞受賞
社会:2018年「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」認定
健康:2019年 「健康医療アワード」受賞

■「リカバリーウェア」を支える2つのメカニズム


1. 特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)」
当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物(特許取得名称:DPV576)を繊維1本1本に練りこんで開発したポリエステルの「PHT」繊維。この「PHT」を使用して作った「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整え、心身の“休養”をサポートします。

2. 休養時の着心地のよさを追求した仕様とデザイン
体を締め付けないノンコンプレッションデザインでゆったりとした着心地を実現。素材や縫製、カッティングにもこだわり、睡眠中、家でのリラックス時やスポーツ直後、移動中など、あらゆる休養シーンにおいて、ゆったりとした着心地で体に余計なストレスを感じさせない心地よさを追及しています。

【株式会社ベネクス 概要】
法人名: 株式会社ベネクス
代表: 代表取締役 中村 太一
所在地: 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4階
電話: 046-200-9288
設立: 2005年9月30日
事業内容: 休養・睡眠時専用「リカバリーウェア」の開発、製造、販売
ホームページ: https://www.venex-j.co.jp/


本リリースに関するお問合せ
株式会社ベネクス コミュニケーション・プロデュース部
担当者:豊島(携帯:080-7975-5579)/下山(携帯:080-7296-9553)
TEL:046-200-9288 FAX:046-200-9368
e-mail:commprodept@venex-j.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)