美容・健康

臨床試験において血行促進効果を実証 ー (株)リグア、Dr.Supporterリカバリーテープの効果検証実験を鹿島アントラーズ全面協力の下で実施

株式会社リグア
IFMC.(イフミック:集積機能性ミネラル結晶体)による血行促進の効果を200名以上の被験者の血流速の変化で測定。

株式会社リグア(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 川瀬 紀彦、以下「当社」)は、血行促進による疲労回復やこりの緩和が期待できる「Dr.Supporterリカバリーテープ」について、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 谷村 格、以下「エムスリー」)に委託し、サッカーJ1リーグ所属の株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(所在地:茨城県鹿嶋市・代表取締役社長 小泉 文明、以下「鹿島アントラーズ」)の協力により、男女208名を対象に臨床試験を実施しました。本試験は無作為化プラセボ対照並行群間比較試験を採用。結果、高いエビデンスレベルでの血行促進効果が実証されました。




当社は国民の健康を増進する事業を行い、2021年からDr.Supporterの商品開発を行っています。
日本人の多くが慢性的な不調を抱える中で、予防分野でもエビデンスベースの商品の活用・開発を推進していきます。


本試験の研究対象者は、鹿島アントラーズの全面的な協力の下に動員し、鹿島アントラーズのユースチーム・ジュニアユースチーム所属選手やスタッフを中心に、男女208名が参加しました。



Dr.Supporterリカバリーテープは、貼付部位周辺の血管を拡張し、血流量を増やします。
動脈の血流量を増やすことで末端の血流速があがることから、本試験では、製品群とプラセボ対照群を用意し、手首付近にテープを貼付した前後での指先の血流速の変化を測定する試験を実施しました。
試験の結果は、プラセボ対照群との群間比較でp<0.001と、有意に血流速の増加が認められました。リカバリーテープによる血管拡張に起因した血流量増加により、末端の血管の血流速が増加したと考えられます。
以上により、リカバリーテープによる血行促進効果と即効性が実証されました。


血流は酸素や栄養、免疫細胞やホルモンなどを全身に運び、体温を調節するなど、生体にとって非常に重要な役割を担っています。今回得られた知見は、日本人の多くが冷えや肩こりなどの慢性的な不調を抱える現代社会において、健康課題の解決に一定の意義があるものと考えます。

■Dr. Supporterリカバリーテープの有効性に関する試験 概要





■試験結果




貼付前の平均値が2.9cm/sに対して貼付後の平均値は4.9cm/sと、貼付前後で2.0cm/sの増加が確認されました。

プラセボ対照群との群間比較ではp<0.001と高い有意性も確認されています。
※製品群、対照群ともにn=104

■ヘルスケアブランドDr.Supporter
Dr.Supporterは、IFMC.成分を含浸加工した一般医療機器製品を中心とする衣類、テープ等の商品を販売するヘルスケアブランドです。身体が本来持っているリカバリー機能を引き出し、日常生活をより快適に、健康的に過ごすためのサポートをいたします。
【Dr.Supporter ブランドサイト】
https://drsupporter.com/

■IFMC.について
IFMC.(イフミック:集積機能性ミネラル結晶体)は(株)テイコク製薬社が温泉療法に着眼して製造したナノメーターレベルの非常に微小なミネラルの結晶体です。数種類の鉱物を組み合わせて鉄分の多い温泉水に一定時間浸漬し、その溶出液を特殊処理して抽出した物質です。身体に装着することで血中の一酸化窒素を増加させる作用があります。
医療・介護分野での応用を目指し、東京都市大学 総合研究所 ミネラル結晶体研究センターにて研究が進められております。
特許第6557442号
「IFMC.」「イフミック」「集積機能性ミネラル結晶体」は株式会社テイコク製薬社の商標または登録商標です。
https://ifmc.jp/


【株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー 概要】
会社名: 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー
所在地:茨城県鹿嶋市粟生東山2887番地
代表者:小泉 文明
設立:1991年10月
URL:https://www.antlers.co.jp/

【エムスリー株式会社 概要】
会社名: エムスリー株式会社
所在地:東京都港区赤坂1丁目11番44号 赤坂インターシティ10階
代表者:谷村 格
設立:2000年9月
URL:https://corporate.m3.com/

【株式会社リグア 概要】
会社名:株式会社リグア
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目6-6 淡路町パークビル2号館
代表者:川瀬 紀彦
設立:2004年10月
URL:https://ligua.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)