医療・医薬・福祉 美容・健康

がんスクリーニング検査miSignal(R)️、北陸予防医学協会での採用が決定いたしました

Craif株式会社

 Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀬 隆一、以下Craif)が提供するがんスクリーニング検査miSignal(R)️(マイシグナル)が、一般財団法人北陸予防医学協会(所在地:富山県富山市、理事長:永田 義邦)の運営する「とやま健診プラザ」にて健康診断・人間ドックのオプション検査として新たにご利用いただけるようになりました。
 Craifでは今後も、全国の医療機関との連携強化を図り、がん治療最適化に向けた新しい取り組みを広く皆様に届けることで、当社のミッションである“人々が天寿を全うする社会の実現”に挑戦してまいります。


■ 導入施設様コメント


北陸予防医学協会
施設長、医療管理本部長
山上孝司 先生
 当施設では、血液中のマイクロRNAを用いて消化器がんの早期発見をめざす、マイクロアレイ血液検査(金沢大学、金子先生)をすでに導入していたので、今回の尿中のマイクロRNAを使う検査(miSignal(R)️)も違和感なく導入が決まりました。今は卵巣がんだけですが、今後他のがんについても検査を増やしていくことが魅力的だと感じています。

■ miSignal(R)️(マイシグナル)概要
 miSignal(R)️(マイシグナル)は、がんの発症や進行、転移に重要な役割を果たすマイクロRNA(以下miRNA)に着目したがんスクリーニング検査です。独自の技術により尿中の微量なmiRNAを効率よく捕捉し、早期のがんリスクも高い精度で検出します。本サービス最大の特長は“痛みがない”という点です。医療機関へ尿を提供するだけで、負担なく気軽にがんのリスクチェックを行っていただけます。現在、提供が開始されているマイシグナルの対象がん種は「卵巣がん」です。今後、研究開発の進捗とともに順次検査可能ながん種を増やしてまいります。詳細はWebサイト(http://misignal.jp/)をご覧ください。

■ Craifについて
 Craifは、2018年5月創業の名古屋大学発ベンチャー企業です。日本が誇る素材力を用いて尿からマイクロRNAを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組みあわせて医療に応用することで、がん領域を中心に、疾患の早期発見や個別化医療を実現するための次世代検査開発に取り組んでいます。医療・ヘルスケア領域において世界をリードする企業・組織との協業を通じて、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”を推進いたします。詳細については、https://craif.com/をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)