企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

従業員をマッチング!運動習慣化サービス「KIWI GO」が新機能「ギルド(社内サークル)」をリリース。同じ趣味の従業員をつなぎ、コミュニケーションを促進&活動量アップ!

株式会社アジャイルウェア
株式会社アジャイルウェア(本社:大阪市中央区、代表取締役CEO:川端 光義)が運営する、従業員の運動習慣化サービス「KIWI GO」は、同じ趣味を持つ従業員を自動でマッチングし、交流やコミュニケーションを促進する「ギルド(社内サークル)」をリリースいたしました。「ギルド」は共通の趣味や興味を持つ従業員をマッチングしてサークル化し、チャットでの交流やイベント作成を促すことで業務外コミュニケーションを活性化します。 KIWI GO:https://kiwi-go.jp/




■「ギルド機能」の特長



1.同じ趣味を持つ従業員をマッチング
趣味や興味があることを登録すると、興味の近い従業員を集めてギルドを自動作成します。

2.KIWIちゃんがギルド内のコミュニケーションをお手伝い
キャラクターのKIWIちゃんが、ギルド内のチャットのタイムラインで「みんなで自己紹介をしよう!まずは〇〇さんから」のようにファシリテート。交流のきっかけをくれるので、気軽にメンバーとコミュニケーションを取ることができます。

3.イベントを作成してさらなる交流を促進
ギルドが立ち上がり3日経過すると、KIWIちゃんがイベント作成を促してくれます。誰かが率先して取り仕切る必要がないので、イベント開催の負担を軽減できます。

4.業務外のコミュニケーションで、日常的に相談しやすい関係性を構築
業務上ではつながりが少なかった従業員同士が、年代・性別・部署・役職を超えてコミュニケーションを取るきっかけになります。日常的に相談しやすい関係性を作ることで、ワークエンゲイジメント向上も期待できます。

<KIWI GOとは>
「KIWI GO」は、楽しく少しずつ従業員の運動を促し習慣化できる福利厚生ヘルスケアサービスです。コロナ禍における従業員の運動不足やコミュニケーション不足の課題を解決します。アプリとスマートバンドで運動を自動記録。運動でGETしたコインは、ドリンクやお菓子、Amazonギフトカードなどのごほうびと交換できます。行動科学に基づいた仕組みで無理なく運動を続けるとともに、従業員同士のコミュニケーションも活性化。
全プランにスマートバンドがついているため導入しやすく、初期費用ゼロで始めることができます。ごほうびによる還元率も高く、福利厚生としても従業員満足度の向上が期待できます。



■「ギルド(サークル機能)」リリースの背景
「ギルド(サークル機能)」は、お客様からいただいた「イベントを企画する人が少ないので、いつも総務ばかりが苦労している」という声から生まれた機能です。
運動の意識が低い人は、ひとりで運動することや運動イベントへに参加することはハードルが高いと感じます。
「ギルド」は運動を意識しない趣味活動を通じて、自然と運動の習慣を促進します。自分ひとりでは行くことを諦めてしまった場所にも、“誰かに誘われて約束したら行けた” とういう経験は多くの人にあると思います。誰かとの約束には、人を動かすチカラがあるからです。
「KIWI GO」は、「ギルド」によって同じ趣味を持つ人をマッチングして従業員の交流や結びつきを強め、既存機能の「イベント機能」(※)によって趣味イベントで出かける機会を作り活動量を増やします。

~これまでの課題イメージ~



◾︎30日間無料トライアルについて
すべての機能を全従業員様に無料でお試しいただけます。
申し込み方法:サービスサイトよりお問い合わせください。(https://kiwi-go.jp/
備考:スマートバンドの貸与・お渡しはありません。アプリ内でコインは貯まりますが、コインをごほうびと交換することはできません。

◾︎「KIWI GO」サービス概要
URL:https://kiwi-go.jp/
アプリ版対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2021年11月
開発・運営:株式会社アジャイルウェア

■会社概要
会社名 :株式会社アジャイルウェア
本社  :大阪府大阪市中央区谷町1−3−12 天満橋リーフビル8F
代表者 :代表取締役CEO 川端光義
URL  :https://agileware.jp/   
Twitter :https://twitter.com/agileware_jp
事業内容:プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」の提供、議事録サービス「GIJI」の提供、運動習慣化サービス「KIWI GO」の提供、WEBシステム開発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)