流通 美容・健康

【お酒好き要注意!!老化が進む!】老化肌を抑制するスルフォラファンを高濃度配合「ブロッコリー種子エキス末」

ManNAcプラス株式会社
アルコールと肌の意外な関係。老化肌をスルフォラファンが抑制することが報告されています。ManNAcプラス株式会社はスルフォラファン高含有の食品原料を取扱っています。

アルコールは、コミュニケーションが弾むなどレクリエーションの一環や日頃のストレス解消として、多くの方に愛飲されています。” お酒は百薬の長” という言葉もあり、適量であれば、血行促進など期待できます。 ただし飲みすぎると、肝機能はもちろん肌の老化を促進させます。お酒が強い人ほど、老化が進むともいわれています。 実はアルコールによる肌の老化を抑制する成分として注目を集めているのが、スルフォラファングルコシノレート(SGS)。老化肌の原因となるサビとコゲを抑制し、加えてヒアルロン酸を産生し、肌のハリと潤いをもたらすことが明らかになっています。 ManNAcプラス株式会社では、このスルフォラファングルコシノレートを特許製法(※)によりブロッコリーの種子から抽出することに成功し、上市。安定的なスルフォラファングルコシノレートの状態で製品化しているため、、 様々なアプリケーションでご使用いただくことが可能です。


■アルコールを飲む機会と摂取量
今回、独自に20代~60代の男女412名にアルコールに関するアンケートを行いました。

※調査機関:日本トレンドマップ研究所 2022年5月 対象:20代~60代の男女412名

「どのくらいアルコールを摂取しますか?」に対し、休肝日がない「毎日飲酒」は全体の23%で、「1週間に1回以上」は全体の66%でした。
一方で、休刊日を2日と考えると、なんらか休肝日を作っている人は、全体の66%とも言えます。
アルコールを飲む頻度は、全体としては高くみえないかもしれませんが、実は一人当たりの飲む量が増えているといわれています。

厚生労働省が示すアルコールの指標は、1日平均純アルコールで20g程度の飲酒で、20gは大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チューハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」程度です。

しかし、令和元年国民健康・栄養調査(厚生労働省)では1日平均40g 以上のアルコール摂取量の男性は14.9%、20g 以上の女性は9.1%となっており、人口に換算すると男性が約915万人、女性が589万人となります。これはアルコール依存症の疑いのある日本人の飲酒者が総計で1504万人に及ぶともいえ、つまり、約9人に1人がアルコール依存症かもしれないという計算となります。

(参考)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2019np/index.html

また、一度に飲むアルコールの量が多くなくても、習慣的に飲んでいる人もの数も含めると、つまりアルコール人口で考えると、なかりの数になるのは事実です。


■アルコールによる二日酔い肌

アルコールを飲んだ翌日は、なんらか肌のトラブルを感じる人は少なくありません。
男女412名へのアンケート「どのような肌の症状を実感したことがありますか?」に対し、「目の下のクマ」が非常に高く、ついで「肌の乾燥」「肌のたるみ」となり、肌トラブルが自他ともに一目でわかるものばかりです。


※調査機関:日本トレンドマップ研究所 2022年5月 対象:20代~60代の男女412名

そして「目の下のクマ」「肌の乾燥」「肌のたるみ」「にきび」「毛穴の開き」「肌の赤み」「色素沈着」…、アルコールを飲んだ翌日にでてくるこれらの症状を、「二日酔い肌」といいますが、実は曲者です。
二日酔い肌を放っておくと、また度重ねていると確実に老化肌へ導いています。


■アルコールによる老化肌の3大要因

アルコールがもたらす老化肌、大きな3つのデメリットをみてみましょう。

注目は肝臓です。アルコールは、特に肝臓にダメージを与え、肝臓は肌の機能と密接に関わっているため、肝臓が痛めば、肌に現れます。




1).脱水症状
アルコールには利尿作用があり、頻繁な排尿を促すことで体内の水分量を低下させます。またアルコールは肝臓で分解される際にも水が必要になるため、より脱水症状となり、肌から水分を奪っていきます。
さらに、水分を再び吸収するのを助けるホルモンの生成も阻害するため、アルコールを飲むと、水分を強制的に排出し、体が自ら潤いを取り戻すのを困難にしてしまいます。

水分に着目する理由は、肌には水分を保持して潤いと弾力性を保つヒアルロン酸が含まれていますが、体内の水分量の低下に伴いヒアルロン酸量も減少し、むくみや乾燥、皮膚の薄い顔や首や手などにシワができる原因となります。
また、水分不足から、より多くの皮脂が分泌されニキビなどの原因に。特に長期のアルコール摂取はヒアルロン酸の減少につながるため要注意です。目の下のクマも脱水によって引き起こされています。


2).肌のサビである「活性酸素」



金属がサビるように、肌も「活性酸素」によって酸化します。酸化は老化のもとで、たるみやシミを引き起こしますが、飲みすぎると、肌の老化の原因「活性酸素」が増えてしまうのが問題なのです。

アルコールは肝臓で分解されますが、肝臓は代謝・解毒・消化といった働きにおいて血液によって運ばれる酸素を消費し、活性酸素を発生させます。肝臓を飲酒によって過度に働かせると、活性酸素が大量に発生します。

その結果、皮膚細胞が酸化してメラニン色素を誘発してシミができたり、皮脂が酸化してニキビが悪化する原因にもなります。さらに、肌の真皮層のコラーゲンなどが破壊され、シワ、たるみなど老化肌を引き起こすのです。

【3】肌のコゲとよばれる「糖化」

糖化とは、余分な糖がたんぱく質と結びつき、たんぱく質を変性、劣化させていくこと。体内のたんぱく質は、臓器、皮膚、筋肉、血管など体を構成する重要な要素、つまり、糖化により体を構成するさまざまな要素が劣化していくのです。
具体的には、糖化が進行していくプロセスで生成されるAGEが、老化を促進させることが明らかになっています。

AGEは、お酒で体にたまっていきます!!
アルコールが分解される過程で生まれるアセトアルデヒドが体内のたんぱく質と結合することで、AGEがどんどん生まれてしまうのです。



AGE量が増えると、肌の下にある、弾力を与えているコラーゲン繊維に絡みつき、弾力を奪っていきます。肌の弾力が失われれば、シワ、くすみ、血色不良など、女性にとってはありがたくない作用が肌表面にどんどん現れます。

お酒は老化を進行させる、老化肌をもたらすと言われる所以なのです。

そして…

アルコールがもたらす老化肌の要因である、脱水症状による肌のヒアルロン酸不足、酸化、糖化によるシワ、シミ、たるみ等の対策に、ブロッコリーの新芽に含まれる有用成分「スルフォラファン」が効果的であることが研究で明らかになっています。


■抗酸化、抗糖化、そして体内でヒアルロン酸を産生、老化肌に対抗する注目の成分「スルフォラファングルコシノレート(SGS)」

「スルフォラファン」は体内で「スルフォラファングルコシノレート略:SGS)」が分解されたものです。この「スルフォラファングルコシノレート(略:SGS)」は、ブロッコリーに豊富に含まれている成分で、老化肌対策はもちろん、肝臓ケア・そして抗がん作用も期待できる成分です。

ご覧のように、ブロッコリーに含まれるスルフォラファングルコシノレートはダントツで、ブロッコリーはスーパーフードです。


そしてスルフォラファンは、抗酸化力で肌のコラーゲンを保ちたるみ対策、抗糖化作用でシワ・シミ対策を行い、真皮のヒアルロン酸を産生し、1つでアルコールによる老化肌に対抗するパーフェクトな成分とも言えます。

高級なコスメでも肌の表皮の部分にしかアプローチできず、体内のケアができていなと効果的とは言えません。スルフォラファンで体内からアプローチし、アルコールによる老化肌に根幹から対策できることは、老若男女問わず、アルコールの愛飲者問わず、魅力的なアンチエイジング対策と言えます。

スルフォラファングルコシノレートは、20mg/日摂取することが推奨されていますが、20mg摂取するには、ブロッコリー1株を毎日摂り続ける必要があります。昨今の野菜高騰の観点から価格的にも、また食生活の観点からも現実的ではありません。



そこで研究開発を重ね、特許製法(※)によりブロッコリーの種子からスルフォラファングルコシノレート(SGS)を抽出、13%以上と他社に類を見ない高配合のエキス末の開発に成功しました。

※Publication of CN103436565B 「A method for extracting & separating glucoraphanin (sulforaphane glucosinolate) from broccoli seed」

安定的なスルフォラファングルコシノレートの状態で製品化しているため、 カプセルや錠剤だけではなく、 飲料等の様々なアプリケーションでご使用いただくことが可能です。

そしてスルフォラファングルコシノレートは、アルコールを楽しむ際の老化肌対策だけでなく、日ごろの美肌対策に、そして肝臓ケアや抗がんなど、私たちが毎日摂りたくなる成分です。


お問合せ先:
会社名 : ManNAcプラス株式会社
所在地 : 東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビルUCF501
代表者 : 代表取締役 吉村 亮太
事業内容 : 健康食品及びサプリメントの企画、製造、販売
Webサイト : https://mannac-plus.co.jp/
担当者 :櫻井(サクライ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)