食品・飲料 流通

トップシェフ監修のこだわり幼児食「ITADAKU」2022年6月7日(火)より厳選野菜を使用した季節のポタージュを新発売

All Food Japan株式会社
~2022年6月7日(火)から6月15日(水)までの10日間、数量限定でお得な半額セットも販売~

All Food Japan株式会社(代表取締役:後藤知宏 本社:東京都江東区)が展開する、素材の味を活かしたハイエンドな幼児食『ITADAKU』( https://itadaku.jp/ ) は、2022年6月7日(火)より、赤蕪、菊芋、空豆、ハロウィンスイート、人参を使用したポタージュの新商品を発売します。



幼少期から食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付ける「食育」に関心を持つ人は83.2%※と、子育ての中でも「食」の領域が、昨今注目を集めています。なかでも味覚においては、3歳までに培われたものが人の一生の味覚傾向を左右すると言われています。「ITADAKU」では、トップシェフ監修のもと、グランメゾンでも使用されるグレードの厳選された野菜を使用し、素材の味を活かしたレシピを開発しています。お子様の味覚をつくる大切な時期に、ご自宅にいながら本物の味に触れる食育の機会を体験することができます。

「ITADAKU」の商品は、普段一流レストランにしか流通しない専売農家でつくられる有機栽培の無農薬野菜を使用しています。そのため、香りがよく、味が濃いのが特徴です。お子様が嫌がる野菜特有の青臭さなどがなく、ねっとりとした濃厚な甘味に加え、大きさや形にもこだわることで食感のよさを演出しました。大人が食べても大満足な、食べて楽しい、一流レストランで提供されるクオリティの商品です。

※農林水産省.「我が国の食生活の現状と食育の推進について」(参照2022-06-01)https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/attach/pdf/index-56.pdf

Springー野菜のポタージュ 5食セット 9,900円(税込)
https://itadaku.jp/products/puree-set-2022-spring

一流シェフが、お子様向けに、親の目線でレシピを監修しました。大人にもご満足いただける、“料理”としての完成度を追求した、5種類の野菜をつかったポタージュです。

■人参のポタージュ(レシピ監修:TACUBO/ 田窪大祐シェフ 農家:ボヌムテッレ)

人参の水分をしっかりと抜くことで、人参の甘みをギュッと凝縮させ、皮も使用することで、旨味と栄養素を残します。シンプルだからこそ、使用食材の分量、丁寧な工程にこだわり、人参の甘みを前面に出したポタージュに仕上げました。

■菊芋のポタージュ(レシピ監修:ラチュレ / 室田拓人シェフ 農家:農園ふくわらい)

菊芋をじっくり炒めることで旨味を引き出し、炒めたベーコン(無添加)とたまねぎを加えることで、コクとまろやかさを出しました。熱を加えると甘みと香りが引き出される菊芋は、ビタミンやミネラルも豊富です。普段なかなか味わう機会のない菊芋の美味しさをシンプルにご堪能下さい。

■ハロウィンスイートのポタージュ(レシピ監修:リストランテホンダ / 本多哲也シェフ 農家:高農園)

ハロウィンスイートはサツマイモの一種ですが、普通のものよりβカロテンが100倍含まれていることから、健康サツマイモとも呼ばれています。熱を加えることで綺麗なオレンジ色に変わり、甘みと香りが際立ちます。滑らかな舌触りも特徴的で、今回はベーコンとたまねぎ、少量の塩を加えることで、シンプルながらに洋風のコクのあるポタージュに仕上げました。

■空豆のポタージュ(レシピ監修:ル・スプートニク / 高橋雄二郎シェフ 農家:高農園)

空豆の香りと旨味を引き出すため、時間をかけて火にかけた玉ねぎ・ブイヨンとともに炒めます。空豆だけでは色合いが薄いため、今回はほうれん草を加えているのもポイントです。ビタミンやカリウムも豊富な空豆の味わいや風味を前面に出しながらも、美しい色合いに仕上げました。

■赤蕪のポタージュ (レシピ監修:シンシア / 石井真介シェフ 農家:高農園)

赤蕪は皮ごと敷き詰めた岩塩の上でローストします。岩塩とともにローストすることで、赤蕪の甘みを引き出しました。皮・ヘタもついた状態で攪拌します。赤蕪を余すことなく使用することで、赤蕪の持つ甘みと香りの良さ、そして美しいピンク色をしたポタージュに仕上げました。

Springー野菜のポタージュ5食セット(2021年冬のポタージュ5食セット付)9,900円(税込)※40食限定
https://itadaku.jp/products/potage-set-2022-spring-campaign
Spring 野菜のポタージュ
Winter 野菜のポタージュ
今回新発売の、赤蕪、菊芋、空豆、ハロウィンスイート、人参を使った「Springー野菜のポタージュ」5食セットに加え、昨年冬に発売された、カブ、バターナッツかぼちゃ、紅あずま、じゃがいも、人参のポタージュを味わえる「Winterー野菜のポタージュ」を5食分、計10食分をお楽しみいただける、豊かな味わいの大変お得なセットです。2022年6月7日(火)から6月15日(水)までの10日間、40食限定の販売です。売り切れ次第終了となりますので予めご了承ください。

生産者プロフィール

■高農園(高 利充)

消費者に愛される野菜を。料理人に愛される野菜を。「能登島の愛情がこもった高農園の野菜」を伝えたい
石川県七尾市の七尾湾を塞ぐ形で浮かぶ島である能登島に位置する高農園では、農薬も化学肥料もほとんど使わない自然農法を採用した野菜づくりに取り組んでいます。高農園の2ヘクタールは、有機認証の畑を有しており石川県の認定を受けています。大地の力、能登島の力を利用して自然のまま育てることを大切に、愛情をたくさん注いで育てた野菜をお届けいたします。
※石川県の有機農産物認証制度認証済みです。

■北八ヶ岳 ボヌムテッレ(飯島 朋彦)

人びとの「健康」に資する存在であること。みなさまの食を支える存在であること。

旬の野菜を中心にハーブ類・食用花を含め年間200種類程を栽培し直接販売しています。
ボヌムテッレは「大地の良きもの」を意味するラテン語です。化学農薬および化学肥料を用いず、土耕栽培であること―この名前こそがわたしたちのありようです。
北八ヶ岳山麓の厳しい自然に寄り添い、美味しい野菜をお届けいたします。

■農園ふくわらい(高木 克弘)

「野菜を通して笑顔の"わ"が広がるように」という想いで作られる体温のある野菜

千葉山武市を拠点に70を超える品目の誰もが安心して笑顔で食べられる有機野菜を栽培しています。
化学肥料や農薬を使わず野菜を栽培をしているため、化学物質アレルギーや無農薬や無添加のモノしか食べられない人にも安心してお召し上がりいただけます。また、耕す畑がこれから何十年先も農地として生きていけるため”土への感謝”を大切に、完全植物性堆肥を使った農法で、土づくりを通して人にも土にも優しい野菜作りを目指しています。

監修シェフ

TACUBO・シンシア・リストランテホンダ・ラチュレ・ルスプートニクをはじめとする日本のグルメ業界のトップレストランに在籍しているシェフが監修しています。
※季節に応じて素材や料理が変更になるため、1年を通じてお楽しみ頂けます。

「ITADAKU」とは?(https://itadaku.jp/
世界に誇る日本のグルメ業界を牽引するトップシェフ達の中でも、現役の子育て世代のシェフを中心となって、レシピを監修。素材の味を活かしたハイエンドなミールパッケージに仕上げました。ミシュラン星付きや、予約困難な高級レストランで使われるグレードの厳選野菜を、スターシェフ達がお店で出せるクオリティにまで昇華しました。※いずれも数量限定販売。無くなり次第終了となります。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)