美容・健康 インテリア・雑貨

3月18日は “睡眠の日” 企業の健康経営のための「RISE 健康睡眠プログラム」始動

ライズTOKYO株式会社
~浜松町ビルディングにて高反発クッション体験スペースを同時オープン~

 機能性寝具を企画・製造・販売するライズTOKYO株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 宮崎 誠司)は、同社が推進する「健康睡眠プロジェクト」の一環として、企業の健康経営をサポートする「RISE 健康睡眠プログラム」を始動いたします。そのキックオフとして、3月18日(水)から4月末迄、 NREG東芝不動産株式会社の運営する浜松町ビルディング29階シェアオフィス:スケーラブルオフィスにて、ビル入居テナントに向けて睡眠の質を高めるライズのマットレスと同じ素材を使用した高反発クッション類を体験いただけるスペースをオープンいたします。



■「RISE 健康睡眠プログラム」立ち上げについて
 ライズでは、単に高反発寝具を販売するだけでなく、睡眠の重要性や、高反発マットレスがもたらす睡眠の質向上と、日中の活動への優位性を伝える「健康睡眠プロジェクト」の活動を行っています。厚生労働省が平成29年に発表した「国民健康・栄養調査」によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、男女とも40歳代で最も高く、それぞれ48.5%、52.4%で、働き盛り世代の睡眠が危惧される結果でした。働き方改革において、働く環境を整えるのは企業側のタスクですが、 睡眠を含む心身のコンディショニングにおいては社員のタスクで、個人差があります。コントロールが難しい「睡眠」の分野をお手伝いすることが、私たちライズの使命であると強く認識しております。

■スケーラブルオフィスとの取り組み
 NREG東芝不動産とのご縁は、2018年5月、同ビル3階のハマラボ!!!-浜松町研究所-で開催した『~ビジネスパーソンのための働き方・休み方改革~』イベントにさかのぼります。 ライズの高反発マットレスで仮眠がとれるスペースを設置、香りや自然音、照明など質の高い睡眠をとることのできる環境にこだわり、 日々多忙な業務に追われるテナントのワーカーに大変好評をいただきました。
 「企業の健康経営サポート」の一環として始める「健康睡眠プログラム」の延長線上に、働き方改革の目的でもある「生産性の向上」があります。「睡眠の質を高める」マットレスを考えているからこそ、仕事中の姿勢をサポートし「疲れにくく、腰やお尻に負担がかかりにくいため、集中できる」環境を作るサポートが出来る。そこでまずは、仕事のパフォーマンスを向上させたいと考えるビジネスワーカーに、ぜひ体験していただきたい商品を選定いたしました。
 「スケーラブルオフィス」内のワークスペースでは、オフィスチェアや打ち合わせスペースにライズの睡眠の質を高めるマットレスと同じ素材を使用した高反発クッション類を配置し、浜松町ビルディングテナントのワーカーに働く環境自体が快適になる体験をしていただきます。

■開催概要
開催日時:3月18日(水)~ 4月末迄(予定)
場所 :浜松町ビルディング29階スケーラブルオフィス内 ワークスペース(東京都港区芝浦一丁目1番1号)
内容 :ワークスペースにライズの高反発クッションを配置し、仕事中の負荷を軽減、仕事効率の向上をサポートします。
※スケーラブルオフィスは浜松町ビルディングのテナント様専用の施設です。




【スケーラブルオフィス 詳細情報】

「新規事業立ち上げのため、限られたメンバーのためにスペースを」、「短期的なプロジェクトのための部屋が欲しい」など、大規模オフィスの中では難しかった柔軟なスペース拡張を実現する、浜松町ビルディング入居テナント向けのシェアオフィス空間。
所在地 :東京都港区芝浦一丁目1番1号 浜松町ビルディング29階
問い合わせ先 :NREG東芝不動産株式会社
<公式サイト> https://www.nreg-tbc.co.jp/
※2020年4月1日より、会社名が変更となります。
(旧)NREG東芝不動産株式会社   (新)野村不動産ビルディング株式会社
<公式サイト> http://www.nomura-re-bd.co.jp/

【ライズTOKYO株式会社 企業情報】
世界中の人たちが睡眠を通じて健康的で快適な暮らしを実現できることを目指し、機能性に優れた良質な寝具を適正な価格で提供する寝具専門メーカー。
事業内容 :寝具、インテリア用品及び繊維製品全般の輸入販売、製造、販売
代表取締役 :宮崎 誠司
本社所在地 :東京都港区東新橋二丁目12番1号 PMO東新橋5階
<会社概要>  https://www.risetokyo.jp/f/company/profile
<公式サイト>  https://www.risetokyo.jp/
<スイミン・スイッチ>https://suimin-switch.jp/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)