医療・医薬・福祉 美容・健康

3月18日は睡眠の日、知っていますか?1.日本の成人約7,100万人は自分の睡眠に満足していない2.スポーツパフォーマンスと睡眠の関係

株式会社フィリップス・ジャパン

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は「2030年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

3月は睡眠の日が続きます。3月13日は『世界睡眠の日』、3月18日は『睡眠の日』。フィリップスは、正しい食事と運動に加え、よく眠ることが健康的な生活に重要であると考え、「世界睡眠の日」に合わせて2017年から全世界で睡眠に関する実態調査を実施しています。今年は、全世界13カ国の成人13,004人に実施した調査の結果から、成人日本人は平均で6.4時間睡眠、約7,100万人が自分の睡眠に満足していないことがわかりました。
睡眠時間に関しては平日(6.4時間)・週末(7.0時間)どちらも世界で最も短い結果でした。
調査の詳細については、(https://www.philips.co.jp/c-e/smartsleep/campaign/world-sleep-day.html)フィリップスの特設サイトをご参照ください。

睡眠はスポーツ分野においても、パフォーマンスの向上や、けが・病気の予防にとって非常に重要だと言うことは知られています。スタンフォード大学のバスケットボール選手についての報告では、十分な睡眠をとることで、スプリントのタイムが16.2 ± 0.61秒から15.5 ± 0.54秒と向上したり、フリースローやスリーポイントシュートの成功率がそれぞれ約9%増加したと言う定量的な結果に加え、集中力がアップした、活気が向上した、疲労が減少したと言う結果が報告されています。また、疲労の減少に関連し、十分な睡眠をとることで障害率(けが等)が約70%、風邪を引く確率が約30%減少したとも報告されています。フィリップスではスポーツ×ヘルスにもフォーカスし、健康な生活・予防をアスリートにも展開していくこととなりました。今年の第96回箱根駅伝で総合6位に躍進した明治大学体育会競走部に対し2019年12月より『SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド(2019年11月発売開始)』のテスト導入をしていただき、今年3月より正式にアンバサダー契約を締結し、本格的に製品提供を行うことで合意致しました。



明治大学の山本佑樹監督からは『今年の箱根駅伝では、なんとしてもシード権を獲得したかった。その中で睡眠に着目し改善に取り込もうと考えていた。そこにフィリップスのSmartSleep ディープスリープ ヘッドバンドの存在を知り、大会前にテスト導入を行った。本製品は睡眠の質の向上に着目した製品で非常に興味深く、また、睡眠の状態が可視化・定量的に評価できるところが非常に気に入っている。3月より正式にアンバサダー契約を締結し製品提供をしてもらうので、今後、睡眠の質と選手のパフォーマンスの可視化や選手をけがから守る取り組みの強化を行い、改めてフィリップスと共同で結果を発表したいと思っている。』とコメントを頂きました。




フィリップスはプロフェッショナルから学生までの幅広いアスリートの方々に対し、けがの予防と最大のパフォーマンスを発揮できるための睡眠の製品・サービスの開発につなげていきたいと考えています。SmartSleepについてもより幅広いビジネスパーソン・アスリートの方々により快適にご使用いただくために、4月下旬ごろを目途に現行のサイズよりも一回り大きいLサイズのラインナップも増やし、その後ディープスリープ ヘッドバンド以外のSmartSleepラインナップも国内に導入を予定しています。
SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンドの詳細については(https://www.philips.co.jp/c-e/hs/smartsleep-deep-sleep-headband.html)フィリップスキャンペーンサイトをご参照ください。
フィリップスはこれからもスリープテック領域を牽引する先進的なソリューションをご提供してまいります。

フィリップスについて
フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2019年4月1日よりフィリップス・レスピロニクス合同会社と統合し、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいるヘルステックカンパニーです。今後、病院で使用されるフィリップスの先進医療機器やパーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がることで、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供していきます。医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指します。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2018年の売上高は181億ユーロ、オランダを拠点に全世界に80,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会