医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

保育園向け安心・安全の離乳食・幼児食食材キット「baby’s fun!(ベビーズファン)」が食育サポート「食Labo(ショクラボ)」を提供開始

株式会社sketchbook
全国、250施設以上のユーザー保育園様向けに年間食育計画に基づく食育コンテンツの提供を実施

保育園向け給食支援サービス「baby's fun!」(以下ベビーズファン)を運営する株式会社sketchbookは、保育園給食の効率化の一環として食育サポート「食Labo(ショクラボ)」を開始します。年間食育計画や月齢に合わせた食育コンテンツを提供し、子ども達がより食に興味をもつような体験や保育園で働く職員が子どもたちと向き合う時間がとれるような職員向けサポート機能を追加いたしました。





【提供の背景】
日本は世界でも有数の長寿国といわれる一方、近年ではがんや心臓病、脳卒中といった生活習慣病の増加もみられます。子ども達においても、偏った食事や朝食の欠乏などによる食生活の乱れや肥満・痩身傾向といった健康にまつわる問題が深刻化しています。

このような食生活をめぐる様々な問題を踏まえ、国民の食生活の方向性を示す食生活指針を起点とした食育基本法が2005年に制定され、現在では、食育基本法に基づいた食育プロモーション計画「第4次食育推進基本計画」が2021年(令和3年)よりスタートしています。

こうした背景から、保育園では、保育所保育指針に示されているように、食育のより深い理解と食育計画の作成と活用を求められています。
しかし、多くの保育施設では様々な業務と並行しているため、食育計画を考える時間が十分に取れず立案が難しい、また媒体等を準備する時間も限られているため実施ができないなど、食育をしたい意思はあるものの、計画・実施が負担となっているという状況が見受けられます。

このような保育施設の状況から、当社が年間計画に沿った食育コンテンツを提供することで、園の意向に沿った形で子ども達に食育が行えるようになります。


【ベビーズファンが提供する「食Labo」とは】
「子ども達が自分の”おいしい”に出会う体験を作る」をコンセプトに、食育年間計画に合わせて、誰でもすぐに子ども達の発育に沿った食育が行える食育コンテンツを提供しています。

食Laboは4つのカテゴリーに分け、先生達が好きなものを選べるようにしています。
Listen:食に興味を持つ(紙芝居や絵本、パネルシアターなど)
Try:食材の特徴や生態、調理による化学反応を知る(調理保育、栽培など)
Play:友達と一緒に楽しく遊ぼう(カルタ、ぬりえ、制作など)
Look:オンラインを通じて保育園の外の食と繋がろう(生産者さん見学、工場見学など)

保育園で食育経験のある管理栄養士が食Laboを監修しており、
子どもの月齢に合わせた食事の目標を立てており、目的をもって食育を行うことができます。


【食Laboの使い方】
先生たちが好きなコンテンツを選び、印刷してそのまま使用できます。
食育内容を考えたり、媒体を準備する必要がありません。
子ども達の発育に合わせた使い方の工夫や、子ども達に話しかける内容にフォーカスできるのが特徴です。


【提供への想い】
ベビーズファンは「子どもと子どもに関わる人をHAPPYに」をビジョンに、給食室の作業効率化を測る自園調理キットを販売して参りました。自園調理キットを販売する中で「子ども達に食育をしたいけど、何をしたらいいかわからない」「教材を作る時間がない」などのお声をいただきました。ベビーズファンは食材を販売するだけでなく、作業を効率化した先の給食室のあり方や食育をしたいという先生たちの想いをサポートしたいと考えております。食Laboは、先生たちが子ども達の食を豊かにするための1つのツールとして使っていただけると嬉しいなと思っております。


【会社概要】
社名:株式会社sketchbook
設立:2020年7月10日
代表取締役:多田出 昇
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-24-14中山マンション102
URL:http://babysfun.jp/
問合先:info@babysfun.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)