医療・医薬・福祉 その他

美しい森、土、水の恵みと薬づくりを未来へつなぐ

日野製薬株式会社
長野県木曽で豊かな自然の恵みと薬づくりを未来へつなげるプロジェクトを実施

日野製薬株式会社(本社:長野県木曽郡、代表取締役社長:石黒和佳子、以下日野製薬)は、信州木曽の地において、古くから伝わる胃腸薬の百草(ひゃくそう)、百草丸(ひゃくそうがん)をはじめとする生薬製剤を製造、販売しています。百草、百草丸の主成分は生薬オウバクであり、ミカン科の落葉高木「キハダ」の周皮を除いた樹皮です。木曽の豊かな自然と風土の中でキハダを大切に育て、将来の薬づくりに生かし、多くの方々の健康長寿にお役立ていただきたいとの願いを込め、日野製薬はキハダの植樹に取り組んでいます。 創立75 周年を迎える本年、5 月20 日(金)、23 日(月)の2 日間に亘り、地域行政、団体、学校、企業のご協力により、キハダの植樹ならびにキハダ植樹体験学習を行いました。





【実施概要】
■5 月20 日 キハダ植樹
●日時:5 月20 日(金)8:00~12:00
●場所:やぶはら高原スキー場 ゲレンデ跡地
●苗木本数:900 本
●実施概要:
日野製薬本社の所在する木祖村やぶはら高原スキー場ゲレンデ跡地に、キハダの苗木を900 本植樹しました。地域の行政、団体、企業にご協力いただき、弊社社員を含む総勢34名で、キハダの苗木を一本一本植えました。急な斜面での作業でしたが、天候に恵まれ、無事に植樹を行うことができました。




■5 月23 日 キハダ植樹体験学習(木祖小学校5, 6 年生による)
●日時:5 月23 日(月)9:00~15:30
●場所:木祖小学校隣接の山林
●苗木本数:120 本
●実施概要:
木祖村立木祖小学校の5、6 年生とキハダ植樹体験学習を行いました。「未来へつなぐ」をテーマとし、36 名の子ども達と百草・百草丸や生薬、キハダについて学習し、キハダの苗木を120 本植樹しました。未来を担う子ども達が、木曽の豊かな森、土、水の恵みや、薬草を用いる先人の知恵など、木曽の宝物を知り、未来へ継承する一助となればと考え、多くの方々のご支援・協力により今年初めて開催しました。子ども達がキハダの樹皮、実、種に興味を持ち、快晴の青空の下、懸命に穴を掘り苗木を植樹し、きらきらとした笑顔を見せてくれたことに、社員一同うれしく、良い薬づくりにかける思いを新たにする機会となりました。




【日野製薬の百草・百草丸】
日野製薬は、ミカン科の落葉高木キハダの周皮を除いた樹皮である生薬「オウバク」を主成分とした生薬製剤「百草」「百草丸」を製造、販売しています。
「百草」は、江戸時代に木曽御嶽開山の修験者によりもたらされたと言われる民間伝承薬です。霊峰木曽御嶽山の御霊薬とも称され、胃腸疾患に幅広く用いられてきました。オウバクを熱水で煮出して煮詰め、板状に固めたエキス剤で、添加物を一切含みません。弱った胃腸に作用し、下痢を整え、便通を正常にし、胃腸全体の機能を整えます。
この「百草」に複数の生薬を組み合わせ製剤化したのが「百草丸」です。日野製薬の「日野百草丸」は7種類の生薬を配合した胃腸薬です。健胃・胃腸・粘膜修復の三つの働きにより、胃腸の調子を整え、不快な症状を改善し、健康な胃腸へと導きます。オウバク特有の苦味が消化管運動を促進します。



【キハダ植樹に込める想い】
百草、百草丸は先人から伝えられた大切な薬です。これらの生薬製剤をつくり続け、未来に継承するためキハダは欠かすことができません。しかし国内産のキハダは年々採取量が減少しています。これに対してまずできることは、自らキハダを植樹し、成長を見守ること、そして薬用に用いる樹皮のみならず材、実、葉まで含めてキハダ全体を利活用する方法を模索し、実現することと考えております。また、キハダの植樹から成長までの長年の年月を、キハダ、及び木曽の森、土、水についての学びの期間ととらえ、情報の収集、蓄積、発信ならびに学習機会の提供に寄与することを目指しております。
木曽は古くから薬草の宝庫として知られてきました。「私たち日野製薬が今日あるのは木曽の自然の恵みと人々のお陰」と考えております。また「社業を通して社会に奉仕する」は創業者日野文平より受け継がれてきた精神であり、日野製薬の企業活動の目的です。天然の生薬を用いた民間伝承薬は、人類の経験に基づき導き出され現代まで受け継がれてきた薬です。病気の予防や疾患の治療および予後の健康維持に活用していただくのに適しており、また「自らの体は自ら守る」というセルフメディケーションに役立てていただくのにも適した薬といえます。木曽の自然の恵み、先人の知恵、郷土そして薬づくりにかける想いを、未来へつないでいくことが、日野製薬の使命であると考えております。



【未来に向けて】
今年日野製薬は創立75 周年を迎えます。日頃よりお世話になっております多くの皆様お陰と心より感謝申し上げます。この節目の年にキハダを植樹することができ、大変有難いことと感じております。キハダの成長には約25 年の歳月を要します。創立100 周年を迎える時に、今回植樹したキハダで百草、百草丸をつくり、お客様にお届けすること、更に成長した子ども達にプレゼントすることが私どもの夢です。自然の恵みを用いて健康を維持することは、先人から伝わる大切な暮らしの知恵であり、持続可能な社会の実現に寄与するものであると考えております。日野製薬では百草・百草丸づくりを通してこれに貢献すべく、社員一同より一層社業に精励し、研鑽を積んで参りたいと存じます。



2022 年度キハダ植樹 活動報告>https://hino-seiyaku.com/blog_crude_drug/food/post_83.php
2022 年度キハダ植樹体験学習 活動報告>https://hino-seiyaku.com/blog_crude_drug/crude_drug/post_82.php
2021 年度(昨年)キハダ植樹活動報告>https://hino-seiyaku.com/company/news/info/post_29.php


【会社概要】
●会社名:日野製薬株式会社(https://hino-seiyaku.com/
●設立:昭和22年7月
●資本金:3,000 万円
●代表者:石黒 和佳子
●所在地:長野県木曽郡木祖村薮原1598 番地
●事業内容:医薬品の製造及び販売・医薬部外品の製造及び販売・直営店舗の経営


【本件に関するお問い合わせ】
●日野製薬株式会社お問い合わせフォーム
Tel:0120-36-3310(平日8:00~17:00)
Mail:info@hino-seiyaku.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)