美容・健康 流通

【宏福商事】一般社団法人日本カンナビジオール協会に会員として加入!高濃度CBD『CBD CANNA』(R)️販売中!

宏福商事合同会社
CBDアイソレート及びブロードスペクトラム原液PASTEの原料販売!OEM及び正規販売代理店募集中!

和牛・清酒などの日本食品と衛生用品を中心に貿易事業を営む宏福商事合同会社(東京都荒川区)は今話題の産業用ヘンプである大麻草の成熟した茎や種のみから抽出・製造されたTHCフリーの高濃度カンナビジオール(CBD)を海外の厳選した工場から正規輸入原料販売をしております。また、一般社団法人日本カンナビジオール協会の会員であることをお知らせいたします。 ▼宏福商事合同会社|公式ページ: http://kofukutrading.com/ ▼宏福商事合同会社|お問い合わせ:info@kofukutrading.com




一般社団法人日本カンナビジオール協会の目的
現在、国際社会において大麻を取り巻く環境は大きく変化しようとしています。
2018年4月現在で医療用大麻を合法化している国は28カ国に及び、2018年11月にはカナダで大麻の合法化が行われました。
WHOによる大麻の再評価はその一例となっています。
しかしながら日本国内では大麻取締法、麻薬取締法などにより、医療用としての使用が制限されています。
そのため日本国内の大麻研究者が少なく、海外と比較しても研究が遅れていると言わざる得ない状況となっています。

本研究会では国内で安全に使用することが認められているカンナビノイドの一つ「カンナビジオール」の基礎及び臨床研究の推進、更には各カンナビノイドの研究を目的としています。
医療用大麻の有効成分の一つであるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は本協会テーマとして扱うことはありません。
カンナビジオールが大学や企業において法的、倫理的に問題なく研究が進められる環境を整備することで、
既存の医療を補完する医療技術の開発、発展につながることを目指しております。
                            一般社団法人日本カンナビジオール協会
                                  代表理事 伊藤 俊彦

■協会概要






商標登録取得済み「CBD CANNA」(R)️が選ばれる5つの理由
1.海外最大手メーカーからの輸入
2.安心できる検査及び管理体制
2-1.厚生労働省の審査済み
2-2.検疫所へ食品等輸入届出書提出済み
2-3.税関の輸入許可
2-4.国内外第三者機関検査済み
2-5.審査済みロットナンバー管理の徹底
3.PL保険加入で安心万が一の為の保険にも加入し安心
万が一の為の保険にも加入し安心。
4.業界最安値に挑戦!嬉しい低価格原料輸入元だからできる低価格設定!
原料輸入元だからできる低価格設定!
5.選べるグラム数(1g.2g.3g.5g)※1gはお試し、グラム数が増えるほどお得!
※1gはお試し、グラム数が増えるほどお得!







【宏福商事合同会社について】
本社:〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-13-6-A103
設立:2018年12月
URL: http://www.kofukutrading.com
事業内容:貿易業


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:宏福商事合同会社
担当者名:関
TEL:090-2382-8021
Email: acsjapan@kofukutrading.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)