美容・健康

水に溶かして美味しく飲めるHMBの独自製法が特許取得!筋トレを頑張る人に向け、効率的な身体作りをサポート

株式会社島田製薬
健康食品・サプリメントの企画・製造・販促を手掛ける株式会社島田製薬(所在地:静岡県富士宮市、代表:菅原 剛)ではこの度、当社が開発した「HMBCa含有顆粒の製造方法」が特許を取得したことをお知らせします(特許第7011300号)。それに伴い、この独自製法を用いたOEM製造も開始いたしました。





特許取得について



島田製薬では、2017年にHMBCa含有顆粒の製造方法の特許申請を行い、2022年遂にその申請が認可され、特許取得が実現しました。(特許第7011300号)

HMB(正式名称:β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)とは、筋肉の合成作用の促進と分解作用の抑制、さらには脂肪減少作用など、プロテイン以上に効果が期待される代謝物です。本来このHMBは顆粒にすることが困難で、HMB商品の市場は基本的に錠剤で販売されていました。

HMBは流動造粒の工程で、他の原料の比重が重いので流動層内でHMBCaと他の原料がうまく結合しない、HMBCaが比重の軽い微粒子のため舞い上がってしまうので充填が難しい、独特な臭いや苦味がある、など有用成分があるにも関わらず取り扱いが非常に難しいものです。

そこで、造粒工程でHMBCaと他の原料を結合させ比重差をなくすことで、流動造粒の工程を可能にしたことが今回の特許出願の技術です。

これにより、独自の製法で顆粒にし水に溶けやすく、従来のHMB商品特有の風味を抑えたおいしく飲めるHMBを造ることに成功しました。

今回の独自製法を用いれば、HMBを水分補給と同時に美味しく摂取し、無理なく効率的に身体作りに励むことができます。


開発の背景と今後

これまでHMB製品は錠剤が主流で、ドリンクタイプや水と一緒に飲むタイプのものは市場にあまり存在しませんでした。また、数少ないこれらの商品も、独特な臭いや苦みがあり美味しさに問題を抱えていました。

そこで、毎日HMBを“美味しく“飲んで、健康に過ごしていただきたいという想いから、この開発が始まりました。

特に昨今では、長引くコロナ禍でより人々は健康志向になりました。自宅やジムで筋トレ・運動を始めた人も多くいます。そのような状況の中、この新しいHMBCaの製造方法は人々の身体作りにますます貢献し、健康をサポートします。

なお今後はOEMによる受託開発を中心に、HMBCa含有顆粒の製造技術を展開してまいります。レモン、グレープフルーツ、ライチ、カシス、ライム、梅など様々な味の種類もご用意可能なので、お気軽にお問合せ下さい。(▷http://www.shimada-seiyaku.co.jp/form/



□会社概要
会社名 :株式会社島田製薬
本社 :〒418-0007 静岡県富士宮市外神東町194-2
代表者 :菅原 剛
事業内容:健康食品・サプリメントの受託製造OEM
会社HP :http://www.shimada-seiyaku.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)