出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

【上咽頭を鍛えると、病気が防げる!】鼻の奥の【上咽頭】は、ウイルスなどから体を守る強力な免疫装置。鍛えると、脳の不調も改善

株式会社世界文化社
2020年3月20日(金)発売『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』

株式会社世界文化社(東京都千代田区九段北/代表取締役社長:鈴木美奈子)は、書籍『自律神経を鍛えたいなら上咽頭を鍛えなさい』を2020年3月20日(金)に発売いたしました。





慢性的な頭痛、異常に疲れる、寝つきが悪くて睡眠不足…こういった原因不明の心身の不調を抱える患者さんの鼻奥を調べると、上咽頭(じょういんとう)という場所に炎症が認められます。上咽頭は免疫の関所であるとともに自律神経のコントロールにも密接に関わっています。
本書は、これまであまり注目されることがなかった、鼻の奥ののどの異常である「慢性上咽頭炎」とそれに深い関係がある脳の機能障害にスポットを当て、その不調を解消するメソッドを示した1冊です。



免疫や自律神経に深くかかわる「上咽頭」

上咽頭は、鼻から吸い込んだ空気が最初に通る関所であり、健康維持に重要な働きをする自律神経系や免疫系とも深い関係を持つ健康の土台を作る重要な場所です。この土台が傾くと、さまざまな不快症状や病気を引き起こしやすくなることも。
つまり、上咽頭を常に健康に保ち、炎症を起こさないようにケアすることが、免疫力の高い、ストレスに強い健康な体を作ることにつながるのです。




カゼやウイルスに負けない体づくりを!自分でできる上咽頭の鍛え方

上咽頭は毎日の簡単なセルフケアと耳鼻科領域の治療で鍛えられます。常に細菌やウイルスに接していて、じめじめと湿っている上咽頭は、炎症を起こしやすく、ストレスに弱い場所。本書では、おうちでも簡単におこなえる上咽頭のケアや日常生活で気をつけるポイントを紹介しています。


■鼻奥まで丸洗いできる「鼻うがい」
上咽頭を含めた鼻腔全体を直接洗い流す鼻うがいは、のどからのガラガラうがいよりもカゼなどの予防効果が高く、オススメです。鼻腔全体のほこりや花粉などのアレルゲンを洗い流すことができ、鼻の粘膜を洗うことによって、鼻詰まりなどの不快感も解消できます。



<著者プロフィール>
堀田 修(ほった おさむ)
堀田修クリニック院長・医学博士/NPO 法人日本病巣疾患研究会理事長/日本腎臓学会評議員
IgA腎症根治治療ネットワーク代表/東北医科薬科大学医学部臨床教授

1957年愛知県生まれ。83年、防衛医科大学校卒業。88年、IgA腎症の根治治療として扁摘パルス療法を米国医学雑誌『AJKD』に発表、日本のIgA腎症治療に変革をもたらした。「木を見て森も見る医療」をモットーに、扁桃、上咽頭、歯などの病巣感染(炎症)が引き起こすさまざまな疾患の臨床と研究に力を注ぐ。

<目次>
第一章 上咽頭を鍛えると、不調は治る
第二章 薬に頼らず脳の不調を治す上咽頭擦過療法(EAT)
第三章 自分でできる! 上咽頭の鍛え方
第四章 こんな病気にEATが効く!
第五章 EATで不調が治った! 症例報告

<刊行概要>
『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』
■発売:2020年3月20日(金)
■定価 :1,200円+税
■発行 :株式会社 世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418194371
※一部書店により発売日が異なります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)