医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

Crowd Care(クラウドケア)のブランドメッセージを「介護の手を、正しくつなぐ。」に設定し、サービスサイトをリニューアル

株式会社クラウドケア (CrowdCare)
リニューアルに際し、期間限定キャンペーンを実施

 ネットで簡単に頼める訪問介護・家事・生活支援サービス「Crowd Care(クラウドケア)」を運営する株式会社クラウドケア(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小嶋潤一)は、この度ブランドメッセージを「介護の手を、正しくつなぐ。」に一新し、サービスサイトをリニューアルいたしました。また、リニューアルに際し、6月14日から7月15日までの期間限定で「新規登録キャンペーン」を実施し、50%割引クーポンを配布いたします。  テクノロジーを活用して介護の手をつなぐマッチングプラットフォームサービスとして、正確性と誠実さの調和を実現し、「早く、正しく。ネットで介護を頼むなら、クラウドケア。」という介護のニューノーマルを引き続きつくってまいります。


-ステートメント-



介護業界の課題と「介護の手を、正しくつなぐ。」というブランドメッセージに込められた想い

 超高齢化社会が進む日本では、介護職の人材不足による介護難民、家族の介護を理由に仕事を辞める介護離職など、介護に関するさまざまな課題があります。2025年には全人口の30%以上が65歳以上になり、介護職員が約32万人不足するという統計情報もあり、必要とする人に、きちんと介護を届けていくことが、重要なテーマとなります。

また、介護保険制度にはさまざまなルールがあり、保険制度内で介護を受けられない日常的なシーンが多々あります。そのため、介護の現場では、自分らしい暮らしを最後まで続けたいという高齢者のニーズに対しては、十分に介護の手をつなげられていない現状がある、と私たちは考えています。実際に、共同創業者の小嶋と桐山は介護現場での実務を経験していますが、介護保険制度のルール外のニーズには応えられないことで歯がゆい想いをしたことが多くありました。介護が必要な人がよりウェルビーイングな暮らしを続けるためにも、ルールにしばられることなく、介護スキルを持つ人と介護が必要な人をつなげるシステムや環境づくりが求められています。

 クラウドケアは現状の課題を解消するため、2016年の創業時からシェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォームを開発。低価格で利用可能な介護保険外の自費訪問介護ヘルパーサービスを提供するフロントランナーとして、介護スキルを持つ方と介護が必要な方をインターネット上でマッチングしてきました。

―CrowdCareの広がりー
                
 そんな中で、最も重要視してきた点が「正確性と誠実さ」のバランスです。そのバランスを追求し、ネットで簡単に、質の高い介護サービスを提供してきました。
 「正確性」では、介護の現場で培ったノウハウをシステム化し、テクノロジーを活用した独自のマッチングシステムを開発。問い合わせのあった介護ニーズに対して、マッチするヘルパーを迅速かつ正確につなげることを可能にしました。「誠実さ」の部分では、ヘルパーの登録時に、介護スキルだけでなく根本の人間性を重視する採用基準を設けた対面での面接を実施。その結果、質が高く、まごころこもったサービスを提供できています。

 テクノロジーだけを追求すれば、今までよりもマッチングを増やすことは可能かもしれませんが、介護というサービスの特性上、ヘルパーとのミスマッチが思わぬ事故やケガを誘発してしまいます。そのため、クラウドケアは、「介護の手を、正しくつなぐ。」をブランドメッセージに設定し、テクノロジーを活用した正確性と誠実さを掛け合わせた、正しいマッチングを今後とも提供してまいります。


ネットで簡単に頼める訪問介護・家事・生活支援サービス「Crowd Care(クラウドケア)」について 

 「Crowd Care」は、シェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム。依頼ごとにヘルパーをマッチングして、介護スキルを持つ貴重な人材をシェアしていく仕組みです。シェアリングエコノミーの仕組みとテクノロジーを活用することで、依頼者は介護保険外の自費訪問介護ヘルパーサービスを低価格でご利用いただけます。また、介護職として働いている方はもちろん、介護の仕事から離れてブランクがある方、未経験の方も、隙間時間を使って自分のスキルや都合に合わせてヘルパーとして働くことが可能です。
※シェアリングエコノミーとは、個人が保有するスキル・モノなどを必要な人に提供・共有するほか、インターネットを介して個人間で取引する、新しい形態のサービスを指します。




【取扱サービス】
・訪問介護・家事・生活支援サービス 1時間あたり2,750円~3,300円(税込/交通費別)
・買物お助けサービス(買物代行)  1ヶ所あたり550円(税込/交通費別)

▼介護サービスの当たり前を変えた、ネットで介護を頼める訪問介護マッチングサービス「CrowdCare」が生まれた理由
https://prtimes.jp/story/detail/ErQgowsXvLB


サービスサイトリニューアル

 ブランドメッセージの一新に伴い、サービスサイトをリニューアルしました。正確性と誠実さに加え、温かみが伝わるようなデザインを意識しております。また、ユーザー、ヘルパーともに使いやすいサービスを目指し、必要な情報に円滑にアクセスできるようUI/UXを改善しました。
URL:https://www.crowdcare.jp/
サービスサイト メインビジュアル



「新規登録キャンペーン」を実施                          

 サイトリニューアルに際し、6月14日から7月15日までの期間限定で、「新規登録キャンペーン」を実施いたします。期間内に利用できる50%割引クーポンを配布いたしますので、ぜひこの機会にご利用ください。キャンペーンの詳細については以下よりご確認ください。
URL:https://www.crowdcare.jp/news/information/price-off-campaign_202206/


会社概要

商号  : 株式会社クラウドケア
代表者 : 代表取締役CEO 小嶋 潤一
所在地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-1 PMO渋谷II 2階207
事業内容: 訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム「CrowdCare」の運営
設立日 : 2016年8月2日
資本金 : 8900万円(資本準備金含む)
URL   : https://www.crowdcare.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)