医療・医薬・福祉

心療内科・精神科/初の診療メニュ―

医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック
「eスポーツ外来診療の開始」

この度、医療法人社団TLC医療会ブレインケアクリニックは、心療内科・精神科業界初の新しい診療内容(※1)として 「eスポーツ外来」をスタートいたしました。 この「eスポーツ外来」とは、eスポーツを始めとする、コンピューターゲーム(メタバースなどオンライン上の活動・遊戯性、コミュニケーション技術を含む)に取組むことで発生するさまざまな心身の不調を改善し、eスポーツを職業や競技として取り組まれている方々の健康維持やパフォーマンスアップを目指した診療相談です。


心療内科・精神科/初の診療メニュ― eスポーツ外来診療の開始
2022年6月14日

《対象者》
・eスポーツやオンラインサービスに取組むことにより、脳機能の低下・睡眠障害・頭痛、肩こり、腰痛その他の不定愁訴(原因の分からない不調)を感じる方
・eスポーツにおいて理想的なコンディションを維持したい方
・ゲームやオンラインサービスが影響して実生活に悪影響が出ている方

《治療内容》オンライン診療も可能です。
・医師によるカウンセリング
・認知機能検査(PCを用いた精密な脳機能チェック)
・心身の不調の改善、パフォーマンスアップを目指したサプリメント処方
以下の検査御希望の場合は、ご来院いただく必要があります
・栄養解析(血液・尿検査のデータを用いた詳細な栄養バランス分析)
・自律神経バランス分析(脈のリズムを解析し、自律神経の乱れを検出)
☆その他、ご要望に応じて各種検査・治療をご提案可能です。
《料金》 相談料(自由診療)
30分:15,000円 (税込16,500円)  以降5分ごとに2,500円 (税込 2,750円)
*検査・サプリメントにかかる費用については 別途、確認・お問い合わせください。



本診療開始における背景について;
近年、コンピューターゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ競技として捉え、NET上での対戦や競技イベントなどが多く開催され、実際の競技者も増加してきております。
そういった状況の中、高齢者の認知症予防にも、このeスポーツの有効性がうたわれるようになってきております。
また、メタバースなどコンピューターを使った新しいサービスも動き出しています。
しかし、こういったバーチャルゲーム等のスポーツ化への有効性だけがピックアップされ、あまりの集中度による弊害やデメリットについて考えることがおろそかになっているのではないでしょうか?
eスポーツやメタバースの利用にはPCやスマホが欠かせませんが、こういった機器が心身に与える影響は非常に大きなものです。デジタル技術がいかに発展しても、現実世界の肉体や精神が健康でなければそれを利用し楽しむことはできません。
ご相談の中では、ブレインケアクリニックの得意とする栄養や生活習慣が脳や身体へ与える影響とその対策、また精神科・心療内科として、その他のゲーム依存症などにも、病的な行動改善などについてもご説明、ご提案をさせて頂きます。(*1=2022年6月現在、日本国内医療分野における診療内容の当院調べ)

本件に関するメディアからの問い合わせ先;
医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック(心療内科・精神科)
https://brain-care.jp/
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-2  白鳥ビル2階
管理本部 小暮
 TEL;03-6709-8048
Email;kazutoshi.kogure@reengagement.org


担当医師;今野 裕之 医師



経歴;
2001~2002慶應義塾大学病院
2003~2006日本大学医学部附属板橋病院
2006~2015薫風会山田病院
2012~2015西東京市役所 精神科産業医
2014~医療法人回生會 新宿溝口クリニック勤務(非常勤)
2015順天堂大学大学院 医学研究科卒
2016~ブレインケアクリニック院長
2020~ 医療法人社団TLC医療会ブレインケアクリニック 名誉医院長

資格・役職;
精神保健指定医
日本精神神経学会 精神科専門医、認知症診療医 博士(医学)
医療法人幸和会 美咲クリニック顧問
MPI Cognition Medical practitioner(リコード法認定医)
一般社団法人 日本ブレインケア・認知症予防研究所 理事長

主な著作;
今野 裕之 (監修) 「心と身体の疲れに効く最高の食事術」, 笠倉出版社, 2018
今野 裕之:「最新栄養医学でわかった! ボケない人の最強の食事術」, 青春出版社, 2018
今野 裕之 (監修) 「卵やせ」, 主婦の友社, 2018
アンチエイジング医学 8 : 259-263 : 2012
今野裕之:寿命決定の分子メカニズム. Surgery Frontier 19 : 176-178 : 2012
*上記の他多数の著作、取材による記事掲載あり
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)