ネットサービス・アプリ デジタル製品・家電

自宅でスマホ老眼をすっきり解消するデバイス『オータス』プロジェクト開始終了まであと2週間!一般販売予定9月から!この金額での購入は今だけ!プロジェクト期間6月27日まで!

株式会社セトワークス
第1弾で応援購入金額1億円を達成したOtusがさらに進化して登場!

1日3回5分間!カスタマイズトレーニングで酷使した目を自宅で手軽にケア!


こんにちは。
Makuakeにて進化しましたあなたのパーソナル・アイトレーナー『オータス』のプロジェクトを進行中です。
プロジェクト終了まで後2週間足らず。
45%OFF価格!この金額でのご提供は今だけです!




ひと目で分かる!オータスの5つのポイント!
1.ビジョンセラピー技術を取り入れたスマートな目のトレーニング
2.目の状態測定による、パーソナルトレーニング!
3.一台の機器で家族みんな使える!コスパが良い!
4.ハマりそうなシンプルなゲームをしながら、楽しく目の運動が出来る!
5.オータス専用アプリでデータを管理できる!

これからの時代、目をトレーニングすることが必要です!
皆様が自宅で気軽にゲームをするように、目のトレーニングができるように製作しました!





● ヘアバンドの改良
進化しましたオータスはヘアバンドがずれにくく、心地よい着け心地になりました!


真ん中を支えることで着用した時により安定感があり、心地よい着用感を味わえます。またずれ落ちないように工夫されたため、以前のバージョンよりも快適に使用が可能です。



バンドの改良により頭の小さい方やお子様も楽に着用いただけます。


● アプリのリニューアル

リニューアルしたアプリで便利に楽しく目のトレーニングが可能です。
(※オータスを着用して本やテレビを見るだけでもトレーニングが可能です。)



アプリを使ってトレーニングをすると毎日、毎週、毎月のトレーニング状況をレポートで確認できます。


● なぜ目のトレーニングが必要か?

2000~2050年、世界禁止及び高度近視予想率

アメリカの眼科学会の報告によると過度の電子機器の使用により、禁止有病率は上がり続け、2050年に全世界の人口の半分以上が禁止を持つと発表されました。
出典:The Brien Holden Vision Institute(BHVI)

目のトレーニングは現代人、誰にでも必要です!


● オータスとは!
オータスとはビジョンセラピー技術を取り入れ、自動化したスマートな目の運動機器で、国内外34件の特許を取得しております。
また研究開発から生産、ASに至るまで弊社がワンストップでご提供しています。
オータスは前面が開いており読書やTV鑑賞などの日常生活を送りながらトレーニングができます。



8個の光学レンズが5分間60回、回転しながら目の毛様体筋を刺激します。
オータスを着用して前を見るだけで、8つの特殊光学レンズが5分に60回以上自動で回転しながら毛様体筋を刺激し「見るチカラ」を鍛えてくれます。


●「単眼モード」でそれぞれの目をトレーニング!



オータスは左右の目の視力や状態が異なる場合にもそれぞれの目に合わせてトレーニングが可能です!



オータス製品は両目が訓練できる「両眼モード」と両目を分離して訓練できる「単眼モード」があります。
トレーニングの前にそれぞれの目の状態を測定し、測定された情報に基づいてそれぞれの目を訓練させてるため、それぞれの目の状態が異なってもご利用いただけます。


● 一台の機器で家族みんなお得に使える!

1台のデバイスで、最大4人までアカウントを作ることができ、ご家族みんなでお使いただけます。
そのためアカウント別に管理ができるので個別にデータを管理出来ます。
※アプリでゲームを通してトレーニングした時にのみレポートが作成されます。

これからは簡単に、自宅で目のトレーニングをされてみてはいかがでしょうか?
『見る力』: 子供から大人まで見る力の大切さを体験していただきたく思います。
▶ 文字を読むことが苦手な方も!
▶ 勉強する学生の方
▶ デスクワークの会社人の方
▶ 目をよく使うスポーツ選手の方。
▶ 運転するお年寄りの方。
▶老眼が心配な方!
▶目の健康に不安な方!
▶お子様のスマホ老眼が気になる方!





これからは自宅で簡単に、目のトレーニングをされてみてはいかがでしょうか?
今なら45%OFFの価格にて応援購入していただけます!


<スケジュール>
2022年6月27日 プロジェクト終了
2022年7月末 配送予定
2022年9月以降 一般販売予定
https://www.makuake.com/project/otusplus

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)