医療・医薬・福祉

【リアル展示会「国際モダンホスピタルショウ2022」最新情報!】毎年好評の講演「病院設計の最新事情」シリーズ第5回テーマは「建築からみた医療・介護・福祉施設の健全化」に決定! 講演概要を本日初公開!

一般社団法人日本経営協会(NOMA)
リアル展示会は2022年7月13日(水)~15日(金) 東京ビッグサイトにて開催!オンライン展示会は2022年6月1日(水)~7月15日(金)で開催!

一般社団法人日本経営協会(東京都渋谷区、会長:高原 豪久)は、7月13日(水)から15日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて医療・介護・福祉の総合展示会「国際モダンホスピタルショウ2022」を開催いたします。展示会内で毎年多くの医療・介護・福祉従事者にご参加いただいている講演「病院設計の最新事情」シリーズの実施が決定いたしました。第5回目である今年のテーマは『建築からみた医療・介護・福祉施設の健全化』とし、本日講演概要を公開いたしました。 詳細は公式HPをご確認ください。 https://noma-hs.jp/hs/2022/ ※サイトの閲覧、セミナーの申込みには来場登録(無料)が必要です。





『建築からみた医療・介護・福祉施設の健全化』講演概要

これまで医療・介護・福祉施設は24時間・365日酷使されることを前提に、20~30年後を見据えて設計・建設されてきました。今後は、人口構造が変容し超高齢社会を迎えるとともに、いずれ終息するであろう全世界で猛威を振っているCOVID‑19のような感染症にも柔軟な対応が求められます。
本講演では、「医療・介護・福祉施設における健全化」を5年前と比較しながら現時点での問題点を再考し、今後の医療・介護・福祉施設の在り方について考察いたします。また、医療施設だけでなく、「医療・介護・福祉施設」に範囲を広げて、新しい施設形態へ生まれ変わるためのヒントについても紹介いたします。


プログラム

基調講演:これからの医療・福祉・介護の健全な建築環境を考える
◆登壇者:長澤 泰 氏東京大学・工学院大学 名誉教授 /一般財団法人ハピネスライフ財団 理事長)
20世紀後半に専門職の集中的活用と管理の効率化を目標に発展してきた我々の知る医療施設(病院)と2000年の介護保険法成立以来入居者の環境の向上を主眼に発展してきた介護・福祉施設を共に再考して、病人だけでなく認知症や障がいを持つ人等の将来の施設群を考えてまいります。

講演2:これからの地域共生時代に求められる施設とまちのあり方
◆登壇者:石井 敏 氏(東北工業大学 教授(副学長・建築学部長))
認知症や障がいを持つ人、全ての人があたりまえに暮らすことができる社会と環境、そして、地域共生の視点が求められていますが、現状において十分に実現しているとは言えません。
本講演では、これから訪れる時代と社会についてあらためて概観し、求められる施設環境やまちづくりのポイントについて考えていきます。

講演3:施設・住まいがケアに与える影響 ~利用者・家族と専門職、そして地域に貢献する福祉空間とは何か~
◆登壇者:大谷 匠 氏(医療法人医王寺会地域未来企画室/おうちの診療所 地域連携・看護師/福祉と建築代表)
病院・高齢者住まい、そして在宅医療の現場での事例を通じて、空間がケアに与える影響や現在の問題点について考えます。また、地域包括ケアの全体像から治療の場や暮らしの場での、空間や専門職の役割、そして、地域医療への貢献につながる点についても考えてまいります。


公益社団法人日本看護協会による特別セミナーも連日開催



看護の基礎を築いたナイチンゲールは、患者の視点からあるべき病院建築の形態を明示していたことでも知られています。国際モダンホスピタルショウ2022では、医療現場の最前線で日夜頑張る看護職たちに役立つ日本看護協会セミナーを連日開催!
看護における医療情報の活用、新型コロナウイルス感染症対応や母子支援におけるICT活用、業務効率化等、多彩なテーマでお送りいたします。


特別セミナー一覧

『看護の質評価、改善活動に向けた電子カルテデータの活用』
◆日時:7月13日(水)14:00~15:00
◆登壇者:
小島 由美子 氏(大阪国際がんセンター 副看護部長)
西山 涼子 氏(和歌山県立医科大学附属病院 看護師長)
◆座長:長谷川 陽一 氏(日本看護協会 医療政策部)

『心身への負担の少ない交代制勤務への挑戦~頻繁な昼夜遷移が生じない交代制勤務を考えよう~』
◆日時:7月13日(水)15:30~16:30
◆登壇者:
奥 裕美 氏(聖路加国際大学大学院 教授)
天野 さやか 氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 副主任研究員)
◆座長:奥村 元子 氏(日本看護協会 労働政策部)

『気軽につながりあえる時代をめざして~ICTを活用した母子支援~』
◆日時:7月14日(木)10:30~12:00
◆登壇者:
宮川 祐三子 氏(大阪母子医療センター 看護部長)
蛎崎 奈津子 氏(岩手県助産師職能委員長)
片岡 弥恵子 氏(聖路加国際大学大学院 ウィメンズヘルス・助産学教授)
◆座長:井本 寛子 氏(日本看護協会 常任理事)

『新型コロナウイルス感染症対応下でのICT等を活用した看護業務の効率化』
◆日時:7月15日(金)11:45~12:45
◆登壇者:
小林 利絵子 氏(社会医療法人柏葉会 柏葉脳神経外科病院 副看護部長)
藤田 美由紀 氏(稲沢市民病院 救急外来看護師長)
水野 雅子 氏(学校法人日本医科大学 日本医科大学千葉北総病院 看護師長)
◆座長:小村 由香 氏(日本看護協会 労働政策部)


講演・セミナー申込み方法

国際モダンホスピタルショウ2022/ホスピタルショウオンラインにて来場登録の上、お申込みください。
開催講演/セミナー情報は、随時更新しております。
最新情報はホスピタルショウオンラインをチェック!
URL:https://noma-hs.jp/hs/2022/

※席に限りがございますので、お早めにお申込みください。
※セミナーの詳細につきましては、変更になる場合がございます。予めご了承ください。


開催概要

『国際モダンホスピタルショウ2022』
会期:展示会:2022年7月13日(水)~15日(金) 3日間 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東展示棟:東2・3ホール、会議棟

『ホスピタルショウオンライン』
会期:2022年6月1日(水)~7月15日(金)
※アーカイブ期間:2022年7月19日(火)~31日(日)
会場: https://noma-hs.jp/hs/2022/

主催:一般社団法人日本病院会 / 一般社団法人日本経営協会
特別協力:公益社団法人日本看護協会
来場登録・セミナー予約方法:オンライン展示会よりお願いいたします。
URL: https://noma-hs.jp/hs/2022/


「国際モダンホスピタルショウ」について

病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示し、最新情報の発信および情報交流の場を提供することにより、健康福祉社会の発展に寄与することを目的として1975年より開催、今年で49回目。


日本経営協会について

昭和24年(1949年)に「日本事務能率協会」として創立以来一貫して、わが国経営の近代化と効率化のための啓発普及を活動の柱としております。
「経営およびオフィス・マネジメント」の革新と社会資産の創出ならびに新しい価値創造の推進によって、わが国経済の発展と豊かな社会の実現に寄与することを本会の目的としております。
日本経営協会HP:https://www.noma.or.jp/


お問い合わせ先

一般社団法人日本経営協会 ホスピタルショウ事務局 
Mail hsg@noma.or.jp TEL 03-3403-8615
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)