美容・健康 広告・マーケティング

【女性150人に聞いた昨今の美白対策】美白化粧品の使用率は50%。10代~30代までの若年層で美白化粧品の需要が高まっている結果に

株式会社イークス
美白化粧品や美白成分についての意識調査アンケートを実施した結果をまとめました

株式会社イークス(本社:熊本県熊本市/代表取締役:岡 優治)が運営するroccoGiRL(https://rocco-girl.com/)は、現代女性の美白対策への意識調査のために、アンケートを実施しました。



調査概要

調査対象:15歳~70歳以上の女性
調査日:2022年5月6日
調査人数:150人
調査方法:インターネット調査
調査対象の年齢:10~20代:52人/30~40代:35人/50~60代:36人/70代以上:27人


調査結果サマリー

・美白化粧品の使用率は全体の約半数。27%が一年中使用していると回答
・一年中美白化粧品を使用している割合が一番高いのは50代女性
・美白化粧品に最も関心があるのは30代、反対に興味関心が薄いのは40代
・高年齢層よりも若年層の方が美白化粧品使用率が高い
・最も興味関心がある美白成分はビタミンC誘導体



美白化粧品を使用していますか?使用しているのはほぼ半数。一年中使用している人は27%に




美白化粧品を使用しているかについてのアンケートを実施。その結果、「一年中使用している」のは27%。さらに、約半数の人が「一年中使用している」もしくは「時期・季節によって使用している」と回答。

「現在は使用していない」と答えたのは全体の51%で、使用している人と使用していない人はほぼ半数に分かれました。

また、年代別の集計になると以下のようになります。

40代では「現在は使用していない」との回答が最も多く、美白化粧品を使用していない人が過半数を占めています。

最も美白化粧品の使用率が高かったのは30代女性で「時期・季節によって使用している」との回答が多く見られました。普段は気にしない人も、夏場などの紫外線が気になる季節にはシミ対策や日焼け対策を行うために美白化粧品を取り入れることがあるようです。

「一年中使用している」と回答した人が多いのは50代。シミや乾燥などのトラブルが増え始める年代ということもあり、美白に対する意識が最も高くなっているのが分かります。

また、60代~70代よりも10代~30代の方が一年中使用している人が多いことから、若年層の美白ケアに対する意識も高くなっているようです。美白対策は早めに始める方が良いなど、美容への意識が近年高まっていることが分かります。


使用したことがある美白化粧品の調査。美白化粧水の使用率がダントツ



使用したことがある美白化粧品のアイテム調査では、1位が「化粧水」2位「美容液」3位「乳液」といった結果に。

スキンケアの中でも要とされる「化粧水」。美白化粧品を選ぶ際も多くの人が取り入れていることが分かります。
また、「使用したことがない」と回答した人は150人中37人と少なく、多くの人が一度は美白化粧品を使用している結果に。


1位:美白化粧水

・ビタミンcが入っていて、シミそばかすに効くとあったので、惹かれました(60代前半)
・友達からこれがおすすめだよと教えてもらったため(10代後半)
・焼けたくないし防御したいから(70代前半)
・興味本位で使ってみたが、継続して使い続けれなくて効果を感じる前にやめてしまった(20代後半)
・親の勧め(40代後半)
・インフルエンサーが使っていたから。肌荒れが全く起きなくなった。美白になった気がする(10代後半)
・キャンペーンで安くなってたから(60代後半)
・さっぱりした使い心地が良かったから(30代前半)


2位:美白美容液

・シミそばかすが目立ちやすいので、効果が高いと言われている美容液を使う事にした。継続的に使用し、少しはケア出来ていると思っている。(40代前半)
・独特の臭いがなくさらっとしたテクスチャで肌に優しい使いここち(50代後半)
・美容部員からおすすめ(10代後半)
・シミが気になるから(20代後半)
・使い心地が良いから(60代前半)
・TVCMを見て。原材料が良さそう(70代以上)


3位:美白乳液

・肌を綺麗に保ちたいから(10代後半)
・クチコミを載せている雑誌で上位だったものを選んでいる(30代後半)
・口コミ、価格が丁度良かったから選んだ(10代後半)
・ユウチュウブを見て化粧品会社に勤めて居た人の化粧品の分析の結果の報告をみて。今のところ満足している(70代以上)
・効果があると思ったので(30代前半)


4位:美白クリーム

・ベタつきがあるのでオールインワンに変えようと思っている(20代後半)
・正直なところどの位の効果があるのか確かめようがない。どのメーカーのどの製品でもこまめに丁寧に使用することが大切かと。(70代以上)
・白くなりたいから(10代後半)
・目元にうすいシミが出来た為(20代後半)
・有名だったから(10代後半)


5位:美白オールインワン

・とりあえず最初の美白化粧品はプチプラにしようと思ってちふれの美白オールインワンを買った。使い心地は、プルプルしっとりで使いやすい。肌も乾燥しないので良い。(20代後半)
・安かったから1度で終わるから(40代後半)
・CMを見て良さそうだったから(50代後半)
・お手頃な値段でオールインワンがあったから(50代前半)
・コスパ良くてく口コミもよかったから。使った感想は良く分からない(20代前半)
(※原文ママ)


使用したことがある美白成分は?150人中63人がビタミンC誘導体と回答




使用したことがある美白成分の調査では、1位「ビタミンC誘導体」で63人、2位「プラセンタ」で39人、3位「トラネキサム酸」で21人という結果に。

全体150人のうち約半数(42%)の人が使用していることから、「ビタミンC誘導体」は他の成分と比較してかなり人気が高い美白成分と分かります。

【専門家コメント】
やはり人気が高いのはビタミンC誘導体でした。肌トラブルになりにくい低刺激成分として知られるトラネキサム酸は思ったよりも使用している人が少ない印象です。また、カモミラETや4MSKは一部のメーカーの特定商品にしか配合されていないため、使用している人は美白成分や美白ケアに興味関心が高いと推測できますね。


興味がある美白成分は?やはり不動の人気はビタミンC誘導体。プラセンタも安定の2位に




使用に関わりなく「興味がある美白成分」を調査した結果は、「ビタミンC誘導体」が1位という結果に。
「ビタミンC誘導体」は、使用している・していないに関わらず注目度や認知度が高く、最もポピュラーな美白成分と言えるでしょう。

2位には「プラセンタ」が続き、3位以降はいずれも20人以下という結果になりました。

「使用したことがある美白成分」と「興味がある美白成分」を比較すると、どちらも1位と2位が同じ成分になっており、美白成分としての認知度が高いのは「ビタミンC誘導体」と「プラセンタ」であることが伺えます。

【専門家コメント】
最近美容業界で注目されている「ナイアシンアミド」が2%しか支持されていないことに意外性を感じました。美容の成分分野に詳しい人と、そうでない人・一般的な流行や話題性に差があることが分かる結果になったと思います。


まとめ

150人に美白化粧品や美白成分への意識調査を行ったところ、美白化粧品の使用率は約半数。その中でも一年中美白化粧品を使用する人が27%いることが分かりました。

使用したことがある美白化粧品の種類は化粧水が1位。150人中74人が美白化粧水を使用したことがあり、最も手に取りやすい美白化粧品であることが分かります。

また、使用したことがある美白成分・興味がある美白成分の1位は両方ともビタミンC誘導体という結果に。美白化粧水を選んだ理由の中にも「ビタミンCが入っていたから」という回答があり、ポピュラーで根強い人気があるようです。

女性の美白への関心が高まる今、日焼け止めや日傘などの紫外線対策だけではなく美白化粧品も活用して肌ケアにチカラを入れる人が多くなってきています。美しい肌を保つためにも、この夏の美白対策は頑張りたいものですね。

詳しい調査結果は、以下URLでご覧ください。
https://rocco-girl.com/99498



会社概要

会社名    :株式会社 イークス
設立     :2008年6月10日
代表取締役  :岡 優治
所在地    :熊本県熊本市中央区白山2丁目1-1 白山堂ビル 304
事業内容   :web広告の企画営業
        asp(exad.jp)運用
        SEOコンサルティング
        メディアサイトの企画運営
        コスメ情報サイトroccoGiRL
        URL:https://rocco-girl.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)