インテリア・雑貨

マイボトル運動でこどもの未来を守る ピーコック魔法瓶がマタニティマークとのタイアップ広告を掲出

ピーコック魔法瓶工業株式会社
~6月1日より大阪モノレールにて~

ピーコック魔法瓶工業株式会社(本社:大阪市、社長:山中千佳)は、2022年6月1日より1年間、大阪モノレールにて、「マタニティマーク」とのタイアップ広告を掲出します。マイボトルを習慣づけることで日々少しずつごみを減らし、こどもの未来を守る―これが魔法瓶メーカーとしてのミッションだと考えています。これからもピーコック魔法瓶は、ごみを生まない習慣づくりを提唱していきます。






マイボトル運動で、こどももお母さんも安心な社会作りを

マイボトル運動で、こどももお母さんも安心な社会作りを日本の出生率は低下傾向にあり、 6年連続で過去最少を更新し続けています。新型コロナウイルス感染症による経済不安も影響し、 2021年の出生数は約84万人にとどまりました。
このような環境で生まれてくるこども達や、赤ちゃんを育むお母さん達、ひいては社会で暮らす全ての人々が安心できる環境を作るには、サスティナブルな取り組みが必要になります。
ピーコック魔法瓶は、ごみを生まない習慣づけとしてマイボトル運動を提唱し、全ての人にやさしい、持続可能な社会の実現を目指します。

■広告掲出概要
期間:2022年6月1日~2023年5月31日
場所:大阪モノレール

■マタニティマーク
妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、発表されました。








ピーコック魔法瓶のSDGs宣言

子供たちの未来を守り、将来的にも豊かな暮らしができるよう、私たちピーコック魔法瓶のSDGsの達成に向けた取り組みをご紹介します。

1.マイボトルの普及
“水筒” を「ごみを生まないための(=ゼロウェイスト)マイボトル」と再定義し、マイボトルを持ち歩く文化を世の中に推奨してまいります。

2.街中の給水サーバー設置
外出先でも、マイボトルに給水できるスポットをさらに増やすため、ピーコックは、大阪市の水道局に協賛し、街中の給水サーバー設置活動を応援しています。

3.おおさかマイボトルパートナーズに参画
2020年大阪府において発足した「おおさかマイボトルパートナーズ」に参画し、2025年大阪・関西万博の開催に向け、外部団体と連携し、情報を共有や意見交換を重ねながら、さらにマイボトル利用啓発に関する取り組みを進めてまいります。

4.清掃活動
全国各地でごみ拾いボランティアを行う、日本最大級の組織、認定NPO法人グリーンバードとパートナーシップを締結しました。2020年3月より本社のある福島・野田エリアに、グリーンバード大阪福島チームを設立し、継続的な清掃活動を実施しています。

ピーコック魔法瓶のSDGs宣言:https://www.the-peacock.co.jp/sdgs.php


会社概要

商号   :ピーコック魔法瓶工業株式会社
代表者 :代表取締役 山中 千佳
所在地 :〒553-0002 大阪府大阪市福島区鷺洲5-12-20
設立  :1950年9月
事業内容:ガラス製魔法瓶、ステンレスボトル、電気ポット、キーパー、調理家電などの製造・販売
資本金 :3,000万円
URL  :https://www.the-peacock.co.jp

【お客様からのお問い合わせ先】
ピーコック魔法瓶工業株式会社 お客様相談室
0570-094891(受付時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)