医療・医薬・福祉

医師のためのインターネットテレビ「MedPeer Channel」、医師向け企業ブランディングの強化に向け特別番組を配信

メドピア株式会社
EMシステムズが後援する伊達公子氏の女子ジュニア選手育成企画に密着

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、以下当社)は、医師に対する企業や自社製品のブランディングの強化を図ることを目的に、医師会員12万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」内に開局する医師向けインターネットテレビ「MedPeer Channel」において、特別番組を配信いたします。この度、電子カルテ・レセコン一体クラウド型診察支援システムである「MAPS for CLINIC」を展開する株式会社EMシステムズ(大阪市淀川区、代表取締役会長兼CEO:國光 浩三、以下EMシステムズ)が後援する、元プロテニスプレーヤーの伊達公子氏による女子トップジュニア育成プロジェクト『伊達公子×YONEX PROJECT~Go for the GRAND SLAM~』への密着番組を制作することが決定いたしました。本番組は、2020年3月からの配信を予定しています。





『伊達公子×YONEX PROJECT~Go for the GRAND SLAM~』は、EMシステムズがかねてからスポンサー契約を結ぶ、伊達公子氏とヨネックス株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:林田 草樹、以下ヨネックス)による15歳以下の女子ジュニア選手を対象としたテニスの強化プログラムです。書類選考とオーディションにより選出された4名の選手が、グランドスラムジュニアへの出場を目指し、2年間で計8回の強化キャンプに参加いたします。

特別番組では、2月下旬の第4回強化キャンプの中で、ハイレベルな指導により選手たちのトレーニングをサポートする伊達公子氏に密着し、医師の中でもプレーヤーが多い“テニス”を話題に医師にとって魅力的なコンテンツを提供いたします。

今後もMedPeer Channelは、製薬企業を中心とした企業に対し、番組の制作・配信を通した自社製品の紹介や疾患啓発の場を提供することで、医師に向けた効果的な企業ブランディングをサポートしてまいります。


医師のためのインターネットテレビ『MedPeer Channel』概要


メドピアが運営する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」内にインターネットテレビ『MedPeer Channel』を開局し、最新の医療ニュースを中心に、学習コンテンツや医療バラエティなど、医療に関わる様々な番組を制作し、「MedPeer」の医師会員向けに毎日放送しています。平日の6時から24時まで放送し、「MedPeer」の医師会員はすべての番組を無料で視聴いただけます。

メインコンテンツとなる医療ニュース番組では、毎日その日の最新医療ニュースをお届けする他、有名病院の症例検討会番組や、「MedPeer」の医師会員に行ったアンケート調査を基にした医療バラエティ等のコンテンツを放送していきます。その他、学会の学術集会の講演、海外での学会の速報レポート、こだわりを持った医師の紹介、患者さんの想いに迫る番組、各種医療関連のイベント情報など、医師向けに特化した様々なオリジナル番組を制作していきます。また、『MedPeer Channel』での医師会員の動画やコメント投稿の紹介を通じて、新たな「集合知」の形も創出してまいります。

※MedPeer Channel サービス紹介動画はこちら:
 https://medpeer.jp/landing_pages/channel
※医師専用コミュニティサイト「MedPeer」へのご登録はこちら(医師限定、登録無料):
 https://medpeer.jp/

【メドピア株式会社について】
「Supporting Doctors, Helping Patients.」をミッションに、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営し、医師の臨床やキャリアを支援。2019年からは薬局・薬剤師向けの支援サービスも提供を開始。グループ全体では、法人向け産業保健支援サービス「first call」や、管理栄養士による食生活コーチングサービス「ダイエットプラス」、特定保健指導など、専門家ネットワークを活かした各種ヘルスケアサービスを展開している。
参照URL:https://medpeer.co.jp/

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先
メドピア株式会社 広報担当
電話:03-4405-4905
メール:pr@medpeer.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)