美容・健康 その他

地方自治体でマインドフルネスの効果を測定 ーストレス低減を目的に実証実験を行う自治体パートナーを募集ー

株式会社Melon
日本初のマインドフルネス・プラットフォームを運営する株式会社Melonは、地方自治体でオンラインのマインドフルネスによる介入効果を測定するための実証実験を実施することを決定しました。これに伴い、本プロジェクトに協力いただける自治体パートナーの募集を開始します。


■実証実験の目的・背景
新型コロナウイルスの拡大により、民間企業においてはメンタルヘルスをケアする必要性が広く認識されるようになりました。ストレスチェックの他、マインドフルネスなどによるストレス軽減を図るためのツールが多くの企業で導入されつつあります。健康経営が意識される中で、民間企業のメンタルヘルスへの対策は大きく改善してきています。

また新型コロナウイルスによるストレスを感じてきたのは大人だけに留まりません。新型コロナウイルスに対する子どもたちの意識について、国立成育医療研究センターが調査したところ、7割が何らかのストレスを抱えていたことが分かっています。このような課題を受け、Melonでは小学校向けのマインドフルネスの無償プログラムを提供することにより、子供たちのメンタルヘルス改善のための支援を行っています。(「日本初、ストレス低減効果が認められた子ども向けマインドフルネス動画プログラムを全国の小学校に無償提供開始。」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000047366.html)本プロジェクトでは、厚生労働省と文部科学省での記者会見でプログラムによる介入効果を発表し、全国の小学校に参加を呼びかけました。

以上のような取り組みが進んでいる一方で、地方自治体におけるメンタルヘルス対策の必要性はまだ十分に認知されているとは言えず、自治体によって対応はばらつきがあります。総務省が令和3年に実施した調査によると、対象となった1,788の自治体のうち、メンタルヘルス不調により1週間以上、休職した職員がいた割合は9割弱に上りました。しかしながら、職員に対するメンタルヘルス関連の研修を行った自治体は6割強となっており、4割弱の自治体では対策が実施されていないことが分かっています。

このような背景の中で、Melonでは自治体に勤務されている職員の方を対象に、オンラインのマインドフルネス・プログラムによる介入を行い、ストレス尺度にどのような影響が出るかを測定する実証実験を行うことを決定しました。

■実証実験の概要
募集期間:令和4年6月20日~令和4年7月31日
プログラム実施期間:令和4年9月1日~令和4年12月31日
介入方法:Melonが運営するオンライン・プログラム「MELONオンライン」を一定期間、対象者に受講してもらい、前後のストレス尺度を評価する。
プログラム費用:無償

■参加する自治体へのメリット
・自治体内外でのストレス対策に関する啓蒙
・職員のメンタルヘルスの改善
・実証実験終了後も一定期間は無償でプログラムを受講可能

■申し込み方法
本実証実験への参加を検討していただける自治体のご担当者の方は、以下のメールアドレスにご連絡ください。
info@the-melon.com

■MELONオンラインついて
MELONオンラインはマインドフルネスを手軽に継続するためのオンラインサービスです。マインドフルネスは8週間ほど継続すると効果を感じられる場合が多いことが知られていますが、多くの方が継続することに課題を感じてきました。MELONオンラインは専門のインストラクターによるライブ形式のクラスにより、マインドフルネスを楽しく継続できる仕組みを提供しています。

MELONオンライン公式サイト:https://www.the-melon.com/online-program/

■株式会社Melonについて
MELONは、米国の大学や研究機関で効果が認められたエビデンスをベースに、初心者にも取り組みやすく、継続しやすい、科学的なアプローチに基づいたマインドフルネス・プログラムを開発し、個人・法人のお客様に提供しております。MELONのプログラムはIT・通信業、製造業、コンサルティング、サービス業、スポーツチームなど様々な業界で導入され、従業員のメンタルケアや能力開発において効果を感じていただいています。

会社名:株式会社Melon
所在地:東京都港区南青山6-2-2 南青山ホームズ301
代表者:代表取締役 CEO 橋本 大佑
URL:https://www.the-melon.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)