美容・健康 スポーツ・アウトドア

TENTIALがサッカーチーム南葛SCとパートナー契約を締結

TENTIAL
全選手にBAKUNEを提供、選手のコンディショニングを支える

株式会社TENTIALは、関東サッカーリーグ1部所属のサッカークラブ「南葛SC」と、2022シーズンのパートナー契約を締結し、全選手へのリカバリーウェア「BAKUNE」シリーズの提供を開始いたしました。




 挑戦する人の心身に寄り添うサービスや製品をウェルネス領域で展開する株式会社TENTIAL(所在地:東京都中央区、代表取締役CEO:中西裕太郎、以下テンシャル)は『キャプテン翼』の原作者である高橋陽一氏が代表を務める関東サッカーリーグ1部所属のサッカークラブ「南葛SC」と、2022シーズンのパートナー契約を締結し、全選手へのリカバリーウェア「BAKUNE」シリーズの提供を開始いたしました。

 日々強度の高い練習に励む選手たちにとって、シーズンを戦い抜くためには日々の疲労回復や怪我予防が不可欠です。南葛SCは働きながらサッカーをするという環境で、日々のコンディショニングがより重要とされています。スポーツの力で葛飾区を活気づける南葛SCの活動も含め、日常生活をより良くする製品を提供するテンシャルの価値観が合致しました。南葛SCの活動とTENTIAL製品との相乗効果を図り、この度の契約締結に至りました。
 今回提供するのはリカバリーウェア「BAKUNE」シリーズになります。特殊繊維「SELFLAME(R)︎」を用い、着るだけで血行促進し、疲労や筋肉のハリ・コリを軽減します。休息・睡眠時の疲労回復をサポートし、快適な睡眠に誘います。日々忙しく過ごしている方や、睡眠に課題を抱える人にオススメの製品になっております。今後はサポーター向けにクーポンの配布等も検討しております。

 テンシャルは今後も、前向きに挑戦する人を製品やサービスを通じてサポートし、健康に前向きな社会の創出を目指して参ります。


南葛SC 下平匠選手のコメント



年齢を重ねた事と、社会人として働きながらサッカーをしているので、日頃のコンディショニングはとても重要だと思っています。Jリーグの時だと疲れていると昼寝をしたり出来ますが、今は日中働いているので睡眠に時間をさけません。睡眠時間は増やせませんが、睡眠の質は向上出来るのでTENTIALさんのサポートは非常にありがたいです。
TENTIAL製品の「BAKUNE」を着用してみてベッドに入ってから眠りにつくまでの時間が短くなった気がします。手にとってもらうとわかりますが、肌触りがすごく良いです。XLサイズを着用していますが、圧迫感もなく、着心地がいいです。
チーム全体で活用する事により、リカバリーの質が向上し、普段のトレーニングでかけれる負荷が増えます。
質の高いトレーニング、良いリカバリー、この繰り返しがチーム力の向上には欠かせません。
TENTIALさんのサポートと共に、今シーズンの目標であるJFL昇格を成し遂げたいです!

株式会社南葛SC 会社概要
社名:株式会社南葛SC
所在地:東京都葛飾区立石六丁目18番20号
電話番号:03-5654-6830
設立:2019年1月25日
代表:代表取締役 高橋陽一(キャプテン翼原作者)
事業内容:南葛SC TOPチーム運営スポーツイベントの企画・運営事業 他


■主な成績
2015年 東京都3部リーグ 優勝
2017年 東京都2部リーグ 優勝
2018年 東京都1部リーグ 優勝
2020年 東京都1部リーグ 優勝
2020年 関東社会人サッカー大会 優勝
2021年 関東2部リーグ 2位
2021年 関東リーグ入れ替え戦 勝利 / 1部昇格

株式会社TENTIALについて
テンシャルは「健康に前向きな社会を創り、人類のポテンシャルを引き出す。」をミッションに、ウェルネス関連事業を展開しています。
日常の健康課題を解決する製品を展開するウェルネスブランド「TENTIAL」と厳選した製品をお客様の健康課題に合わせて提案するウェルネス専門ECプラットフォーム「KENCOCO」を運営。2018年の創業から3年で累計10億円を調達、年平均440%の事業成長を実現しました。
今後もウェルネスを身近に感じられるサービスを創出し続け、誰もが「前向き」になれるきっかけを提供して参ります。

▼会社概要
社名:株式会社TENTIAL
設立:2018年2月
資本金:1億円
代表者:代表取締役CEO 中西裕太郎
所在地:〒103-0006東京都中央区日本橋富沢町7-16 THE GATE 日本橋人形町 6F
コーポレートサイト:https://corp.tential.jp/
事業内容:
『TENTIAL』https://tential.jp/
『KENCOCO』https://kencoco.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)