住宅・建築・建設 美容・健康

光が織りなす非日常空間で没入型トレーニングを実現 AI搭載個室ジム【1/workout】グランドデザイン発表

株式会社 ONE SLASH ONE
Product Design Center 代表の鈴木啓太氏がクリエイティブディレクター就任

株式会社 ONE SLASH ONE (本社 : 東京都渋谷区、以下「 1/ONE 」という) は、AI アルゴリズムと特許取得済みのトレーニングマシン機構によって、ユーザーがセルフでも効果的で安全性の高い筋力トレーニングを可能にする次世代型マイクロジム「 1/workout 」のグランドデザインを公開しました。 24 時間セルフの AI マシンという機能性、組立分解が可能な個室ジム空間という経済性、そして自分の向き合う非日常空間という情緒性を高い次元で追求したこのグランドデザインをベースに、将来の多店舗展開を見据えた量産版プロダクトの開発を進めます。




クリエイティブディレクター鈴木啓太就任 BTCトップタレント集結

1/ONE (読み方 : ワンスラッシュワン) は、非日常空間の中で自分と向き合う「第 4 の時間*1」の創出をパーパスに、Google 出身のマーケター、機械学習エンジニア、生物統計家、そして国内トップクラスのプロダクトデザイナーが協働した BTC 型*2イノベーションを創出するスタートアップ企業です。AI 搭載の個室ジム「 1/workout 」の多店舗展開向けプロダクトの開発を進めるにあたり、Product Design Center 代表の鈴木啓太氏を迎え、ビジネス、テクノロジー、クリエイティブのトップタレントが集結し、1/workout の開発と事業に注力してまいります。「 1/workout 」プロダクトサイト(https://workout.oneslash.one/

*1 : 一人で内省するための非日常的な時間のことを指す 1/ONE 独自の定義
*2 : ビジネス、テクノロジー、クリエイティブの 3 領域の統合したイノベーションアプローチ

(左から順)
創業メンバー
福原 義久  /YOSHIHISA FUKUHARA
武蔵野大学データサイエンス学部准教授。専門は機械学習、ニューラルネットワーク、ビッグデータ、電子工作 / IoT。慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程修了(Ph.D)。

古渡 奈々子  /NANAKO KOWATRI
Google Marketing のグローバルメディア部門 Media Lab 出身。日本担当として年間数十億円規模のデータドリブンなメディアプランニングに従事。新卒一期生として Google 日本法人に入社、 9 年在籍。

巳野 聡央  /AKIHISA MINO
Google Marketing のマーケティングサイエンス部門 Market Insights 出身。日米欧グローバルチームの一員として、 本社の統計学者と連携しながら、デジタルメディア領域のデータサイエンスに 8 年従事。

クリエイティブディレクター
鈴木啓太  /KEITA SUZUKI

PRODUCT DESIGN CENTER 代表。アート性の高い作品から、さまざまな素材を駆使した日用品、鉄道車両などの公共分野までデザイン活動は多岐にわたる。国内外のデザインアワード受賞多数。


次世代マイクロジム「 1/workout 」 グランドデザインの特徴
■ 特徴 1 : 非日常空間の中で自分と向き合うためのトレーニング空間
非日常空間の中で自分と向き合う特別な体験を実現するため、象徴的な演出として光のオブジェのような中間壁を採用しました。この光の円の先には壁一面の鏡が置かれ、狭い個室ジムでも広く感じられるように設計されています。壁面や床面に映し出された大画面のデジタル映像が鏡に反射し、トレーニングに連動するサウンドと相まって、デジタルとマテリアルのクリエイティブによる非日常のトレーニング体験が完成します。これまでのスポーツジムにはない、1人だけの特別な空間で自分の身体を向き合える上質な時間を体験することができます。


■ 特徴 2 : 個室ワンパッケージで経済性の高い多店舗展開が容易なプロダクト設計
電動化されたスマートパワーラック、AI アルゴリズムのためのカメラや各種センサ、映像を表示するプロジェクター、体験の象徴となる中間の円形壁など、次世代マイクロジムに求められる共通の構成要素を量産可能なプロダクトとしてワンパッケージ化します。各店舗物件ごとにカスタマイズされた内装工事は最小化し、ワンパッケージ化された共通モジュールによって経済性の高い多店舗展開を実現します。従来のジムのような大型物件でなくても出店可能で、組立分解可能なモジュール構成が柔軟なジムの出退店の意思決定を可能にします。これらの特徴によって需要に合わせたきめ細かい多店舗ネットワークの構築を目指します。


■ 特徴 3 : 日常利用のミニマルモデルから世界観を体現したシグニチャーモデルまでの拡張性
1/workout のグランドデザインは、誰もがアクセスしやすい多店舗ネットワークの基礎となるミニマルモデルから、都心の商業施設内を想定したフラッグシップモデル、そしてブランドの世界観を体現したシグニチャーモデルまで、グレード別のモデル展開を念頭に設計されています。日常的に利用しやすいミニマルジムをベースとしつつも、新規利用者がアクセスしやすい都心のフラッグシップ、継続利用者のブランドエンゲージメントを高めるシグニチャーの存在によって、入会から継続利用まで一連のユーザー体験全体のクオリティを高めます。

ミニマルモデル
住宅地をメインにユーザーの生活に密着した日常利用のジム


フラッグシップモデル
商業施設にとっても集客コンテンツとなりうる魅力的なジム


シグネチャーモデル
そこに行くこと自体が旅の目的となる自然環境に設営されるジム


※今後展開予定のジムデザインです。随時最新情報をホームページなどで更新していきます。


■ ブランドパーパス、グランドデザインの詳細ストーリー
1/ONE の公式ポッドキャスト「 1/voice 」ではブランドパーパスについて、そして今回のグランドデザインを監修した鈴木啓太氏との対談を掲載しています。

ブランドパーパスストーリー
「第4の時間」https://spoti.fi/39xjWbu
「AIの進化と社会課題 (前半) 」https://spoti.fi/3mTJoLi
「AIの進化と社会課題 (後半) 」https://spoti.fi/39vB01u


プロダクトデザインストーリー
「空間デザインのこだわり (前半)」 https://spoti.fi/3zEFw8m
「空間デザインのこだわり (後半)」 https://spoti.fi/3O2UlGf

■ 1/ONE パーパスに共感する開発人材の採用中
1/workout の本格開発に伴い、 1/ONE では採用活動を強化しています。ビジネス、テクノロジー、クリエイティブの各分野のエキスパートが集まるこのイノベーション創出の機会に一緒にチャレンジしてくださる方からのご応募をお待ちしています。

Tech Lead Software Engineer
https://oneslash.one/recruit/techleadeng


Digital UI/UX Designer
https://oneslash.one/recruit/uiuxdesigner

■ 無料先行ユーザーテスト参加希望者募集中
一般公開に先駆けて、1/workout の無料体験先行予約の受付を開始いたしました。応募方法の詳細については、プロダクトサイト(https://workout.oneslash.one)よりご案内いたしております。ご応募いただいた方には最新の開発情報のお知らせ、および優先的に先行ユーザーテストのご案内などを行う予定です。
準備が整い次第順次ご案内いたします。尚、応募多数の場合はご参加いただけない可能性がございます。予めご了承ください。

応募フォームリンク : https://workout.oneslash.one/
応募前にご質問がある方はこちらのメールまでご連絡ください。
info@oneslash.one

■ 最新ニュースを知りたい方へ
1/ONE 公式メディア : 1/voice
URL https://voice.oneslash.one

プレスリリースには記載できなかった 1/worktout の開発裏話、ブランドパーパスに込めた想い、1/ONE開発メンバーの生の声を、記事とポットキャストで発信していきます。
Twitter アカウント : https://twitter.com/oneslash_dev

1/worktout の最新開発情報を発信する公式 Twitter アカウントを開設しました。随時、開発関連のニュースを発信していきますので、ご興味・ご関心をお持ちの方はぜひフォローください。

会社概要
会社名 株式会社 ONE SLASH ONE ( 省略表記 1/ONE )
設立 2018 年 12 月
代表者 代表取締役 巳野 聡央
本社所在地 東京都渋谷区
事業内容 次世代型マイクロジムの企画・開発・製造、トレーニングジムの店舗運営
本件に関するお問い合わせ : press@oneslash.one

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)