出版・アート・カルチャー 美容・健康

『うの・AYA わがままBodyトレーニング』発売決定! 記念トークイベントが7月13日(水)に開催決定!!

株式会社小学館
神田うの(47歳)の健康美の秘密は、わがままなトレーニングにあった!?  




************************************
うの・AYA  わがままBodyトレーニング
見た目も体内も-5才!

著:神田うの・AYA 
2022年7月14日(木)発売
定価:1540円(税込) B5判・オールカラー80ページ
発売:小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09311520
※本書の各トレーニングは、そのページに掲載しているQRコードを読み取ることで、動画で見られるように
なっています。
************************************



「つらいのはムリ、でもキレイ&元気でいたい!」(うの)の実現のため、AYAメソッド史上、最も初心者向けのトレーニングが誕生!


椎間板ヘルニアになってしまい、術後思うように体が動かなくなってしまった神田うのさん。3年半前からフィットネスプロデューサー・AYAさんのパーソナルトレーニングを受け続けたことで、「気持ちも体も強くなり、しなかやに動く、快適な体を維持しています」とその効果を実感しています。

AYAさんのトレーニングというと、ハードでストイックなイメージで、運動していない人にはついていけないのでは? と思う方もいるかもしれませんが、心配はご無用。このトレーニングは「つらいのはムリ」という、フィットネスビギナーでもOK。自分のレベルに合わせて誰もが無理なく続けられるメソッドなのです!

「超初心者のトレーニングをやっとのことでこなすところから、私も始めたんです。それからここまで体が変わったんですよ!」と、うのさん。

撮影/土屋崇治
▲筋トレのメニューはスクワット、腹筋、腕立て伏せの3種類のみ。これが難しければ、イススクワットから始めればOK!




自宅でできる、毎日5分のアクションで美しい筋肉とポジティブな気持ちが叶えられる!


「わがままBodyトレーニング」は、誰でも自宅でできるシンプルなトレーニング方法です。
その最大の特徴は「有酸素運動×筋トレ」を交互に繰り返すこと。有酸素運動を行ってから筋トレをセットで行うことで、脂肪が燃えやすくなるのです。
まずはその場で素早く足踏み(クイックステップ)を40秒。そして腹筋を目標10回。腹筋ができなくても、イスを使った“かんたん腹筋”目標3回から始めれば大丈夫。
毎日、違うメニューを組み合わせることで、いろいろな部分をバランスよく鍛えられます。

このメソッドにチャレンジした女性たちからは、「全体的に引き締まり、健康的な印象に」「1か月で太ももにスキマができました!」「きついズボンが楽に入るように」「フェイスラインが引き締まりました!」と反響が寄せられました。

「“運動”は“運を動かすこと”。体が変われば人生も変わります!」というAYAさん。
見た目も体の内側も、めざせマイナス5才!




うのさん×AYAさんによるトークイベントが7月13日(水)に開催決定!


『うの・AYA わがままBodyトレーニング』の発売を記念して、タワーレコード渋谷店でおふたりによるトークイベントの開催が決定しました。参加者には、おふたりのサイン入り本をご用意します(別途、発送にてお渡し)。さらに会場にて、おふたりからのプレゼントの抽選会も予定しています。ご予約は先着となりますので、この機会をお見逃しなく!

『うの・AYA わがままBodyトレーニング』発売記念トークイベント&抽選会
日時:2022年7月13日(水) 集合14:00 開演14:30
場所:タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIO
参加方法:以下のサイト(タワーレコードオンライン)からお申し込みください。
特設ページ:
https://tower.jp/article/feature_item/2022/06/17/3001
※このサイトは6月18日(土)12:00以降に閲覧できるようになります。

撮影/土屋崇治
【神田うの プロフィール】 
モデル・ファッションデザイナー・ライフスタイルプロデューサーとして活躍。卓越したセンスと天真爛漫なキャラクターで多くのファンを魅了。妻、母としてSNSの発信も注目を集めている。2022年3月に初のフィットネス事業『BeyselUNO株式会社』のブランドアドバイザーに就任。


撮影/土屋崇治
【AYA プロフィール】 
大学卒業後、トレーナーとして活動を開始。“日本総フィットネス化”というスローガンを掲げ、日本のフィットネス業界を牽引し続けている。著名人の専属トレーナーのほか、『BeyselUNO株式会社』の統括プロデューサーを務める。


※書影以外の写真をご使用する際は「撮影/土屋崇治」とクレジット表記をお願いいたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)