医療・医薬・福祉 その他

皮膚観察用カメラ/スコープを欧州で販売開始

カシオ計算機株式会社
欧州医療機器規則(MDR)におけるEU適合宣言書の発行が完了

カシオ計算機は、皮膚観察用のダーモカメラTM「DZ-D100」とダーモスコープTM「DZ-S50」の欧州医療機器規則(MDR)の適合性調査、及びEU適合宣言書※1の発行が完了し、8月から欧州地域での販売を開始します。「DZ-D100」と「DZ-S50」は、当社海外グループ会社カシオヨーロッパ(Casio Europe GmbH、ドイツ・ノルダーシュテット)とカシオエレクトロニクス(Casio Electronics Co. Ltd.、イギリス・ウェンブリー)より発売予定です。 ※1 宣言書は製造者である山形カシオ株式会社が主体となり発行しています。




当社は、患部の接写や通常撮影が行えるダーモカメラTM「DZ-D100」と、撮影した画像を管理できる無料のソフトウエア「D’z IMAGE Viewer」を2019年5月より国内向けに提供を開始。2020年3月には、軽量かつ広範囲での皮膚観察ができるダーモスコープTM「DZ-S50」を発売しました。海外においても、米国、オーストラリア、ニュージランドの3カ国で販売を行うなど事業の強化を図っています。

EU適合宣言書の発行により、「DZ-D100」と「DZ-S50」はEU適合法令を満たしていることを意味するCEマークの表示が可能となります。これを受け、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス※2など欧州での販売を8月に開始します。
※2 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱していますが、2023年6月までは従来と同じCEマーク表示での製品販売が可能です。

当社は、米国・オセアニアに続き欧州地域での販売も開始することで、医療事業の拡大を図るとともにグローバルでの皮膚医療へ貢献してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)