医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

業務提携先に健診機関向けWeb問診システムのOEM提供開始

株式会社ヘルステック研究所
大学保健管理部門システムでの知見・実績を生かして健診機関向けにバージョンアップ

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都市左京区 代表取締役:阿部達也)は、複数大学で導入実績のある大学保健管理部門向けサービス『CAMPUSシリーズ』で培ったノウハウをもとに、健診機関向けWeb問診システムを開発し、業務提携先のクロスウェイ株式会社(本社:大阪府吹田市 代表取締役:久松俊昭)にOEM提供を開始しました。


■開発の背景
紙の問診票の内容・記入漏れの確認作業には多くの時間が費やされ、健診機関の負担となっていました。
また、健康診断は種別により問診項目が異なっているため、受診者の人数に関わらず種別ごとの問診票を用意・管理しなければならず、問診票の印刷代や保管スペースの確保が必要です。
このような健診機関の困りごとを解決するために開発されたのが、健診機関向けWeb問診システムです。

■健診機関向けWeb問診システムとは
本システムは、大学健康診断に知見・実績のあるヘルステック研究所が、健診機関向けにWeb問診システムをバージョンアップしたもので、多数の健診機関にシステム導入実績のあるクロスウェイ株式会社と業務提携し、そのOEMを提供することとなりました。
健診申込者が健診機関から事前に付与されたID・パスワードを用いて専用ページにログインし、Web上で問診項目に回答・データを送信する仕組みで、管理番号等の予約時の情報が問診ページに反映されるため、個人の識別が簡単に行えるほか、未入力の項目があればページの更新が行えないよう設定できるため、問診票の確認作業が大幅に軽減されます。問診内容を後からシステムに入力する必要もありません。
また、システムひとつで各種健診用に問診項目の追加・削除ができるため、ベーシックな生活習慣病健診から人間ドック、特殊健診など幅広い健診種別への対応が可能です。
確認や入力にかかる人件費や印刷代などのコストを大幅に削減できるほか、作業負担の軽減にも貢献します。

■今後の展望
Web問診システム以外にも、随時健診機関向けに各種システムのバージョンアップや新規開発を行っており、サービス提供を図っていく予定です。

<業務提携先>
社名:クロスウェイ株式会社
住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町27-12
TEL/FAX:06-6337-3666/06-6337-3664
URL:http://www.crossway.co.jp
代表者:代表取締役 久松 俊昭
資本金:2,000万円
創立:1993年12月
取得認証:プライバシーマーク 2008年11月取得、2020年11月更新
     ISO27001      2012年5月取得、2018年4月改訂
納入実績:全国約380ヶ所
病院、健診センター、診療所、企業健康管理室、
自治体公共施設(体育館、スポーツ施設等)、健康増進施設、保健所、
民間フィットネスクラブ、スイミングスクール、大学
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)