美容・健康 医療・医薬・福祉

Dr.Visea脱毛機の学術顧問が開催する「脱毛基礎知識講座」と脱毛機の今後とは。

株式会社Dr.Visea
セミナーは毎月2回初級・中級を開催中!条件を満たした方にはディプロマを発行。下記からお申し込みください!https://visea.jp/seminar/

6月21日に楢村教授初級セミナーを開催。 楢村教授は普段どのようなことをされている方なのかご紹介いたします!


業務用エステ機器販売メーカーDr.Visea(ドクタービセア)が開発・販売している業務用脱毛機『クリアスキンネオ』。これまで1,500台以上の販売実績を誇る『クリアスキンネオ』は、脱毛研究を専門とする大学教授監修のもと作られた安全性が高い脱毛機となっています。

今回は、クリアスキンネオセミナーのご紹介と学術顧問がどのような方なのかご紹介します。


楢村先生による脱毛無料セミナー開催中!

Dr.Viseaではご新規様とマシン購入者様向けに、楢村先生の無料脱毛セミナーを開催しています。脱毛のメカニズムや効率的な脱毛方法などについて医学的な観点から学べるため、初めて脱毛メニューを取り入れる方はもちろん、すでに脱毛メニューを実施されている方にもおすすめです。
また、初級・中級講座に参加し、脱毛施術Before/After写真を提出など条件を満たした方には「大学研究室学術研究協力店」の称号を授与しております。

- 参加対象
初級:脱毛機導入を検討している方・クリアスキンネオを導入していいる方
中級:クリアスキンネオを導入している方

- 開催日時
初級:6月21日 (月) 13:00~
中級:未定
※変更などは下記から確認ください
https://visea.jp/seminar/

- 開催場所
ZOOM
※ お申し込み後にZOOM URLを記載したメールを送付しています。

- 概要
初級:毛が抜ける仕組み・脱毛とは何かという基礎的なところからお伝えいたします。
中級:初級編でお伝えしした内容を踏まえ、より効果の出しやすい施術方法やエビデンスを元にした脱毛理論をお伝えします。




そのほか、融資・補助金セミナーなども実施しておりますので、脱毛機の購入を検討中の方はぜひ一度お問い合わせください。
開催中のセミナーは下記からご覧ください。
https://visea.jp/seminar/


<楢村教授のご紹介>


『クリアスキンネオ』の学術顧問である楢村先生の専門研究領域は血液浄化および医療機器開発




▲倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科|楢村友隆先生

ークリアスキンネオの学術顧問である楢村先生は大学で普段どのような研究をされていますか?

〈楢村先生〉腎臓の機能を代替する人工透析治療など、血液を綺麗にする治療法を専門に研究しています。腎臓病の治療法だけではなく、血液中の悪玉コレステロールを下げる治療法や、血液中の特定の不純物のみを除去する治療法なども研究しており、美容クリニックの顧問も務めています。
そのほか、医療機器全般を専門としており、医療機器の開発や評価なども行っています。
脱毛、美容液導入(イオン・超音波・エレクトロポレーション・プラズマ)、ハイフなどに用いられている美容機器の原理は医療機器と同じですので、我々の専門領域です。ですので、美容機器の開発や評価も長年やらせていただいています。

ー楢村先生の研究と美容機器にはどのような関連性がありますか?

〈楢村先生〉数年前、ある美容クリニックから美しく若返るためのアンチエンジング治療の一環として血液浄化が注目されており、その効果について意見を伺いたいとの話を頂きました。以来、美容クリニックに顔を出すようになり、クリニックで扱われている装置を目にする機会が増えました。
美容機器の殆どは、もともと医療分野で使われている医療機器の出力を下げて美容効果を得る装置が多く、我々の専門領域であることを知りました。一方で、美容機器に関する論文などは殆ど出ておらず、その有効性・安全性に疑問を持ったことから、美容機器を対象とした研究や評価を始めた経緯があります。

『クリアスキンネオ』が数あるエステ用脱毛機のなかで優れている理由とは?




ーなぜ、数ある脱毛機の中で『クリアスキンネオ』を共同研究の対象に選ばれたのですか?

〈楢村先生〉これまで医療脱毛に関しては知見があったのですが、エステ用脱毛機(光脱毛機)についてはあまり触れる機会がありませんでした。
そこで、国内で販売されているほぼすべてのエステ用脱毛機(光脱毛機)のカタログを取り寄せ、問い合わせることからスタートしました。

・家庭用電源の100ボルトで使える脱毛器か?
・しっかりとしたエビデンスを元に開発されている脱毛機か?
・販売元が国内であるかどうか?
・実際に試してみて脱毛効果はどうか?
・ヒゲに照射して痛みに耐えられるエネルギー密度であるかどうか?
・ホームページやカタログの内容が誇大広告となっていないかどうか?
・価格と性能に大きな乖離がないか?
・購入後のアフターサービスがしっかりと行える体制を整えているかどうか?
など

まずは上記の観点から数機種に絞り、それらのエステ用脱毛機(光脱毛機)を全て試したうえで『クリアスキンネオ』が一番優れていると判断し、共同研究の対象として選出させていただきました。

ー多くのエステ用脱毛機を調べてみて『クリアスキンネオ』はどのような違いがありましたか?

〈楢村先生〉さまざまなメーカーの脱毛機を調べるなかで誇大広告をよく目にしました。誇大広告だけでなく、ホームページに平気で間違った情報を掲載しているメーカーも少なくありません。
例えば、「200ボルト電源を使用しハイパワーで脱毛できます」などとうたわれている脱毛機がありますが、それらはあくまで装置が駆動する電気容量のことで、光のエネルギーがハイパワーな訳ではありません。そもそもハイパワーで照射すると医師法に抵触する恐れがあります。装置が稼働する電気容量が高いということはマシンスペックとして効率が悪く、電気代も高くなります。あと、高速連射をうたっている脱毛器もありますが、装置の仕様からすると同じエネルギーで光が照射されているのか甚だ疑問です。私自身、電気・電子工学も専門ですから、装置の仕様が分かれば連射の上限はすぐに計算できます。



また、エステ用脱毛機の脱毛方式には「IPL方式」「SHR方式」の2種類がありますが、それ以外に「〇〇方式」とうたわれている装置メーカーもあります。それはメーカーが独自に付けた名称であり、学術的には「IPL方式」もしくは「SHR方式」のいずれかに分類されます。
『クリアスキンネオ』は「IPL方式」「SHR方式」の両方の脱毛方式を発毛状態に応じて選択照射できる点、誇大広告が無かった点などが他社との大きな違いかもしれません。

ー『クリアスキンネオ』で使用推奨されているDr.Viseaの施術用ジェルについてはいかがですか?
〈楢村先生〉抗炎症効果および保湿効果があるジェルでないと、施術後の痒みを引き起こす場合があります。また、粘度が最適なものでないとハンドピースの滑りが悪くなるため適切な脱毛ができません。

そういった点で、Dr.Viseaが販売している『クリアスキンネオ』の脱毛ジェルは優れており、また、拭き取り後に適度に乾くため施術時間の短縮にもなります。乾きが悪くベトつくジェルを使用すると、施術後の処理に思わぬ時間を取られてしまいますので。

楢村先生が考える効果のある脱毛とは?

ー最近の研究で脱毛に関して新たに分かったことはありますか?
〈楢村先生〉バルジ領域に適切な熱さえ加えれば、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊しなくても脱毛は可能である、ということです。

まず始めに、「永久脱毛」という言葉について説明しておきたいと思います。「永久脱毛」というと永久に全ての毛が生えてこないと思われがちですが、国際的には「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%未満であること(米国電気脱毛協会)」「3回の脱毛施術によって6ヶ月後に3分の2以上減毛していること(米国FDA)」と定義されています。そのため、完全に全ての毛が永久に生えてこなくなることを期待してはいけません。これは医療脱毛(レーザー脱毛)でも同様です。

2021年、著名な学術誌「Nature」に掲載された論文では毛が生えてくる過程がほぼ解明され話題を呼びました。

論文によると、バルジ領域にある毛包幹細胞の働きにより、毛球部(毛の根元部分であり、毛乳頭や毛母細胞が存在する部分)の無かったところに新たな毛球部ができることが分かりました。つまり、現在ある毛球部にダメージを加えて破壊したとしても、新しく毛球部ができ、発毛するということです。毛球部のみにターゲットを絞った脱毛方法だと数ヶ月後には毛が生えてきてしまいます。脱毛効果を得るには、毛の生成に関わるバルジ領域にダメージを与えることが必須となります。

あともう一つ、この論文では、毛包幹細胞が分化(細胞が増える際に役割に見合う機能を身につけること)して毛母細胞となり最終的に毛となるには、同じくバルジ領域にある特定の蛋白質が必須であることを指摘しています。蛋白質は熱に弱く、それほど高温にしなくても機能が阻害されます。つまり、この蛋白質の働きさえ阻害すれば新たに毛球部は作られず、毛は生えてこなくなるということです(バルジ領域自体を破壊する必要はないということです)。

国内では、「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為を医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する」と指摘されていますが、先ほどお話した通り、「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する」ような強力なエネルギーを有する光やレーザーを照射しなくても脱毛は可能ですので、安全範囲内でしっかりと効果を出せる出力に設定された脱毛器で施術することが重要です。

脱毛機を選ぶ際は、エビデンスに基づき、社内でしっかりとした製造・精度管理が行えているメーカーの脱毛器を選ぶのがポイントとなるでしょう。

ー脱毛方式以外に楢村先生が考える脱毛の重要ポイントはありますか?
〈楢村先生〉脱毛効果だけに目を向けるのではなく、施術時に使用するジェルや脱毛後の皮膚のケアが重要かと思います。
個人差はありますが、私は脱毛すると毛嚢炎(もうのうえん)ができやすい体質で、脱毛後の痒みにも悩まされました。

▲毛嚢炎(もうのうえん)…ニキビのような皮膚の盛り上がりが肌表面にできる炎症


脱毛完了まで施術を受け続けるには、毛嚢炎(もうのうえん)や痒みを引き起こさないように脱毛後のアフターケアをしっかりと行うことが重要です。

ステロイド薬を塗布してもすぐには炎症や痒みは収まらず、毛嚢炎(もうのうえん)の場合には逆に悪化することもあります。よって、脱毛後に行う皮膚の保湿・保護がとても重要になってきます。そこで私たちは、脱毛後の皮膚を乾燥から守り、痒みや炎症を抑える天然成分を配合した脱毛後専用ローションを開発しました。香りにもこだわっています。

脱毛の最終到達点は、毛が無くなる・生えなくなることに加え、毛穴も退縮し「美肌」になることだと考えています。このような専用ローションを用いて脱毛後のアフターケアを行うことで、副作用に悩まされず安定した定期的な脱毛を行うことができますので、結果的に脱毛効果も高まり、脱毛完了時には健康的な美しい肌を手に入れることが可能となるでしょう。

『クリアスキンネオ』1台であらゆる肌悩みにアプローチ可能




▲(左から)株式会社Dr.Visea代表:渡邊鷹海氏、学術顧問:楢村友隆先生

さいごに脱毛機の導入をお考えのオーナー様に一言いただけますか?

〈楢村先生〉脱毛器の性能や安全性はメーカーにより大きく異なるため、効果が有り安全性も担保された脱毛器を選ぶことが重要です。『クリアスキンネオ』は効果・安全性に優れていることに加え、1台でIPL脱毛・SHR脱毛のいずれかをお客様の発毛状態に応じて選択でき、さらにシワ/毛穴の開き・たるみ/シミ・そばかす/ニキビ・ニキビ跡/くすみ/赤ら顔などの肌悩みにアプローチするモードも備わっています。1台でさまざまなメニューを提供することが可能ですので、集客の幅が広がり、複数台のマシンを導入するよりも費用対効果が高くオススメの脱毛器だと思います。


===========

・クリアスキンネオwebサイト
https://clearskinneo.net/
・各種セミナー・体験会
https://visea.jp/seminar/


【会社概要】
会社名:株式会社Dr.Visea
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル2
代表者:渡邊鷹海
設立:2017年12月
URL:https://visea.jp/
事業内容:エステサロン向け美容マシン販売・直営サロンの経営

【お問い合わせ先】
TEL:0120-829-874 (平日10時~17時)
e-mail:sales@visea.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)