医療・医薬・福祉

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社、サル痘ウイルスDNA リアルタイムPCR検査キットを7月1日より販売開始

PSS
 プレシジョン・システム・サイエンス株式会社(以下PSS、本社:千葉県松戸市)は、サル痘ウイルス(Monkeypox virus)の日本国内への侵入と伝播防止に向け、CerTest Biotec, S.L.(以下、セルテスト社、本社:スペイン サラゴサ市)のサル痘ウイルスDNA PCR検査キット「VIASURE Monkeypox virus Real-Time PCR Detection Kit」(以下、本製品)を7月1日より販売開始致します。


 本製品は、ヒト由来試料中のサル痘ウイルスDNAをリアルタイムPCR法により検出する研究用試薬です。また、本製品は凍結乾燥試薬であり、常温保管ができます。セルテスト社より、患者の皮膚病変ぬぐい液、喉ぬぐい液、小胞液、小胞ぬぐい液、血清を試料として、陽性の検査結果が得られたことが報告されています。
*本製品は、当社が販売する全自動PCR検査装置「ジーンリード エイト」へ適用する予定です。

 なお、サル痘ウイルスによる皮疹の類症の1つとされる水痘・帯状疱疹ウイルスによる症状との鑑別のため、ヘルペスウイルス1&2、水痘・帯状疱疹ウイルスDNA PCR検査キット「VIASURE Herpes virus 1, Herpes virus 2 & Varicella Zoster Virus Real-Time PCR Detection Kit」を発売予定です。

 PSSは引き続き、新規感染症項目の検査試薬を素早く開発できる試薬メーカーと協力し、PCR 検査の全自動化と省力化、人為ミスと感染リスクの軽減、さらには、定評のある核酸(遺伝子)抽出技術を活かした検査迅速化と高感度化を通し、新規感染症の国内侵入・蔓延防止に貢献して参ります。

【製品の概要】





本製品は研究用試薬です。
サル痘ウイルスDNAのG2RとF3Lの2つの領域を検出します。
ヒトハウスキーピング遺伝子の1つであるhemoglobin subunit beta gene (HBB gene)をPCR内部コントロールとして用います。



製品名:VIASURE Monkeypox virus Real-Time PCR Detection Kit
製造元:セルテスト社(CerTest Biotec, S.L. スペイン サラゴサ市)
製品コード:E4054
内容量:96テスト分
保管温度:2~40℃(湿気・日光を避け、暗所に保存してください。)
全自動PCR検査装置「ジーンリード エイト」での蛍光検出チャンネル
チャンネル1(FAMチャンネル): サル痘ウイルスDNA
チャンネル2(HEXチャンネル): 内部コントロール
発売開始:2022年7月1日

【お問い合わせ先】
プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 営業部
TEL:047-303-4800(受付時間 9:00~17:00)
Mail:service@pss.co.jp

VIASURE Herpes virus 1, Herpes virus 2 & Varicella Zoster Virus Real-Time PCR Detection Kitの製品の概要については、別途、お問い合わせください。

■プレシジョン・システム・サイエンス株式会社
1985年設立。バイオ、医療研究開発の中心テーマである分子診断における各作業工程の自動化を追求した装置を開発し、世界的業界トッププレーヤーにOEM供給する。唾液採取キット、ラックQRコードによる検体管理、6~8 検体(混合)分注自動化システム、遺伝子解析装置等の機器を検査施設規模、目的に応じて組み合わせ、合理的なPCR検査トータルシステムを構築する。特に、コロナ禍では、全自動化されたPCR検査システムのgeneLEADが注目を集めている。今後、自社ブランド製品販売に注力していく方針。

設立日:1985年7月17日
代表者:代表取締役社長 田島 秀二
売上高:9,298百万円(2021年6月期)
従業員:187名(2021年6月末時点)
連結子会社:Precision System Science USA, Inc.(米国) Precision System Science Europe GmbH(ドイツ) ユニバーサル・バイオ・リサーチ(株) エヌピーエス株式会社(秋田県大館市)
品質管理:ISO9001、ISO13485 取得
株式市場:東京証券取引所グロース(コード番号:7707)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)