美容・健康

<調査結果>日焼け止めを重点的に塗る部位は?1位『顔』!

ARINA株式会社
調査レポート

ARINA株式会社が運営する20代~50代18人の女性による美容レビューサイト「mellow-メロウ-」(https://arinna.co.jp/mellow/)は、日本全国18歳以上の方を対象に「日焼け止めを重点的に塗る部位は?」とアンケート調査を実施しました。その結果を公表します。



調査方法:インターネット調査
調査人数:200人(10代:3人、20代:39人、30代:85人、40代:52人、50代:19人、60代以上:2人)
調査主体:ARINA株式会社、mellow-メロウ-
調査時期:2022年3月23日
調査レポート:https://arinna.co.jp/mellow/cosmetics-21/
*本アンケート結果を引用する場合は「mellow-メロウ-」のURL(https://arinna.co.jp/mellow/)を使用してください。

調査結果

「日焼け止めを重点的に塗る部位は?」とアンケート調査した結果、1位は『顔』でした。





1位:顔

・マスクをしているからです。
・顔がやはり一番人に見られるところなので、より気にしてケアしています。腕や脚などは服やカバーなどで直接的に日焼け対策ができますが、顔はそうもいかないから。
・シミ、シワになる可能性が高いからです。
・シミになるのが怖いので、顔は一番しっかりと塗り込みます。
・顔が1番目立つので顔は重点的に塗るように心がけています。


2位:腕

・一番日焼けしやすいとこだから。
・夏場は半そでで腕が常に日焼けしやすいから。
・自転車によく乗る為、とにかく腕が焼ける。
・夏は隠すのが難しく、顔のようにSPFファンデーション等も塗らない場所なので。
・日傘をさしてもなかなか腕を隠すことができないから。


3位:首

・日焼けしやすいから。
・ショートヘアなので、首に直射日光が当たりやすいので日焼け止めをしっかり塗っているため。
・個人的には首がイチバン日焼けするから。
・首、デコルテはつい忘れがちだがよく日焼けする部位なので。
・もちろん出ている部分全てに塗るけど、特に首は焼けやすいし塗り直しを忘れることがあるから
・顔にも重点的に塗りますが、化粧で覆う上にサングラスやマスクをするため、そこからでやすい首元は特に良く塗ります。


4位:手の甲

・紫外線の強い時期はほとんど屋内で過ごすため、日焼けをするとすれば、ドライブ中になります。ドライブ中は手の甲が焼けやすいので、念入りに塗るようにしています。
・車を頻繁に運転するので、顔は下地とファンデーションでケアし、手は日焼け止めでケアしている。特に右手のケアは大事にしている。
・顔周りは日傘でガードして、腕は長袖を着てガードしているので、出ている手の甲にしっかり塗ります!


5位:出ている部位すべて

・シミになってしまうから。
・日焼けをしやすい体質なので、出ている部分はすぐに焼けてしまう。どうしても、全部は覆うことはできないので、出ている部分はすべて日焼け止めを塗るようにしている。
・見えるところは焼けたくない。
・顔はもちろんですが、出ている部分は全てしっかり日焼け予防したいと思っているからです。


【総括】今回のアンケートで日焼け止めを重点的に塗る部位1位は『顔』でした

紫外線は季節を問わず私たちのお肌に降り注いでいます。特に「顔」は、最も人目に触れる部分であり印象を決める部位です。肌荒れや将来的なシミケアのためにも、日々コツコツとケアしたいですよね。今回の回答から、ライフスタイルや髪型、体質などを考慮してご自分に合った塗り方を工夫している女性が多いことが分かりました。「運転をするから右側が焼けやすい」など左右非対称の日焼けにも注意して、ご自分が焼けやすい部位を見極めることが重要ですね。

ARINA株式会社は、運営するメディア「mellow-メロウ-」を通じて、1人でも多くの人が、自分にぴったりの商品と出逢えるよう、社会に貢献してまいります。
■ARINA株式会社について
ARINA株式会社は、“メディアを通じ子育てを豊かに”を企業のVisionに掲げ、皆様の生活に寄り添ったライフスタイルメディアの展開やオウンドメディアの受託事業を展開しております。

会社HP:(https://arinna.co.jp/)
関連メディア:おうち教材の森 (https://naki-blog.com/study/)

〇商品の掲載依頼、メディアに関する問い合わせ先
https://arinna.co.jp/mellow/mail/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)