出版・アート・カルチャー

【シリーズ23万部突破】心も身体も元気になる「1分音読」、3冊ギフトBOXが3月25日より発売開始!

株式会社自由国民社
遠く離れて暮らす両親へ、大事な友人へ、自分自身へ――大切な人へ元気を贈るギフト。

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・伊藤滋)は、2020年3月25日より「心とカラダを整える おとなのための1分音読 プレゼントBOX」 を刊行いたしました。


「心とカラダを整えるおとなのための1分音読プレゼントBOX」(山口謠司・著)
2017年12月の刊行より、これまでに合計3冊を発売、累計23万部を超える人気シリーズ「心とカラダを整える おとなのための1分音読 」。
名文をたった1分「音読」するだけで、"文章が心と頭・カラダに響き、黙読では得られないメリットが得られる"、と発売後、シニア世代を中心にデイケアの現場、ご両親へのプレゼントなど幅広い読者の方に支持を受けてまいりました。
このたび、大切な人へ気軽にギフトとして贈ることができる、3冊入りプレゼントBOXを発売いたします。


シリーズ3冊が収録

【読者の皆様からの素敵なメッセージ】
・「遠方に住む娘がすすめてくれました。昔読んだ本を思い出し、大きな声を出して何度も読んで楽しくなります。字も大きく、振り仮名もあり、読みやすいです。」(72歳・女性)
・「アルツハイマーの妻と楽しく音読しています。良き日課となりました。感謝です。」(86歳・男性)
・「1日の中で老夫婦で話す会話もなく脳トレのつもりで声を出し読んでいますが楽しいです。」(70歳・女性)
・「両親にプレゼントして3人で毎日音読を楽しんでいます。すべての漢字にふりがながふってあるのでストレスを感じることなく音読ができてよいと思いました。」(38歳・女性)
・「毎日孫と一緒に音読しています。若いときに読み損ねた本を改めて知り本の楽しさの幅が広がりました。」(64歳・女性)
・「デイサービスで働いていますが、高齢の方には特に口腔体操、歌う事などで顔を動かして生き生きと生活していただけるよう、この本を活用しています。」(63歳・女性)



★人気の秘密1. 手軽にできる音読
「音読なんて、学生時代以来だわ」という人も少なくないかもしれません。
小学生のときを思い出してみましょう。大きな口を開けて、顔全体の筋肉を使って、明るく元気に本を読みませんでしたか?音読をすることで久々に大きな声を出し、懐かしい気持ちになる方が多いようです。

★人気の秘密2. 懐かしい名作の数々
谷崎潤一郎「細雪」、新美南吉「ごんぎつね」、鴨長明「方丈記」、孔子「論語」、高村光太郎「道程」、紀貫之「土佐日記」……本書には、小説、随筆、詩、童話、古文、漢文など、バラエティに富んだ懐かしの名作 約160作品が「1分を目安に読める文章」で収録。「元気が出る」「気持ちが落ち着く」「音やせりふを楽しむ」の3項目に分類されています。
昔を懐かしみながら作品と再会することができ、子供や孫と一緒に読むことで新鮮な気持ちになることもできます。

★人気の秘密3. 医師もおススメする「音読」の医学的効果
「音読」にはさまざまな医学的効果があるといわれています。
1.気持ちが落ち着く
2.やる気が出る
3.ストレス解消
4.脳の活性化
5.誤嚥性肺炎の予防
音読を習慣にすることで、さまざまな効果が期待できるでしょう。




書籍名:心とカラダを整える おとなのための1分音読 プレゼントBOX
定価:3900円+税(1300円×3冊)
著者:山口謠司(大東文化大学文学部准教授)
判型:A5判
ISBN:978-4-426-12185-3
発売日:2020年3月25日


【著者プロフィール】
山口謠司(大東文化大学文学部准教授)
1963年長崎県佐世保市生まれ。大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院に学ぶ。専門は書誌学、音韻学、文献学。10万部突破のベストセラー『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』など著書多数。

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス:https://a.r10.to/hVb3LN
Amazon:https://amzn.to/2xiXwal

会社概要】
会社名:株式会社自由国民社
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-11
代表者:伊藤 滋
設立:1928年(昭和3年)8月5日
URL:https://www.jiyu.co.jp/
事業内容:雑誌・書籍の編集、出版等

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社自由国民社
TEL:03-6233-0781
FAX:03-6233-0780

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社自由国民社
宣伝企画部
TEL:03-6233-0783
FAX:03-6233-0780
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)