医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

【速報】2020年 第32回介護福祉士国家試験 合格発表!!! 気になる合格点と合格率は?

株式会社カイゴメディア
介護職の国家資格「介護福祉士」の国家試験合格発表が3月25日14時に行われたことを受け、株式会社カイゴメディアは、過去のデータと照らし合わせ、今年度の試験の速報と傾向に関して提示いたします。 例年よりもやや易化し、合格点は77点となりましたが、合格率は数年ぶりに70%を下回る結果になりました。


「第32回 介護福祉士国家試験」結果速報

2020年1月実施の第32回介護福祉士試験の合格率は、69.9%となりました。
受験者数は、前回の94,610人より少ない、84,032人となり、合格者数は58,745人となりました。

合格率は下がり、3年ぶりにで70%を下回りました。
合格点は、試験が易化し、77点となりました

▷「第32回 介護福祉士国家試験」 合格発表概要


・受験者数:84,032人
・合格者数:58,745人
・合格率:69.9%
・合格点:77点


なお、ケアきょうでは解答速報や解説速報を配信しております。
試験を受けられた方、今後受ける方はご参照ください。
解答速報:https://carekyo.com/article/detail/72
解説速報:https://carekyo.com/article/detail/73

▷「介護福祉士国家試験」過去5年の合格率



合格率は、第28回までは60%前後を推移。
第29回で72.1%に大きく上昇し、第31回に73.7%となり、過去最高を記録しています。
今年の第32回においては、70%を下回りました。


▷「介護福祉士国家試験」過去5年の合格基準点



合格基準点は、総得点の60%程度(75点)を基準に、その年の平均点によって補正されます。
第32回の合格基準点は77点となり、+2点補正されています。

「例年よりも、午前中の試験は簡単だった」という声も多く、実際に第31回よりも高い合格基準点となりました。

▷「介護福祉士国家試験」過去5年の受験者数と合格者数



受験者数は、第29回で例年の約半数に減少。
第29回試験から、実務経験ルートの受験要件になり、「実務者研修の修了」が追加された影響が大きいようです。

第30回以降は9万人を超えていました。
第32回は前回より1万人ほど減少、84,032人となりました。
コロナウイルスによる影響などもあり、ピーク時の半分程度の水準にとどまっています。

==========

カイゴメディアの事業展開
カイゴメディアは、動画配信、SNSメディア運営など自社が行う介護職向け、在宅介護中のご家族向け情報発信に加え、介護業界が一体となって盛り上がるために、介護法人の事業を支援するマーケティングサービス(PR動画や広告制作、オンライン広告運用)なども展開しています。

日本の高齢化率はこのままのペースだと人口比で2025年に30%、2040年に35%を超えることが予測され、中でも75歳以上の人口は2025年に2,000万人を突破する見込みです。カイゴメディアは、高齢化社会を取り巻く課題を解決し「前向き」で「持続可能な」社会の構築を目指す事業を展開していきます。

カイゴメディアが運用するメディア
・介護職の皆様向けのウェブサイト「ケアきょう」
https://carekyo.com/
・介護職の皆さま向けのYoutubeチャンネル 「ケアきょう」
https://www.youtube.com/channel/UCNkibDFHKRpY3KNm-jTTIsQ
・介護職の皆さま向けのTwitterアカウント「ケアきょう」
https://twitter.com/CareKyo
・在宅介護のご家族向けのTwitterアカウント「元気が出るカイゴ!」
https://twitter.com/genki_kaigo


■会社概要
商 号:株式会社カイゴメディア
代表取締役:向笠 元
設 立:2018年7月
所在地:東京都渋谷区桜丘町4-17
事業内容:動画配信・SNSメディア運営事業
介護事業法人向けマーケティング支援事業
URL:https://kaigomedia.co.jp/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会