医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

【イラストで解説】こどものための正しい火傷の応急措置と予防方法

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、こどもの火傷について解説するイラストレーションを、本日一般公開しました。こどもの火傷は重症化リスクが高く、救急搬送が必要となる場合があります。救急集中治療医の見地から、こどもの火傷の手当て、また予防方法を、親しみやすいマンガで解説します。本資料は学校、企業、公共機関、町内会等で自由に配布・利用していただくことが可能です。




こどもの皮膚は、大人と比べて薄く、火傷の際には、重症化しやすい特徴があります。火傷になった場合には、こどもに適した応急措置が必要となります。また体表の10%に火傷が及んでしまうと、生命が危険にさらされます。冬のストーブのみならず、季節を問わずに使用する炊飯器やポット、また食卓の熱い飲み物など、大人にとっては身近な製品でも、こどもにとっては火傷の危険が潜んでいることがあります。救急集中治療医の視点から、こどものための正しい火傷の手当て、そして予防方法のポイントを解説します。


◆テーマ
「こどもの火傷に気を付けよう」

◆解説者
中田孝明
株式会社Smart119 代表取締役
千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 教授
https://twitter.com/Nakada119

◆印刷用資料ダウンロードリンク
https://smart119.biz/manga/000466.html

◆こどもの皮膚は大人に比べて薄いため、火傷をすると重症化しやすいのが特徴

◆体表の10%以上を火傷すると命に危険が及ぶ可能性が高まる

◆熱傷を起こした時の家庭でのケアポイント
・10分程度、火傷を起こした部分を水で冷やす
・服の上から火傷をした場合、脱がせず服の上から冷やす
・火傷を、氷水など冷やすのはNG。あまり冷たすぎると、かえって火傷を悪化させてしまう事も
・服の上から火傷をした場合、無理やり服を脱がせると、皮膚がはがれてしまう恐れがある
・火傷が広範囲に及ぶ場合は、身体を冷やすことで低体温になりやすいため気を付ける

◆家庭で気を付けること
・ストーブなどの家電は安全柵で囲み、こどもが近づけない工夫を
・炊飯器、ポット、加湿器は蒸気が出て危険 置く場所に気を付ける
・テーブルに、カップラーメン、コーヒーなど熱い飲み物や食べ物を置く場合、こどもの手が届かない場所に置く
・テーブル上の物は、こどもがテーブルクロス等を引っ張って落下させることがあるので注意


◆参考資料
・日本皮膚学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa8/q02.html
・日本創傷外科学会
http://www.jsswc.or.jp/general/yakedo.html
・日本熱傷学会
http://www.jsbi-burn.org/ippan/chishiki/outline.html
・東京消防庁
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/stop/stop04.html

◆医療情報イラストレーション・シリーズ ホームページ
https://smart119.biz/manga/

※画像など当コンテンツを報道にて引用いただく場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。



【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)