その他 医療・医薬・福祉

高齢者のQOL向上をめざす睡眠改善サービスを活用したフィールド実証を開始。利用者からも安心の声。

NTT PARAVITA株式会社
 加古川市(市長:岡田康裕)、NTT PARAVITA株式会社(代表取締役社長:中野 康司 以下NTT PARAVITA)、パラマウントベッド株式会社(代表取締役社長:木村友彦 以下、パラマウントベッド)の3者は、加古川市が直面する超高齢社会における社会課題の解決、高齢者のQOL向上、スマートシティの更なる発展を目的に、睡眠に着目したヘルスケアサービスのフィールド実証を令和4年4月より開始いたしました *1。



1.フィールド実証の背景と目的


 加古川市とNTT西日本は健康寿命の延伸および、社会保障費削減に寄与するサービス開発のため、ICTを活用し得られたデータをヘルスケアの分野に応用する「見守りサービスにおける健康寿命延伸サービスの実証実験」*2 を実施して参りました。

 NTT PARAVITAはNTT西日本とパラマウントベッドの合弁会社として令和3年7月に設立され、これまでのフィールド実証で培ったノウハウ等をもとに、睡眠に着目した地域住民の健康維持・改善、疾病の予防をめざすサービス「ねむりの見守り」(https://nemurinomimamori.nttparavita.com)を令和4年5月に提供開始いたしました。本フィールド実証は、地域包括支援センターで「ねむりの見守り」を活用し、睡眠から高齢者のQOL向上をめざす仕組みを検討するために実施いたします。




2.実施概要


 地域包括支援センターかこがわの協力のもと、加古川市にお住まいの要支援認定者(以下、利用者)約10名を対象に、シート型の睡眠センサー(Active Sleep Analyzer)を約3ヶ月間利用していただきます。そして、毎月取得した睡眠状況をレポートにして利用者に郵送した後、NTT PARAVITA保健師・看護師より睡眠改善に資する生活習慣の改善指導を行います。更に、利用者の同意のもと担当ケアマネジャーへ情報提供を行い、ケアプランへの活用に資するサポートを実施いたします。なお。フィールド実証の企画・評価は兵庫大学監修のもと実施いたします。


貸し出しする睡眠センサー「Active Sleep Analyzer」


提供するレポートサンプル


<フィールド実証実施イメージ>




3.各者の主な役割


3者共通の役割
・フィールド実証の企画、検証

加古川市
・実証フィールドの提供
・市内関係機関等の調整支援
・利用者の募集支援

NTT PARAVITA
・市内関係機関等の調整
・「ねむりの見守り」の提供
・利用者の募集
・睡眠データの分析

パラマウントベッド
・睡眠センサーデータサーバーの管理
・利用者の募集支援
・睡眠データの分析支援

地域包括支援センターかこがわ
・利用者の募集支援
・「ねむりの見守り」の利活用

兵庫大学
・フィールド実証の企画、評価監修



4.実証の実施状況


 フィールド実証開始から約2ヶ月が経過し、1回目の睡眠レポートの郵送と改善指導、担当ケアマネジャーのサポートが完了いたしました。利用者からはご自身の睡眠に関する驚きや安心の声、担当ケアマネジャーからは睡眠データの有用性に関する声をいただいております。

<利用者、担当ケアマネジャーの声>
【利用者】
・自分では寝られていないと思っていたが、寝られていたことがわかった
・保健師、看護師と話すことで社会とのつながりを実感できて嬉しい
・十分に寝られていることがわかったため、今後睡眠薬を飲み続けるかどうか考えてみたい

【ケアマネジャー】
・今回の実証に参加して、ご家族も睡眠状況に関心を持たれていた
・夕食後のうたた寝や夜中の中途覚醒があることをはじめて知ることができた
・当初参加に対して遠慮をされていたが、現在は楽しく参加されており、ご本人にとって良い体験
になっていると感じている



5.今後の展開


 高齢者が幸せを実感できるまちづくりをめざし、本フィールド実証の効果検証と課題の洗い出しを行い、地域包括支援センターかこがわでの取り組みの改善や市内全地域包括支援センターへの拡大を検討します。また、高齢者のみならずケアマネジャーの負担軽減を図ることや、取得した睡眠データを加古川市全体のWell-being向上のために活用する方法を検討してまいります。



本件に関するお問い合わせ先


NTT PARAVITA株式会社 担当:延原(のぶはら)
Email:contact@nttparavita.com
メールのタイトルに、「加古川市フィールド実証」もしくは「ねむりの見守り」に関するご連絡である旨を明記ください。



※ニュースリリースに記載している情報は発表日時点のものです。現時点では発表日時点での情報と異なる場合がありますので、予めご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。



------------------------------------
*1 この取組は、本人や家族による健康状態のセルフチェックや健康の維持・改善に役立てることを目的としたものであり、個人の行動の監視や、医療的な行為を行うものではありません。

*2 令和元年度「見守りサービスにおける健康寿命延伸サービスの実証実験」(加古川市)https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakubu/kikakubukohoka/ict/1564980916984.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)