ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

ニチバンがエコシステム・パートナーとして参画

Plug and Play Japan株式会社
Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、代表 高津敏明、以下「ニチバン」)がエコシステム・パートナー(*1)として当社プログラムに参画することをお知らせいたします。今後Health(ヘルスケア)分野を中心にオープンイノベーションに向けた取り組みを推進してまいります。




今回エコシステム・パートナーとして参画いただくニチバンは、「絆を大切にニチバングループにかかわるすべての人々の幸せを実現する」ことを使命として、主にメディカル事業・テープ事業として、粘着・接着技術を多彩な分野で幅広く展開しておられます。
創業100周年を迎えた後の2019年からは、新たに掲げた中長期ビジョン『NICHIBAN GROUP 2030 VISION』のもと、イノベーション創出とグローバル拡大を主要戦略と位置付け、事業の「進化・深化」と「変革」に取り組んでおられます。
このたびのプログラム参加を通して、ニチバンは新たな価値創造につながる先端テクノロジーや革新的なビジネスモデルを持つ国内外スタートアップとの出会いを増やし、社外連携・協業による新規事業開発を加速させ、中長期ビジョンの実現を目指します。
Plug and Play Japanは、当社が有する国内外スタートアップとの豊富なネットワークとアクセラレーターとしてのナレッジの提供を通し、ニチバンのオープンイノベーションの取り組みを支えられるよう、幅広い支援を提供してまいります。

Plug and Play Japanのアクセラレータープログラムについて
Plug and Play Japanの企業パートナーと国内外のスタートアップ企業を結び、新たなイノベーションを創出することを目的としています。本プログラムを通し、企業パートナーは自社のイノベーションを加速させるような国内外スタートアップとのマッチングが可能になり、スタートアップは幅広く大手企業との連携機会を得られます。プログラムの締めくくりには成果を発表する「Summit」を開催。国内だけでは得られないようなイノベーションに関する最新情報を取得できるほか、業界の垣根を超えた交流が生まれる場となっています。

Plug and Play Japanについて
Plug and Play Japanは、世界トップレベルのアクセラレーター/ベンチャーキャピタルです。シリコンバレーに本社をおくPlug and Playの日本拠点として2017年に設立。現在では45社以上におよぶ各業界のリーディングカンパニーがパートナーとして参画しています。当社は「コンソーシアム型プログラムの提供」「グローバルネットワークを活かしたアクセラレータープログラムの提供」、そして「ベンチャーキャピタル投資によるスタートアップ支援」を強みとしており、革新的な技術やアイデアを持ち合わせるスタートアップと大手企業との共創を支援することで、イノベーションプラットフォームの構築を目指しています。

会社概要
社名:Plug and Play Japan株式会社
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス3F
代表者:代表取締役社長 ヴィンセント・フィリップ
URL:http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立:2017年7月14日
--
*1)エコシステム・パートナー:関心領域の事業課題や技術フォーカス分野におけるスタートアップとの協業促進を目的としたパートナー契約であり、アクセラレータープログラムに参加。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)