企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

hacomonoがSPORTEC 2022に出展。スポーツクラブ・運動スクール・公共運動施設におけるデジタル経営の未来を提案

株式会社hacomono
日本のウェルネス産業を、世界水準にするために

ウェルネス産業向けのオールインワン基幹システム「hacomono」を提供する株式会社hacomono(本社:東京都豊島区、代表取締役:蓮田 健一)は、2022年7月27日(水)からの3日間、東京ビッグサイトにて開催される、日本最大のスポーツ・フィットネス・健康産業総合展「SPORTEC 2022」に出展いたします。



■ スポーツクラブ・運動スクール・公共運動施設におけるデジタル経営を提案

日本におけるスポーツクラブ、スイミングスクール、ゴルフスクール、体操スクール・公共運動施設などのウェルネス店舗・施設は、デジタル化・オンライン化に遅れを取っており、入会時の書類作成、会員証発行・スクールレッスンの出欠管理、台帳でのパーソナルトレーニング管理などアナログ的手続きが多く、まだ多くの店舗において非対面型店舗運営に課題があります。

「hacomono」は来店前に予約から決済がお客様側端末で完結し、店舗運営におけるオンライン化・事務作業レス・キャッシュレスを実現するだけでなく、オンラインレッスンの実施や、IoTハードウェアによる店舗運営の省人化、データドリブン型の経営プラットフォームを提供します。今回のSPORTECでは、新たにリリースされるスクール機能・POSレジ・在庫管理機能のほか、最新事例のご紹介など、リアル店舗・施設のDXをさらに加速させるためのネクストスタンダードを提案いたします。ブースにて、実際にお客様が触れる画面および、店舗様側の運営画面をぜひご体験ください。



■ セミナーに登壇

ブース出展と並行し、セミナーにも登壇いたします。

7月27日(水) 13:15 ~ (30分)【フィットネスクラブDXのリアル事例紹介!継続率を高める会員データ、行動データ活用術セミナー】



フィットネスクラブにおける経営データは、DX活用によってこれまで以上に取得しやすくなりました。
・マーケティングチャネルと会員データとの連動
・会員の継続率、離脱率、LTV
・スタジオレッスン参加者の集計(プログラム別、インストラクター別)
など、これらのデータを取得した先に、どのように考え、次のアクションにつなげるのか、データ分析における因数分解の方法や、PDCAの回し方の実例をご紹介いたします。

申込:https://reg-visitor.com/seminar/list.php?md=detail&smid=2143&applybtn=1&sid=46&1656375050&id=46


7月28日(木) 13:00 ~ (45分)【徹底討論!公共施設の管理・運営に活かす民間スポーツ施設運営のノウハウとは】



事業の柱となる公共運動施設の受託運営では、民間における店舗運営のノウハウが基盤となり、大きな利益を生み出します。公共施設での現状の課題をもとに、フィットネスクラブ運営から活かせる運営ノウハウをメーカー3社それぞれの視点で徹底討論。また、マシンを活用した利用動向集計や会員データなどを活用した未来のDX構想をご紹介いたします。

申込:https://reg-visitor.com/seminar/list.php?md=detail&smid=2149&applybtn=1&sid=46&1656375050&id=46


7月29日(金) 13:00 ~ (30分)【hacomonoが描く総合フィットネスクラブの未来像】



新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会情勢は大きく変化し、多くの施設が変化を求められました。一方でフィットネス業界のDX化は一気に加速し、デジタルを活用した店舗運営が当たり前になりつつあります。今回のセミナーでは、hacomonoを利用している総合フィットネスクラブの事例をもとに、DX化したことにより見えてきたメンバー毎の行動データやこれまで培ったhacomonoでのデータを、総合フィットネスクラブの未来像と交えてご紹介します。

申込:https://reg-visitor.com/seminar/list.php?md=detail&smid=2153&applybtn=1&sid=46&1656375050&id=46


■ hacomono とは


リアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客様自身のPCやスマホ端末からオンラインで完結し、店舗での事務手続きや支払い手続きが大きく削減できるクラウドサービスです。店舗側では、月謝の引き落としや未払い徴収に関するオペレーションも自動化され、スタッフ業務の大幅省力化を図ることができます。
2019年3月にサービスをリリースし、これまでに1,500店舗以上が導入。コロナ禍により、店舗は人との接触を削減する必要があり、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えています。

<料金>
初期費用:150,000円~(税別)
月額利用料金:1店舗35,000円~(税別)※店舗数による割引有

<サービスページURL>
https://www.hacomono.jp/

<会社概要>
社名:株式会社hacomono
所在地:東京都豊島区南池袋2-35-4 ユニティ池袋5F
代表者:蓮田 健一
創業:2013年7月
資本金:100百万円
事業概要:月額制サブスク店舗のための次世代会員管理・予約・決済システム「hacomono」の開発・提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)