ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

眼科の採用を支援する株式会社Contact、“視能訓練士” の情報に特化した「Contact メディア」を公開

株式会社Contact
~ 就活・転職から臨床現場で役立つ記事まで幅広い情報を掲載 ~

眼科に特化した採用、マーケティング支援を提供する株式会社Contactは(本社 : 長野県北佐久郡軽井沢町、代表取締役社長:依田龍之介)は、視能訓練士に特化したオウンドメディア「Contact メディア」(https://contact.ne.jp/media/)を公開しました。Contact メディアを通じ、就職・転職や臨床現場で課題を抱える視能訓練士の皆様に対し、役立つ情報を発信してまいります。






■視能訓練士とは
 眼科専門の検査技師として1971年に誕生した国家資格を有する視機能のスペシャリストです。現在、約16,000名が国家資格を取得しています。(*1)

■「Contact メディア」とは
 「Contact メディア」とは、視能訓練士に特化したお役立ち情報を発信するメディアです。現場に即した正確な情報を提供するため、弊社専属の現役視能訓練士ライターによって記事が執筆されています。
 視能訓練士は「現在の職場より条件の良いところがあれば移りたい」と37.6%(20代では48.3%)が回答するなど、現在の職場に不満を持って勤務している方が多い傾向にあります。(*2) 視能訓練士に対するヒアリングから、勤務先に不満を抱える理由として「就活・転職時の事前の情報不足からくる就職後のミスマッチ」が要因であることがわかりました。
 Contactメディアは就活・転職時における視能訓練士の「情報不足」を解消し、眼科医と視能訓練士のミスマッチを防止するためにリリースいたしました。「Contact メディア」は、関心が高い「キャリア」に関する情報をメインコンテンツとし、今後は「臨床現場で役立つ情報」へとコンテンツ領域を拡大し、眼科の臨床を支援してまいります。

■コンテンツ例
【キャリア】
・面接対策|視能訓練士の面接でよくある質問への回答一覧
・視能訓練士の履歴書の書き方!具体例も紹介
【検査・臨床】
・「検査を嫌がる子供への対応」小児視力検査の悩みを解決
・情報をうまく引き出す問診術「再診・小児におけるコツも解説」




■株式会社Contactについて
 眼科は専門の検査技師「視能訓練士」が在籍する非常に珍しい診療科です。診療においては眼科医と視能訓練士の強固なパートナーシップが大切な一方で、いまだ非効率な採用活動が行われており、相性の良いパートナーと出会えないという課題を双方が抱えています。
 私たちは、眼科医と視能訓練士が勤務先に満足し、働ける社会を目指して眼科に特化した採用支援サービスを開発しています。眼科に携わるメンバーが多数在籍しているContactは、現場の課題に寄り添い、臨床に従事する皆様が採用に悩む時間を患者さんのために使えるよう、全力で向き合います。

(出典)
*1:公益社団法人 日本視能訓練士協会
*2:公益財団法人 日本視能訓練士協会「視能訓練士 実態調査報告書2020年」

■会社概要
会社名:株式会社Contact
代表者:代表取締役CEO 依田龍之介
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町
設立:2022年1月17日
事業内容:眼科に特化した採用・マーケティング支援

会社HP:https://corp.contact.ne.jp/
Contact メディア:https://contact.ne.jp/media/

■このプレスリリースに関するお問合せ先
お問合せフォーム:https://corp.contact.ne.jp/#inquiry

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)