企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

治験・臨床研究クラウドサービス提供のアガサ、代表取締役社長・鎌倉 千恵美が、第420回「40代起業家特集」に登壇決定!

アガサ株式会社
治験・臨床研究クラウドサービス「Agatha(アガサ)」を提供するアガサ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鎌倉 千恵美、以下 アガサ)は、7月7日(木)7:00から開催される、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すプラットフォーム「Morining Pitch」の、第420回「40代起業家特集」に登壇することをお知らせいたします。代表の鎌倉千恵美が、アガサの事業内容やビジネスの将来性について、お話しします。






Morning Pitchとは



Morning Pitchは、毎週木曜AM7時から開催している、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたピッチイベントです。毎週5社のベンチャー企業が、大企業・ベンチャーキャピタル・メディア等のオーディエンス約200~300名に対しピッチを行います。

2013年1月から開始し、2021年12月時点で全400回超、累計1,900社超のベンチャー企業が登壇しています。デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社、野村證券株式会社の2社が幹事となり開催しています。

※Morning Pitch公式ページ:https://morningpitch.com/

今回、アガサ代表の鎌倉は、第420回「40代起業家特集」に登壇いたします。
ご参加希望の方は、以下概要をご確認の上、お申し込みください。

●日時:2022年7月7日(木)7:00-9:00

●ご参加方法:予約者限定のLIVE配信となります。
(※視聴方法の案内については予約者様へ別途ご案内させていただきます)

●お申込み方法:マイページよりログインいただきお申し込みください。
(※メンバー登録が必要です)
https://job.axol.jp/gs/c/morningpitch/mypage/login



治験・臨床研究クラウドサービス「Agatha」とは



アガサでは、医療機関と製薬企業の利用者が、治験・臨床研究の文書をクラウド上で共有・保存・管理することができるサービス「Agatha」を開発・提供しています。日本並びにグローバルでサービス展開しており、日本国内では、臨床研究中核病院の8割で利用実績があります。

新型コロナウイルスの影響により、治験・臨床研究の現場においても医療機関への訪問制限やリモートワークが実施され、印刷や郵送などの事務作業が進まず、従来の「紙」ベースでは業務に支障をきたす事態が散見され始めました。

その結果、「紙」を電子化して管理できるシステムへのニーズが急速に高まり、それに従い、「Agatha」の国内利用者数も11,000名以上増加しています。


【アガサ株式会社について】
治験・臨床研究の文書をプロジェクト単位で共有し、管理・保存するためのクラウドサービス「Agatha」を、医療機関、製薬企業、医療機器企業、CRO(医薬品開発受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、臨床検査会社などに提供することにより、治験・臨床研究の効率化・省力化に貢献することをミッションに掲げてスタートした会社です。

将来の日本の子どもたちが、日本の生活、文化、技術、医療が世界一と信じられる、誇りと感じられる世の中を作ること、そして日本中の研究機関から、新しい治療法や薬が創出される仕組み・基盤を作り、日本の技術や産業によって、世界中の人々の健やかな人生に貢献することをビジョンとしています。

【アガサ株式会社】
会社名:アガサ株式会社(Agatha Inc.)
代表者:代表取締役社長 鎌倉 千恵美
住所:〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町7-1 Kabuto One 9階 WeWork
資本金:8億9,300万円(資本準備金を含む)
設立:2015年10月2日
URL:https://www.agathalife.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)