医療・医薬・福祉

スマルナが新サービス“自宅で性感染症検査ができる”「SILABELL(シラベル)」の提供を開始

株式会社ネクイノ
~購入前の不安から検査後のご相談など、365日オンライン医療相談を受け付けサポート~

 株式会社ネクイノ(大阪市北区、代表取締役:石井 健一 以下ネクイノ)が運営する、オンライン・ピル処方サービス「スマルナ(※1)」は、自宅で性感染症検査(性器クラミジア・性器淋菌)ができるサービス「SILABELL、以下シラベル」の提供を開始しました。  6月13日より、スマルナユーザー向けに先行提供しており、すでに多くの皆さまにご利用いただいているという現状から、ユーザーのご意見をもとに、この度、よりサポート体制を整え一般提供を開始するに至りました。





「シラベル」について
 シラベルは、検体採取キットを用いて検体採取、臨床検査を行い、結果を提供するサービスです。自宅で簡単に性感染症検査(性器クラミジア・性器淋菌)ができるほか、スマルナに提携する助産師・薬剤師によるオンライン相談をご利用いただけます。購入前の不安から検査後のご相談まで、人に言いづらいお悩みに寄り添い、専門家による適切なアドバイスを行います。

▼シラベル公式サイト:https://smaluna.com/lp/std-kit-2-rimd/?utm_source=pressrelease&utm_medium=url&utm_campaign=9

サービスに関するお問い合わせ:https://silabell.net/contact
(平日・土日祝 10:00-18:00)

・個人情報の取扱について:https://silabell.net/help/privacy
・その他よくあるご質問についてはこちらより: https://silabell.net/faq

ご利用手順

※お申し込み後、3営業日以内に検査キットが発送されます。
在庫状況によっては遅れる場合がございますのでご了承ください。



■性感染症とは?
 性行為などによって感染する感染症のこと。症状が悪化すると子宮頸管炎・子宮内膜症や不妊など様々な問題を引き起こすため、感染の早期発見・治療が重要です。早期発見・予防のために、定期的な検査をおすすめしております。

(※)検査できる項目について
・クラミジア
 最も多い性感染症です。性行為によって子宮頸管に感染し、おりものの増加や不正出血、下腹部痛、性交痛などが現れることがありますが、自覚症状が無い場合が多く、感染に気づかずにパートナーにうつしてしまう可能性があるほか、子宮頸管炎・子宮内膜症や不妊などの原因にもなります。

・淋菌
 クラミジアと並んで感染者が多い性感染症です。性行為によって子宮頸管に感染し、おりものの増加や不正出血などの症状が出ることもありますが、自覚症状が無い場合が多く、感染に気づかずにパートナーにうつしてしまう可能性があるほか、子宮頸管炎や不妊などの原因にもなります。

<参照> 厚生労働省 性感染症報告数(2004年~2020年)
「性別にみた性感染症(STD) 報告数の年次推移」https://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html

「シラベル」提供開始の背景
 スマルナでは、“ココロとカラダが健康で、ワタシらしい人生を選べる世の中をつくる”ことを目指し、心理的・物理的なハードルによって医療へ十分にアクセスできない方々に医療を身近に感じていただける環境づくりをすすめています。性感染症は、無症状の場合も多く、感染に気づかずに放置してしまうケースも少なくありません。また、軽い症状だからと放置すると、不妊の原因となったり、パートナーへ感染を広げてしまったりする可能性もあります。そこでスマルナでは、少しでも不安に感じた時に、気軽に検査できる環境を提供したいという思いから「シラベル」の提供を開始しました。あらゆる人が健康的な毎日を過ごせるよう、科学的根拠に基づく知識や情報を提供し、婦人科の受診率やヘルスリテラシーの向上を目指します。

~スマルナでは性感染症に関する記事を公開しております~
・あなたは大丈夫?性感染症の種類や予防の仕方、そして治療について知っておこう!
URL:https://media.smaluna.com/posts/fh2nl3hybb

2020年5月に公開しました「PILL FACTBOOK/経口避妊薬ファクトブック~人々が健康に活躍できる社会のために みんなに知ってほしい7つのこと~」でも、性感染症について掲載しております。デジタル版にて無料で公開しておりますので、ぜひご覧ください。

URL:https://smaluna.com/assets/pdf/PILL-FACTBOOK_Vol2.pdf


はじめに
1.ピルの普及状況/日本はピル後進国
2.ピルの服用目的/避妊だけではないピルの効用
3.避妊/世界と比較する日本の避妊
4.性感染症/性感染症を防ぐために
5.中絶/解決すべき社会的課題
6.少子化/ピルの普及で少子化が進む?
7.婦人科系がん/婦人科系がんリスクの低下のために


(※1)スマルナについて
 2018年6月にリリースされた、オンライン診察でピルを処方するアプリ。生理や避妊で悩む方と医師をオンライン上で直接つなぎ、ピルをお届けするほか、助産師や薬剤師が相談を受け付ける、スマルナ医療相談室を運営。メディカルコミュニケーション数(※2)は200万件を突破。10代~30代の方々を中心にご利用いただいている。スマルナアプリのダウンロード数は累計80万件を超える。(2022年5月時点)

スマルナ公式HP:https://smaluna.com/

(※2)メディカルコミュニケーション数
 スマルナでのオンライン診察回数、医療相談数、コミュニティでの質問・回答数、およびピルのお届け数の累計数

■株式会社ネクイノ 会社概要
 医師や薬剤師、弁護士など、医療及び関連法規分野に知見を持つ人材が集まり、2016年6月に創業。ICTを活用したオンライン診察をはじめ、健康管理支援、未病対策など、一人ひとりのライフスタイルや健康状態に合わせて選択活用できる医療環境を生み出している。「世界中の医療空間と体験をRe▷designする」メディカルコミュニケーションカンパニーを掲げ、テクノロジーと対話の力で世の中の視点を上げ、イノベーションの社会実装を推進。2018年6月、婦人科領域に特化したオンライン診察プラットフォーム「スマルナ」をリリース。2020年12月よりマイナンバーカードと健康保険証をリンクさせるセキュアな個人認証システム「メディコネクト」の提供を開始。

会社名:株式会社ネクイノ(英表記:Next Innovation Inc.)
代表取締役:石井 健一
所在地:〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目13番22号 御堂筋フロンティア WeWork
URL:https://nextinnovation-inc.co.jp/
設立:2016年6月3日
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)