金融 医療・医薬・福祉

H2株式会社と糖尿病領域での業務提携に向けた基本合意書の締結

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:大場 康弘、以下「当社」)は、H2株式会社(代表取締役社長:エド デン、以下「H2社」)と両社が展開するサービスの拡充と新たなビジネス機会の創出のため、業務提携に向けた基本合意書を締結しましたのでお知らせいたします。


1.背景
 当社は、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指し、健康サービスブランド「リンククロス」の立ち上げをはじめ、保険本来の機能(Insurance)に健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた、従来にない新たな価値「インシュアヘルス(Insurhealth(R))」の提供を行っています。
 H2社は、世界で約30万人が利用する糖尿病患者向けの健康管理アプリ「シンクヘルス」を展開するH2 Inc.の日本法人です。「シンクヘルス」は血糖値、血圧、体重、食事等のデータを入力し、その記録を直接医療従事者に共有することができるアプリで、日本におけるユーザーは約5万人です。世界最大の健康情報ネットワークHealthlineにおいて2017年および2018年の糖尿病管理ベストアプリに選ばれています。
 このたび、H2社の健康増進・健康管理サービスの知見と、当社の生命保険の保障機能とを融合することで、新たなサービスを開発することで合意し、業務提携にいたりました。

2.提携の概要
 本合意において両社は「シンクヘルス」を活用し、糖尿病患者の方をはじめ、健康維持、増進を目的とする皆さまをサポートするサービスを提供できる仕組みの構築を目指し、より健康な社会実現に貢献してまいります。
                                                 
                                                 以上

(参考)H2社の概要

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会