広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

[Astute Analyticaプレスリリース] 2022年の市場需要と用途を理解するために、分子FISHテスト市場に関する調査を実施しました。

Astute Analytica
北米では、先進国で高品質の分子診断テストが利用できるため、分子FISHテスト市場で最大約45%のシェアを占めています。


調査概要:
調査期間: 2022年2月8日から6月16日まで調査しました。
調査機関 :
調査委託先 : 株式会社 アステュート・アナリティカ
自社調査
調査対象 : 世界中のあらゆる規模の組織から、250人のリーダーを対象に調査を実施しました。
有効回答数 : (250人)
調査方法 : 電話調査110人、インターネット調査140人
調査回答者:調査は、企業の収益に基づいて企業間で実施されました。

調査結果:
質問:どの分子FISHテスト技術が求められていますか?

分子FISH検査技術は、その有効性と迅速な技術により需要が急増しています。 多くのFISHテクノロジーの中で、Cryo FISHテクノロジーは2020年に市場を支配し、市場シェアの約30%を占めました。

質問:分子FISHテスト市場でより需要のあるプローブタイプはどれですか?
高度な配列相補性を有するプローブは、核酸配列の特定の領域にのみ結合します。 本質的に小さなプローブのグループである全染色体プローブは、それぞれが特定の染色体の長さに沿って別個の配列に結合し、FISHテスト市場を支配します。

質問:分子FISHテストの主な用途をお聞かせください。
FISHは、特定の遺伝子または遺伝子のセクションを含む、ヒト細胞の遺伝物質を「マッピング」するテストです。FISHテストは、癌に関連する遺伝的異常を明らかにすることができます。ある種の癌の診断に有益であり、癌を市場で主要な用途にします。

質問:分子FISHテスト市場のエンドユーザーは誰ですか?
分子FISHテストには、さまざまな病気を診断および検出し、既存の障害の治療法を策定するための医療およびその他の関連研究機関、臨床業務、およびコンパニオン診断研究所を含むさまざまなエンドユーザーがいます。

主な促進要因 :


ゲノム異常と癌の有病率の増加-この低スループットの細胞遺伝学的検査の適用によりバイオマーカー研究と個別化医薬品の分野が急速に拡大しているため、FISHプローブは癌細胞遺伝学にさまざまな用途をもたらします。
分子ベースの細胞遺伝学のための新しい技術の採用の拡大-FISHにより、顕微鏡では検出が困難な先天性疾患の診断が可能になりました。 細胞遺伝学的異常は、35歳以上の女性の妊娠の約2%、出生の1%、および出生の6%に影響を及ぼします。


結論 :

分子FISHテストの平均コストは、企業や国によって異なります。 たとえば、米国では、分子FISHテストのコストはサンプルあたり約300.0~360.0米ドルですが、ヨーロッパでは、同じテストのコストは約169.0~244.2米ドルがかかります。

ファーマコゲノミクスと製薬研究への投資を必要とする分子FISHテストには大きなチャンスがあります。

続きを読む: https://bit.ly/3yiE5u0

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高このプレスリリース
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)