医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

シーメンスヘルスケア株式会社とHoloeyes株式会社の連携販売開始についてのお知らせ

Holoeyes株式会社
~「Holoeyes MD」および「teamplay digital health platform」を全国の医療機関に導入促進~

Holoeyes株式会社(ホロアイズ、本社:東京都港区、代表取締役:杉本 真樹、以下、「Holoeyes」)は管理医療機器(クラスII)認証を取得した、汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム「Holoeyes MD」と、シーメンスヘルスケア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 秀顕 、以下「シーメンス社」)の、医療プラットフォーム「teamplay digital health platform(以下、teamplay)」の連携販売を開始いたします。


Holoeyesは2016年10月に外科医とエンジニアにより設立された医療ITベンチャーです。CTやMRIなどの画像診断装置で得られた画像情報をコンピュータ処理し、診療のために提供するプログラムである、医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD」※を提供しています。同製品は三次元画像処理を行う機能があり、ヘッドマウントディスプレイを併用して空間的に提示することも可能です。
また、非医療機器の「Holoeyes XR」や、バーチャルリアリティー(VR)のように三次元空間上において複数人で同時に没入体験をしながら遠隔カンファレンスができる「Holoeyes VS」などの医療支援サービスも提供しています。

teamplayは、医療のデジタルトランスフォーメーション(DX)の発展を視野に入れ、シーメンスヘルスケアが開発した多機能デジタルヘルスプラットフォームです。オープンでセキュアなクラウド環境を基盤にした仕組みのもと、医療機関、医療従事者、患者、自治体、メーカーやそのパートナーを含むすべてのステークホルダーがつながり、連携し、よりよいアプリケーションやサービスの提供・活用を促進することを目的としています。teamplayは、現在国内で2,100以上の施設に導入されており、11の自社製アプリケーションに加え、これまでに提携した3つの他社製アプリを提供しています。

医療機関では、今までHoloeyesのサービス利用する際にはWi-Fiなどを利用し、Holoeyesのクラウドサービスへデータをアップロードしていました。シーメンス社のteamplayと連携をすることにより、teamplayが導入されているPCから、院内ネットワークを通じてHoloeyesのクラウドサービスへデータをアップロードすることが可能です。
さらに、CT・MRI撮影からHoloeyesのクラウドサービスへのアップロードまでの時間短縮が期待されます。
両者の連携により、「Holoeyes MD」と「teamplay」の医療現場での導入を加速し、より安全な医療の提供を目指します。


具体的なサービスイメージは次の通りです。

※「Holoeyes MD」
・一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
・販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD
・認証クラス分類:管理医療機器(クラスII)
・認証番号:302ADBZX00011000
・認証日:令和2年2月28日


<会社概要>
■Holoeyes株式会社
所在地:東京都港区南青山 2-17-3 モーリンビル 303
設立:2016 年 10 月
代表者:代表取締役 杉本 真樹
事業内容:医療用画像処理ソフトウェアの開発・販売

■シーメンスヘルスケア株式会社
所在地:東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ウエストタワー
設立:1979 年 4 月
代表者:代表取締役社長 森 秀顕
事業内容:医療機器の輸入販売、修理、保守、リース
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)