医療・医薬・福祉 ホテル・レジャー

ひきこもりが四国遍路1,200kmを歩いて人生を変える!? 自分の生き方を見つける体験型ツアー「ひきこもり遍路」参加者募集

認定NPO法人ニュースタート事務局
2022年7月23日(土)より東京・大阪・広島・四国・オンラインで参加説明会を実施

ひきこもり支援の専門団体である認定NPO法人ニュースタート事務局(本部:千葉県浦安市、代表:北澤 久実)は、ひきこもり・ニート当事者が自立に向けた力をつけることができる「ひきこもり遍路」を企画、2022年7月23日(土)より東京・大阪・広島・四国およびオンラインで参加説明会を実施、一緒に歩くボランティアも同時募集いたします。 【Webページ】https://www.newstart-jimu.com/archives/henro2022-2/


ひきこもり遍路 がんばらない あきらめない

■ひきこもり遍路とは
「ひきこもり遍路」は、ニート・ひきこもりの若者が4人一組で2ヶ月間、四国遍路を歩いて一周し、四国の豊かな自然と文化の中で、人々とのふれあいや自分自身との対話を通じて世界を広げ、自分なりの生き方を発見する体験型ツアーです。

イベントページ https://www.newstart-jimu.com/archives/henro2022-2/
一周1,200kmをゆっくり歩く

四国遍路は、弘法大師・空海のゆかりの88ヶ所のお寺(札所)をまわるもので、1200年の歴史があります。世界的に有名なスペインの巡礼路、カミノ・デ・サンティアゴと並び、多くの人が悩みや迷いを克服しようと遍路道をたどってきました。

■なぜひきこもりが四国遍路を?


ひきこもりを取り巻く「環境」の重要さ ー環境さえ変われば動き出せるー

私たちは、1,700名以上のニート・ひきこもりの社会復帰を手伝ってきた中で、本人を取り巻く「環境」の重要さを実感しています。
就労経験がなかったり、ひきこもり年数が長かったとしても、実は優れた力を持ち、人並み以上に良い仕事ができる当事者はとても多いのです。

当事者に話を聞いても、「家から出たい」、「きっかけさえあれば」、「本当は人と関わりたい」という声はよくあり、支援のプロの私たちから見ても、「環境さえ変われば動き出せるのに」と思えるケースは少なくありません。

総合的な「体験の場」である四国遍路


四国遍路をきっかけにひきこもりから自立
四国遍路は、ただお寺を回る「観光旅行」ではありません。歴史や文化を体感し、仲間や地元の人々とふれあい、自分自身と対話しながら歩みを進められる、総合的な「体験の場」であり、ひきこもり脱出に必要な要素が詰まっています。
過去の参加者のほとんどが自立への道に踏み出していることからも、その効果は明らかです。



ひきこもり遍路の7つの特徴






4名 + スタッフで安心の少人数グループ
ゆっくりペースで歩いて四国一周1,200km
あたたかく無理のない人間関係とお接待文化の体験
四国各地のお遍路ハウス(遍路宿)による宿泊・食事の提供
参加者のほとんどが自立に踏み出している実績
四国遍路の歴史・文化を味わう
四国の豊かな自然・多くの絶景スポット





■コロナ禍で危機に瀕する四国遍路

「ひきこもり遍路」でお遍路文化の継承を応援
コロナ禍により、四国遍路は大きな苦境に立たされています。度重なる自粛により、巡礼者数は激減、四国遍路の文化が勢いを失いつつあります。
私たちは、今回のひきこもり遍路プロジェクトを通して、四国遍路が苦難を乗り越え、お遍路文化を継承することを応援します。


独自の遍路宿ネットワーク(お遍路ハウス)が参加者をバックアップ

お遍路ハウス

過疎化が進む中、巡礼者の宿探しが困難になりつつあります。私たちニュースタート事務局はお遍路文化の継続を願い、四国4県に55軒の遍路宿ネットワーク(お遍路ハウス)を展開しています。
空き家の利用、予約の簡略化などの工夫で、低料金で気軽に泊まれる遍路宿として、国内外の巡礼者にお使いいただいています。

今回の企画でも、各地域のお遍路ハウスが参加者の宿泊・食事のお世話や、地域に根ざした情報の提供を行い、同行スタッフとともに参加者の挑戦を強力にバックアップします。

お遍路ハウス一覧
https://henrohouse.jp/ja

■テーマ「がんばらない、あきらめない」から自立への道へ



私たちは、がんばりすぎてしまったり、自分にはできないとあきらめて引きこもった若者たちをたくさん見てきました。それは、過度ながんばりを求める社会の風潮にも重なります。

しかし、歩けないときは無理せず休み、またゆっくり歩き出す。仲間と支えあいながら、自分のペースで一歩ずつ進む。その繰り返しで、四国一周1,200kmという途方もない距離を歩き通すことができるのです。

これが、今回の旅のテーマである「がんばらない・あきらめない」であり、参加者の今後の人生においても、粘り強く自分のペースで続ける力を身につけることができます。

■参加者の言葉

自立の道に踏み出したひきこもり遍路参加者



参加者 (38歳男性・8年ひきこもり)
「生きるのがつらい」と悩んでいたが、お遍路で人から気遣われた経験から、介護の仕事を続けている。

この旅で一番得たことと言えば、苦しくてもう帰りたくなった時、スタッフから「一歩進めばそれだけ目的地に近づくことができるから、あきらめずに進もう」と言われたことです。

その時に自分の中で何かが変わり始めました。
これからもあきらめずに、自分のペースで生きていきたいです。


参加者(32歳女性・5年ひきこもり)参加後、地元で働き始める。

人と打ち解けられない性格や、悩みの多い頭の中をずっと変えたいと思っていました。
ひきこもり遍路に参加して歩き続けることで、自分を自然に出せるようになったし、いらない悩みはどんどんそぎ落とされていきました。


参加者の母 (26歳男性・3年ひきこもり) 参加後、知人の会社に就職。

人が苦手、恐いということを克服してほしくて息子を参加させました。
帰って来た時、「全然人が恐いと思わへんかったなー」という言葉を聞き、私はこれ以上嬉しいことはありません。

他の参加者の言葉はこちら
https://www.newstart-jimu.com/archives/henro2022-2/

■概要




■参加者募集説明会(無料・要予約)


現地説明会


各会場 説明会 14:00~15:00 個別面談 15:00~16:00

●東京 7/23(土) としま区民センター 505号
●大阪 7/24(日) 大阪市立総合生涯学習センター第4研修室
●広島 7/30(土) アステールプラザ 工作実習室
●香川 7/31(日) 善通寺市民会館 中会議室1



オンライン説明会

●1回目 8/3 (水) 19:00~20:00
●2回目 8/6 (土) 14:00~15:00

※説明会参加には、事前に予約が必要です。(電話047-307-3676 またはHPお問い合わせフォームより)
※当事者ご本人のみ、親御さんのみのご参加も歓迎いたします。希望者には説明会後、面談を行います。


ボランティア募集

迷いやすい山道の道案内、若者たちの同行、スタッフのサポートなど、四国各地でプロジェクトをお手伝いいただけるボランティアを同時募集します。
説明会へのご参加、あるいはニュースタート事務局に直接お問い合わせください。

■認定NPO法人ニュースタート事務局について

NPO法人ニュースタート事務局

認定NPO法人ニュースタート事務局は、ニート・ひきこもり支援の専門団体として、27年間で1,700名以上の自立を支援してきました。
ひきこもりの自宅に訪問する「レンタルお姉さん(R)︎」、常識にとらわれない新しい生き方・働き方を発信する「ニート祭り」、自主性を尊重し就労率が9割を超える共同生活寮など、ユニークな取り組みが特徴的です。
https://www.newstart-jimu.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)